序章 とある騎士の最期

 それは、遠い遠い昔の物語──

 広漠とした平原に転がる幾万もの死体。墓標のように突き立つ無数の剣とやり、戦旗。

 そんな、いつか、どこかの戦場の真ん中に。

 互いに寄りかかるように重なり合う、騎士と王の姿があった。

「それでいい、アルスル……我が主君」

「……し、シドきょう……?」

 騎士の胸部を、王が握る剣が深く貫いている。

 だが、騎士は満足そうに、自分の命を奪った王を見つめ──王は泣きながら、自分が命を奪ってしまった騎士を見つめている。

「ふっ……俺のことは……気にするな」

 騎士は、端から血が伝う口で、に、と屈託なく笑った。

「俺はお前の騎士。お前は俺の王だ。ならば、これは当然のことだ。当然の結末だ」

 そして、その騎士は、落日に赤く焼けただれた戦場の空を見上げて、言った。

「後悔はない。散々やらかしてきた俺の死に様としては……上出来さ」

 すると、騎士の身体からだから力が抜け、ぐらりとかしぐ。

 その身体を必死に抱き留め、王は泣き叫んだ。

「シド! シド卿! ああ、なんという……なんということだ……ッ!」

 騎士の身体から刻一刻とこぼれ落ちていく命。

 まるでそれをつなぎ止めようとばかりに、王は必死に騎士を抱きしめる。

「僕を置いてかないでくれ……ッ! どうすればいい……? 君を失って……僕はこの先、一体、どうすればいいんだ……?」

 そんな迷子のようにむせぶ王の頭を、騎士は震える手ででた。

「大丈夫だ。俺の剣と魂はいつだって、お前と共にある。なぜなら……俺は……お前の騎士だからな」

「……ッ!」

「たとえ、死が、俺達の主従と友情を引き裂こうとも……俺は、未来えいごう……ずっと……お前の──……」

 騎士の言葉は、最後までつむがれなかった。

 だらり……王の頭を撫でる騎士の手が、力を失って下がる。

「……シド卿……?」

 気付けば、王の腕の中で、騎士はすでに事切れていた。

 安らかな、そして、満足げな死に顔を残して──

「……ああ、シド卿……シド……、シド…………ッ!」

 その時、王の脳裏をそうとうのように駆けるのは、かつて、その騎士と共に駆け抜けた、輝かんばかりの冒険の日々。もう決して戻らぬ過去の栄光とざん

 どうしてこうなってしまったのか。他に道はなかったのか。

 かなしくて。つらくて。苦しくて。そんなあふれる感情を吐き出すように……

「ぅ、ぁ、ぁああああああああああああああああああああああああ──ッ!」

 王のたまるようなどうこくが、夕日に暮れなずむ戦場に、どこまでも残響するのであった──


 今から時代を遡ること、約一千年前。

 数多あまたの王侯や騎士──名高き英雄達が群雄割拠していた、輝かしき伝説時代。

 そんな古き良き時代に、シドという名の騎士がいたという。

 正しき聖王アルスルの騎士であり、当代並ぶ者なき無双の武勇をもちて、無数の武勲を上げたという、伝説時代最強の騎士とたたえられた男。

 だが、その本性は残虐非道にして冷酷無比。騎士道の欠片かけらもない男とされ、世に伝わる叙事詩や物語では、必ずと言って良いほど、悪役としてうたわれる騎士。

 悪戯いたずらに民を苦しめ、勝手気ままに戦場を駆け、望むままに殺し続けた、野蛮な騎士。悪辣なる外道。

 人呼んで──《野蛮人》シド卿。

 だが、そんな傲慢極まりない、邪悪な騎士の最期は──

 おのが主君、聖王アルスルの手による、正義の名の下のちゅうさつだったという。


 ──そして、時は流れる。時代は巡る。

 古き良き伝説時代は、終わりを告げて。

 時の流れのままに英雄達は消えていき、その華々しい冒険たんいろせていって。

 やがて、彼らは物語の中だけの存在と化していって。


 そして──

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 古き掟の魔法騎士 1

    古き掟の魔法騎士 1

    羊太郎/遠坂あさぎ

  • 古き掟の魔法騎士 2

    古き掟の魔法騎士 2

    羊太郎/遠坂あさぎ

  • 古き掟の魔法騎士 3

    古き掟の魔法騎士 3

    羊太郎/遠坂あさぎ

Close