銃姫 2 The lead in my heart
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

銃姫 2 The lead in my heart

「力」に自信が持てなくなった「魔銃士」のセドリックは、「王立魔法図書館」へ。そこで、意外な話を聞くことになるが…!?
著者: 高殿円 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:銃姫(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

強大な力を秘め、世界の命運を分けるとも言われる「銃姫」。その行方を追い求め、旅を続ける三人がいた。「魔銃士」の少年セドリックとその姉、エルウィング、そしてテロリストの少女、アンブローシアである。北の山間の田舎町に滞在中、セドリックはある事件をきっかけに自分の「力」に自信が持てなくなってしまう。魔法強化のため、大都市の「王立魔法図書館」へと向かうセドリック。そこで出会った露天商の男から、意外な話を聞くことになるが……!?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐島楓

    面白くなってきました。設定にリアリティのあるものが付け加えられたせいでしょうか。エルは秘密を持っているようだし、アンは不本意な人生を選択しなければいけなくなったようだし・・・切ないなあ。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 刻猫

    主題が真っ直ぐで読みやすい。魔銃士の決闘とか読む感じ、正統派の魔法モノで面白い。歴史に隠された設定は個人的に好みな要素で一巻から睨んではいたけど、その辺りにも触れてきていて良い感じにストーリーを深めている。国家間の駆け引き、パワーゲームも好み。それだけに地図が欲しいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まごたく

    要らんお色気がなくなって好みの展開になってきた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 呉藍

    エルウィングが一番おっかないキャラとなった二巻目。え、蟲ですか……とちょっと顔面蒼白。必ず最後に出てくるオリヴァントはある意味ですごく親切だよなぁと思います。鉛の威力が凄まじいらしく、魔銃士も不便なもんなのねと独り言。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 久しぶりの再読。ストレートなメッセージに胸が熱くなりました。真っ直ぐでいいなー 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2004/07
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840111263

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK