古き掟の魔法騎士 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

古き掟の魔法騎士 1

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」羊太郎、新シリーズ!
著者: 羊太郎 (著者) / 遠坂あさぎ (イラスト)
シリーズ:古き掟の魔法騎士(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「お前の王道を見せてみろ」――伝説時代最強の騎士と謳われると同時、野蛮人の異名を持つシド=ブリーツェ。キャルバニアの若き“王子”によって復活を遂げた男は、魔法騎士学校の教官として、新たな生を決意する。

パートナーのおすすめレビュー

  • 騎士らしい忠誠心カッコいい~!新たな騎士道伝説の始まりだよ!

    レオン
    レオン
    世界を手中に収めんとする暗黒教団という敵を前にして、足並みを揃えなくてはいけないはずの三大公爵家は、王国の乗っ取りを画策……。聖王アルスルの系譜を継ぐアルヴィン王子が、傾国の危機に瀕した王国を救う方法はただひとつ! 伝説の騎士シド卿を、現世に蘇らせるしかない! 

    王子を守護する“剣”として、一千年という眠りから目覚めたシド卿の強さは、まさに伝説級なんだ! 異能を顕現し、強力な技を繰り出す“妖精剣”の担い手たる暗黒騎士を、シド卿は短剣一本であしらってしまうんだよ! 命を救われたアルヴィン王子にとっては、騎士物語から憧れの存在が飛び出してきたようなもの。感動で胸がときめいてしまうのも、無理もないのかな?

    だけど、シド卿にとって唯一の主君は、彼と同じ時代を生きた聖王アルスルだけ。決して、アルヴィンの騎士になってくれたわけではないんだ。でもね、シド卿は「アルヴィンが心から剣を振るいたいと思わせる王になったら、騎士になってもいい」と伝えるんだ。これはもう、立派な王になるしかないよね!

    伝説を生きた騎士と、理想の王道を目指す若き王子の新たな“伝説”は、騎士道の格好良さと熱さが詰まっているよ!
  • 身体を強化し己を“剣”に!! 伝説の騎士教官に生き様を教わりましょう!

    つむぎ
    つむぎ
    「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」羊太郎先生の新シリーズは、魔法騎士による教官ものです!

    妖精剣の“剣格”に恵まれなかったアルヴィンさん達ブリーチェ学級は、妖精騎士学校の中でも掃き溜めと称される落ちこぼれ学級でした。そこに新たな教官騎士として赴任したのが永き眠りから目覚めたシド卿! 伝説の時代最強の騎士が教官となれば、生徒たちは喜ぶもの……と思いきや、そうではないみたいです。

    真偽はどうあれ、後世に伝わるシド卿は残虐非道な≪野蛮人≫。おまけに妖精剣すら持っていないと分かれば、アルヴィン王子がどんなに彼の凄さを語っても皆には伝わらないですよね。

    ですが、シド卿は今の騎士が忘れてしまった「ウィル」と呼ばれるマナ制御技術で、身体能力を強化し、己の体をまさに“剣”にしてしまうのです! 

    剣格の高さが絶対とされる常識を覆し、妖精剣に頼るだけでなく自分自身を鍛える道を示してくれたシド卿は、たちまち生徒たちの希望になります。けれど、シド卿が教えるのは純粋な強さだけではありません。彼が見せるのは、騎士道という生き様そのもの。落ちこぼれとされた生徒達が、シド教官の指導によってどこまで成長していくのかも楽しみですね!

みんなのデータ

  • 21
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    伝説時代最強騎士と謳われ、野蛮人の異名を持つシド。キャルバニアの若き王子・アルヴィンによって復活を遂げた男が、魔法騎士学校の教官として生きるファンタジー。外部では北の魔国が蠢動し、国内は三公爵家の思惑から不安定な状況。そんな中で王位を継承して斜陽の祖国を救うために、復活したシドに師事することを決意するアルヴィンが抱える秘密。過酷な運命を背負う王子にはえてくれる仲間たちがいて、苦境にも負けずに自ら身体を張って立ち向かう姿は心に響くものがありましたね。主従となった彼らのこれからが楽しみな期待の新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の羊太郎先生が描く王道ファンタジー作品。他の人の感想でもちらほら見掛けたけれど、正直ロクアカの付け焼き刃感がどうしても拭いきれなかったというのが率直な感想かな。今作の主人公はロクアカと同様に当初周りから見下されつつも、実は圧倒的な力を有しているという作りになっており、様々なイベントを通して段々と教え子達やその他の面々からの信頼を得ていくという流れなのだが、ここがまさにまんまロクアカと同じ流れで正直目新しさは感じられなかった。ただ、俺TUEEEE要素に関してはこ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    伝説時代最強の騎士と謳われると同時に『野蛮人』という異名も同時に持つシド。若き王子の手により復活したシドは共感として赴任するも受け持つ学級は落ちこぼれで......な話。教官モノでシドに魅力あるのは勿論なんだけれども、アルヴィンも過酷な運命を背負いながら民のための王になろうと動く姿が良かった。まあ、正体は口絵見たり、あからさまに強調された”少年”という言葉で察してしまうのが虚しかったが......。魔王や魔女の発言が気になる所だな。果たして二度目の人生をシドはどう生きてくのか騎士団はどう成長するのか楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    伝説時代最強の騎士であり『野蛮人』の異名を持つシド。かつての主君の子孫でキャルバニアの若き王子アルヴィンの手によって蘇り、魔法騎士学校の教官として二度目の人生をスタートする王道ファンタジー。内憂外患の極地にある国を救うべく、ある秘密を抱えながら騎士として奮闘するアルヴィンがとても良い。そんなアルヴィンに優しく厳しく接するシドとの関係性が面白く、アルヴィンが徐々にシドへ思慕を寄せるようになる姿も好きですね。何よりテンコを含めた他の生徒たちの成長がまた清々しい。一旦脅威を退けた彼らはどうなるのか。楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    ストレートにカッコイイ主人公と健気で強い心を持つヒロイン。大変良質な王道ファンタジーを体感。バトルモノとしても“教官”モノとしても楽しめそうですね。今はまだひよっこな生徒たちが今後どう成長していくのか。 彼らの騎士道は始まったばかり。 今後の展開に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2020年ベストタイトル新作7選
    かなたが作成したまとめ2020年ベストタイトル新作7選で紹介されています。
    6
  • ラノベ界は、七つの学園モノが支配する。
    らすかるが作成したまとめラノベ界は、七つの学園モノが支配する。で紹介されています。
    3
  • 今年のファンタジーといえばこれ!
    サターニャが作成したまとめ今年のファンタジーといえばこれ!で紹介されています。
    1

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK