嫁 ~secret wife~(ポロリもあるよ!)

嫁 ~secret wife~(ポロリもあるよ!)

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 1
2021年05月01日
まとめたユーザーげいるさん #or21zo

オタクならば誰しもが持ったことがある存在だろう。
しかし、人は成長を重ねる生き物、いつしかそれは黒歴史となって、年とともに風化されていく。

だがしかし。
きっと嫁という概念が諸君の頭から無くなろうとも、思い出のような、脳に焼き付く嫁たちは必ずいる。
今回はそれを紹介していこう。
  • ここがオススメ!

    妖精王 オベイロン(須郷伸之)
    略歴、彼はALOの支配者として、アスナを監禁、Hなことをした。そしてキリトくんに殺される。
    少なからず「何言ってんのお前」と思う人がいるだろう。
    だが考えてほしい。なぜキリトはあの時あんなにかっこよかった?なにがキリトとアスナの絆を深めた?

    考えなくとも諸君の聡明な頭脳ならわかるだろう。
    オベイロンだ。
    彼は自らを徹底的に悪役に仕立て上げ、徹底的に悪事を働いた。
    ただの悪役とは訳が違うのだ。彼は気概が違う。全てを投げ打って、少年少女を押し上げる、その気概が。
    SAOには他にも新川くんはライオス&ウンベールがいるが、オベイロンは一線を帰すのだ

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    バークス

    ルミアを監禁し、触媒とし、抵抗としたところで服を引き裂くクソジジイ。
    しかしだ、ここでなぜ彼を選んだか。
    そう、この悪逆非道ぶりだ。
    ルミアと言えば作中でもかなりのバストをもつ少女。
    しかしそんないたいけな子に対し容赦なく恥辱を与える。
    嗚呼糞だ、屑だ。
    だが、彼はその愚行に恥じぬ展開を生み出した。
    グレンとルミアの絆の更なる発展。それはこの恥辱無しには得ることは無かっただろう。
    彼の行ったことは必ず私たちの心に残る。故に彼は婿、否、嫁なのだ。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    吉井明久

    さてそろそろ、狙ってやってるだろ&ホモなんじゃないか疑惑が出てきそうなので、これで終いとさせて頂く。
    吉井明久、ラノベ界が産んだking of バカだ。
    彼の知能はチンパンジーをも凌駕する…………低さだ。
    しかし、彼の根底にあるものは、学力というものでは測れない。
    裏表のない、優しく、そして朗らかな心(女子と秀吉に対しての)
    彼はそう、かっこいいのだ。バカかもしれない、グズかもしれない、だがそんなことはどうでもいい。
    かっこいいのだ。どうしようもなく。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
嫁 ~secret wife~(ポロリもあるよ!)

嫁 ~secret wife~(ポロリもあるよ!)

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 1

このまとめを共有しよう!

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

今人気のラノベまとめ

  • SFファンが選ぶ! SF×ライトノベルの傑作!
    SFファンが選ぶ! SF×ライトノベルの傑作!
    3
  • ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    3
  • 切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    10
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル