ラノベを読む。そして涙を流す。

ラノベを読む。そして涙を流す。

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 5
2021年06月04日
まとめたユーザーらすかる #8ozycx
ここで紹介している作品は、私が感動で涙を流した本だけです。

時に、その感動は私に傷を植え付け、
時に、その感動は私に虚無感を覚えさせ、
時に、その感動は私に安らぎを与えてくれました。

ここにある作品は、そうやって私の心に生涯残り続けるであろう本達です。
  • ここがオススメ!

    『泣ける小説』
    今、このテーマを出されて、この作品を挙げないなんてことが許されていいのでしょうか?
    ――答えは、否です。

    普通のサラリーマンの吉田が、家出女子高生の沙優を拾い、なし崩し的に同居生活が始まる物語。
    やはりというべきか、2人の前には様々な障害が立ち塞がります。
    しかし2人で、時には周りの頼れる大人や友達に助けられながら、障害を乗り越えていく姿には本当に心を揺さぶられます。

    辛いことも沢山ある。苦しいことも沢山ある。
    でもこの物語は、何よりも優しさを取り戻す物語です。

    ――偶然の出会いが、未来を照らしてくれることもある。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    「ラノベ史上の最高傑作は何か?」
    永遠に議論され続ける、答えなき問い。
    しかしこの議論において、必ずといっていいほど名前の挙がる作品。
    それが
    『イリヤの空、UFOの夏』
    です!

    夜の学校で浅羽とイリヤが出会うところから始まるボーイミーツガール。
    2人の間で流れる日常と縮まっていく心の距離。
    しかし運命は――セカイはそんなふたりの優しい日常を許してくれない!
    果たして2人は運命にどう立ち向かうのか?
    そして涙なしでは語れない2人の選択と結末は!?

    珠玉のボーイミーツガール! セカイ系の超傑作がここにあり!
    ラノベ史に語り継がれる感動を体感せよ!

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    ――夢を叶える。
    言葉にするのは簡単です。しかし現実には夢を追うことすら許されない人もいます。
    これは、夢を追うことしか許されなかった少年と、夢を追うことを選んだ少年の物語。
    文芸部部長の朱音に誘われ、小説家を目指すことになった海人と浩太。しかし当然その道は険しく、2人には多くの試練が待ち受ける。さらに海人は家庭環境にも問題を抱えており、そちらのほうでも問題が!?
    果たして3人は、小説家になることが出来るのか!?

    例えどちらかの夢――否、どちらの夢も叶わなかったとしても!
    ――歴史に『IF』は許されない。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    ――物語のラストシーン。
    多くの作品では.このシーンに感動が詰まっています。
    中でもこの作品、『戦闘城塞マスラヲ』は特にそれが素晴らしい作品です!

    社会の負け犬のヒデオが、ゴミ捨て場で拾ってきたPCにいた電子ウイルスのウィル子と出会い、共に聖魔杯で戦いを始めるボーイミーツガール。
    個性的なキャラと読んでて楽しいコメディバトル。
    そんな中で積み重ねられていく、ヒデオとウィル子の絆と成長。
    このヒデオとウィル子の絆と成長が、この作品の最終巻で大爆発します! これを涙なしで見ることは不可能です。

    積み重ねてきた嘘と絆で、新たなる神話を創造せよ!

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    ――感動。
    それには様々な種類のものがあります。
    その中でもこの作品は、とても『優しい感動』で色づいた作品です。

    A型肝炎になり、入院することになった裕一。
    裕一は入院先で同い年の里香という少女と出会う。
    里香はとっても綺麗で、だけどどこかの国のお姫様みたいにわがままで、そして不治の病に侵されていて――。
    これはそんな2人の、終わりある日常を描いた物語。

    ――長くはない。でも決して短くもない。
    そんな大切な2人の時間を、僕たちはこれから歩き出す

    • Amazon紙書籍を購入
  • 天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記

    天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記

    (著者)宇野朴人/ (口絵・本文イラスト)さんば挿/ (カバーイラスト)竜徹/ (キャラクター原案)さんば挿

    ここがオススメ!

    ――心が壊される時。
    これもまた、1つの感動のかたちではないでしょうか?
    そう思い、この作品を紹介することにします。
    先に1つだけ言っておきます。この作品を読むときは覚悟を決めてください。

    軍人嫌いのイクタは、あることから国の王女様に魅入られ、何よりも嫌いな軍に入ることになってしまう。
    イクタは仲間を死なせないために必死になっているうちに、その実力を王女に周知される。
    そしてイクタと王女シャミーユの『負けるための戦争』が幕を開ける!

    この作品を読んだとき、きっとあなたも半身を失ったような感覚になるでしょう。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
ラノベを読む。そして涙を流す。

ラノベを読む。そして涙を流す。

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 5

このまとめを共有しよう!

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

今人気のラノベまとめ

  • 楽しくて続きが読みたくなる作品
    楽しくて続きが読みたくなる作品
    3
  • 切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    10
  • ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    3
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル