りゅうおうのおしごと! 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

りゅうおうのおしごと! 7

笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋ラノベ、号泣必至の第7巻!
著者: 白鳥士郎 (著) / しらび (イラスト) / 西遊棋 (監修)
シリーズ:「りゅうおうのおしごと!」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「文句があるならかかってこい! 八一!!」
 清滝一門の祝賀会。師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその
言葉に、八一は衝撃を受ける。
 順位戦――名人へと続く階段で、昇級のチャンスを迎えた八一と、降
級の危機にある清滝。師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信
じて破竹の進撃を続ける。
 一方、棋力のみならず将棋への熱をも失いかけていた清滝は――
「衰えを自覚した棋士が取れる手段は二つ……」
 残酷な運命に抗うのか、従うのか、それとも……?
 笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋ラノベ、号泣必至の第7巻!

みんなのデータ

  • 22
    評価する
  • 11
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    世代や時代の波に翻弄されるベテラン棋士の苦悩、慟哭がありベテランゆえに輝く瞬間がある。といったオッサンメイン巻で、ロリ将棋で始まった話も来るとこまで来たなー。内容が内容なので、渋く重い味わいがする。これをライトノベルの枠を崩さずに描くのでポップだし、作品の懐がより深くなったと言えよう。というわけで現時点の最新刊に追いついた。一つのシリーズをまとめて一気に読んだのも久々。それももちろん中身の濃さ熱さ面白さあってのこと。ライトノベルを、小説を読む醍醐味を大いに感じた。これからは新刊をリアルタイムに追っていく。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    名人へ続く階段で、敗北が続けば引退となる順位戦が始まり、C級1組昇級に向け連勝する八一だが、師匠である清滝は連敗が続きC級転落の危機に陥っていて…。ここまでオッサンがかっこいいラノベは久しぶり。若手世代の台頭と、将棋ソフトによる戦術研究が当たり前になった現代将棋の風潮に取り残されそうになりながらも、己の中で燻っていた将棋への情熱の火種が、対局室全体に音を立てて燃え広がるような業火になるイメージが頭に焼き付いて離れません。泥臭くても未練がましく見られても、最後まで諦めずに頑張り続ける人間は最高にかっこいい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    史上最年少竜王の師匠・清滝鋼介九段。棋力と情熱を失いかけていた彼の戦いを描いたシリーズ第7弾。熱さがとどまるところを知らない。将棋という結果だけが全ての残酷な世界。衰えた老兵が、棋士として生き残る為、プライドをかなぐり捨てて全てを使って戦い続ける。その後ろ姿は何よりも熱くてただただカッコ良かった。この作品に登場する人々は誰もが主人公であり、そんな彼らの生き様をこれだけ強烈に描いているからこそ、こんなにも心を揺さぶられるんだろうな。これはそこら辺のラノベでは絶対に味わえんわ。オッさん最高にカッコいいぜ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    「若々しさ、解き放つ」衰えていることは自分自身が誰よりも知っている。それでも懸命ににあがき続ける清滝師匠らベテラン勢が、台頭著しい八一や歩夢ら若手棋士らに全力で立ち向かう!オッサン勢による熱い戦いに心躍りながら読み進めました。将棋によって深まる清滝一門の絆と、清滝師匠の最後の一言に涙。一門勢揃いの表紙イラストも読書前後で印象が変わりますね。あと姉弟子(デンジャラス・ビースト)の破壊力に悶絶。次回は女流棋士対決編のようで、読むのが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ponpon

    清滝師匠の巻。どうしても避けられない心身の衰え、そして追い上げてくる若手。「老兵は消え去るのみ」とするのは簡単なこと。プライドをも捨て更なる高みを目指す師匠の姿は神々しさすら感じさせる。鏡州が感じたように、それができるからこそ一流になれるのだろう。将棋ソフトへの対処は、AIの進歩とどう付き合っていくかという一般的なテーマとして、考えるところが多いです。自分はAIは人智を越えないと思っていますが、どうでしょうか。あと忘れてはならないのは、堕ちていく姉弟子。竜王のクズっぷりが凄いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/01/15
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784797395501

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK