序章

 こくでは雨が降らなくなって、もうどれくらいつだろう。

 切り立ったがけの上でひざまずいたひめは、この国に住む人々の事を考えていた。

 紗和国のほとんどの土地では土がかわき植物がれ、人も動物ものどかわきにえかねている。

 だが目の前ではそんな光景がうそのように、激しい水音を立ててたきが流れていた。

 たたきつけるように流れ落ちる水音のせいで、耳が痛いほどだ。ね返ったしずくで顔も身体からだもびしょれになっていた。この滝の水を田畑に引き、作物を育てられたら、どれだけの命が救われるだろう。だいだいでそう提案した事もあったが、それはできないとかん達に止められた。

 この滝はりゆうじん様が住まう聖なる場所だ。だからこそ日照り続きの紗和国でも、ここだけは水でうるおっている。官吏達は、この水を人が使えば竜神のいかりを買うとおそれおののいているのだ。

 姫は両手を岩について、滝に向かって頭を下げた。

「竜神様。どうか、雨を降らせてください。水がなければ作物は育ちません。喉の渇きとえで、人々や動物達が次々と命を落としています。私は紗和国を代表して、竜神様にお願いにあがりました。ここに来る事がどういう意味なのかもよくわかっています」

 人の身でこの滝に近づくのは、本来なら法度はつとだ。しかし例外が一つだけある。

 紗和国は、数十年に一度は日照りになやまされる。そして日照りが極限の状態になった時に行う、あまいのしきがあった。皇族の姫が竜神の生けにえとして、この崖から滝へと身を投げるのだ。崖の高さからして、そんな事をしたら命はないだろう。

 その恐ろしい儀式は、過去ずっとり返されてきた。みかどである父は、官吏達に姫のうちのだれかを生け贄として竜神様にささげるよう進言され、食事も喉を通らないほどのうしていた。

 父は病弱で気弱なところがある。官吏達が進言という名目で言いふくめにかかると、逆らえない人だった。それでもむすめを生け贄にするのは、相当悩んだようだ。

 そんな父に自らこの滝へ行くと申し出たのは、幼い妹達とたみを助けたかったからだ。

 必死でいのり続けていると、ふと声が聞こえた。

『民のために命を捨てる、か。紗和国の姫は、いつもそうして自分がせいになるのだな』

 声が直接頭にひびいているような気がして、思わず耳に手を当てた。それと同時に、ここに来た一番の目的を果たす機会がめぐってきたとさとる。心を落ちつかせる為に、息を一つついた。

「私は────命を捨てるつもりはありません」

 目の前の大きな滝そのものが竜神のような気がして、身体が小刻みにふるえていた。

 だが顔には不安を出さないよう、気を強く持った。

『……ほう。そんな事を言い出した姫は初めてだ。死を前にして震えて何も言えないか、みんなの為に死ぬという大義名分を背負って、かくを決めて崖から飛び降りるかどちらかなのに』

「死んでは民の為に何もできません。生きて、私にできる事をしたいのです」

『それでは雨乞いにはならないぞ。雨を降らせたいなら、犠牲をはらわねば』

 竜神の声はどこかおもしろがっているように聞こえた。

「命を捧げるだけが犠牲ではないと思います。たとえば……竜神様は私の願いをかなえる。そして私は竜神様の願いを叶える、そういう犠牲の払い方はいかがでしょうか?」

 一世一代のけだった。数十年に一度はここで誰かが死ぬ。もうそんな犠牲は出したくない。

 もちろん、うまくいくなんて思っていない。ここで死ぬ覚悟もできている。

 しかし死ぬ前に、神を相手にあがいてみたかった。

 しばらく、滝の水音だけが響いていた。おこらせたかと不安におそわれつつもじっと待つ。

『……お前に私の願いが言い当てられるか? それができたら、考えてやってもいい』

 りん断られると覚悟していた。その時は国の為、民の為に、ここから身を投げるつもりだった。竜神の言葉に一筋の光明が見えた気がして、じっと滝を見つめた。

「竜神様の願いは……………………………ではありませんか?」

 答えがあっているかなんてわからない。だが、この機会をのがしてはならなかった。

「もしそうなら、願いを叶えるお手伝いができると思います。取り引きしませんか?」

 なるべく自信ありげな声を出した。

 この取り引きが正しいかちがっているか、その答えがわかるのはずいぶん先の事だった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません!

    紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません!

    伊藤たつき/増田メグミ

Close