第一章『星の涙が降り注ぐ街』 その0

 七年前の七月七日、七つの流れ星が七河公園の丘へと降り注いだ――。

 そいつは、星が流した涙。星々はいつだって、遥か銀河の彼方からこの地球上を覗いていて、そこで繰り広げられる悲劇に哀しみの涙を流している。流れ星はその結晶だ。

 そのためだろう。地上に落ちた《星の涙》には、不思議な力が秘められている。

 なにせ、そいつは願いを叶える魔法の石。

 世界には悲劇が溢れていて、大抵のことは取り返しがつかない。星々がそれを憂いて、どうしてだろう、どうしてだろうと、涙を流すのも無理からぬこと。

 だからこそ《星の涙》は奇跡を起こす。

 過ぎてしまった失敗を。取り返しのつかない過ちを。もうとっくに失われた、いちばん大切な何かを――取り戻す手助けをしてくれる。あり得ざる奇跡をもたらしてくれる。

 この石の力を使えばきっと、君の手には、なくしてしまった《いちばん大事なもの》が戻ってくる。取り戻せない失敗を取り戻してくれる、この地上にただひとつの奇跡。

 けれど、忘れてはならないことが、ひとつある。

 代償のない奇跡はない。どんな奇跡だって無償じゃない。この世界に、ただ与えられるだけの救いなんて、どこを探しても存在しない。

 それでも君が、いちばん大事な何かを取り戻したいと願うのならば。

 ――そのとき君は、きっと二番目に大切な何かを、代わりに失うことになる。

 だけど、それはやっぱり奇跡なのだ。

 最も大切な唯一のためなら、それ以外を犠牲にしても構わない。そうだろう?

 それすら本来は望めない交換、叶わない願いなのだから。文句のあるはずがない。縋る奇跡があるだけ幸運。これくらいは、まあ当然の対価って話だろう。

 だから。もしも君に、現在を犠牲にしてでも、取り戻したい過去があるのなら。

 そのときは、奇跡の石を使うといい。


 この街に伝わる、《星の涙》という都市伝説さ。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります

    今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります

    涼暮皐/あやみ

Close