イリヤの空、UFOの夏 その1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

イリヤの空、UFOの夏 その1

おかしくて切なくて、どこか懐かしい……。ちょっと“変”な現代を舞台に、鬼才・秋山瑞人が描くボーイ・ミーツ・ガールストーリー、登場。
著者: 秋山瑞人 (著者) / 駒都えーじ (イラスト)
シリーズ:イリヤの空、UFOの夏

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「6月24日は全世界的にUFOの日」 新聞部部長・水前寺邦博の発言から浅羽直之の「UFOの夏」は始まった。当然のように夏休みはUFOが出るという裏山での張り込みに消費され、その最後の夜、浅羽はせめてもの想い出に学校のプールに忍び込んだ。驚いたことにプールには先客がいて、手に金属の球体を埋め込んだその少女は「伊里野可奈」と名乗った……。

みんなのラノベまとめ

  • 4巻以内で完結! 一気読みできる傑作選!!
    ヌュアンスが作成したまとめ4巻以内で完結! 一気読みできる傑作選!!で紹介されています。
    3
  • 少し不思議なボーイ・ミーツ・ガールでアオハル!
    ほたるが作成したまとめ少し不思議なボーイ・ミーツ・ガールでアオハル!で紹介されています。
    1
  • 夏に読みたいラノベ
    mizunotoriが作成したまとめ夏に読みたいラノベで紹介されています。
    1

みんなからのレビュー

  • 青海老

    ボーイ・ミーツ・ガールの最高峰の一つではなかろうか。そしてその裏にうごめくSF。そして超人水前寺。一巻はそんな話です。正直文章とかは猫の地球儀の方が好きなんだけどね。でも現代(風)劇だからこそ、こっちものめり込むものもある。秋山瑞人の新機軸だ……といって、もう発売から20年。恐ろしいな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2001/10/25
  • 定価
    550円+税
  • ISBN
    9784048676793

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル