「異邦人、ダンジョンに潜る。 麻美ヒナギ」

『異邦人、ダンジョンに潜る。夜話』

 



 壺があった。

 普通の壺だ。

「これは?」

 隣のエルフに聞く。

 小柄で胸の大きなエルフである。時々、信じられないが僕の妻である。

「少し前の一件で、ラザリッサが『改めてお礼を』と持ってきた壺です。何でも、かの有名な三大魔術師の一人、ワーグレアスの残した【運命の入った壺】だとか」

「運命とは、また大きなものを壺に入れたな」

 手に持つと、ずしりとした重さ。

 中を覗くと、外と同じ闇が入っていた。

「眉唾物ですよ。勇者も、その付き人も、昔からガラクタ集めが好きですから。色んな所で笑い話になっています」

「この壺も笑い話の一部と?」

「笑い話というよりも、寝物語に用意したのですけど?」

「なるほど」

 深夜、狭いテントで二人きりである。夫婦なのだからどうきんくらいはする。

「では僕は」

 寝物語の壺に手を入れる。

「え?」

 ラナが驚く。

「え?」

 僕は驚き返した。

「あなたは、もっと慎重な人だと思っていたので。右手食われていませんか?」

「食われるって、安全じゃないのか? 君が用意したから信用したのだぞ」

「あ、安全でーす。でも次からは一言先にお願いします」

 ラナは、冷静な顔で冷や汗をかいていた。

 怖いので壺から手を引っこ抜こうと―――――何かに触れる。

「ん?」

 指先にしっとりした肉のような感触。掴めたので掴む。柔らかい。知っている柔らかさな気もする。

「あなた………………あの、これ」

「お、おお」

 ラナの胸に僕の手があった。

 壺に入れた僕の手が、虚空から生えてラナの胸を揉んでいる。

「この壺、本物だぞ」

「………………」

 運命を揉んでいると、ラナに壺を取り上げられた。右手は無事なようだ。

「じゃあラナ。次は君が」

「結構です。別に壺を使わなくても、相手が目の前にいるわけですから」

 確かに、と言う前にラナが迫ってくる。




「てな事がありまして」

「ほう、人を呼び出してのろけ話か」

 また別の夜。

 場所は変わり公共の酒場、人も変わり隣にいるのは中年のおっさんである。

 親父さん。またの名を【冒険者の父】。熟練の冒険者である。

「まあ、のろけ半分、不安半分でして。不安の原因というやつがこれで」

 僕は、割れた壺を取り出す。

「話に出て来た壺か。割ったのか?」

「割られました。犯人が、そのラナでして」

 壺を叩き割る姿を、マキナがばっちり録画していた。

「で、わざわざ俺に相談か」

「はい、わざわざ相談しにきました。飲み代くらいは払いますよ?」

「いるか。して………なんだ。お前の不安とやらはアレか、自分の女が壺に手入れたら自分以外の男を、ってやつか?」

「ええまあ、だから割ったのかなぁ、と」

「それは違うな」

 違うのか。

「ソーヤ、女は『そういう生き物』だ」

「は、はあ」

 元いた世界でも聞いた事のある台詞だ。

「お前の女が壺に手を入れて、それで別の男のモノを掴んだのか、もしくは怖くて手を入れていないのか、それは知らん。どうせお前も知らんのだろう」

「はい、知りません」

 だから相談しに来た。

「なら、気にするな。割れた壺の事など忘れて普段通りに過ごせ。女は、男の理解や想像を軽く越える。『そういう生き物』として寛容に受け止めろ。大体な、女の過去なんざ変に詮索してみろ。………………後が怖いぞ」

「………………はい」

 確かに怖そうだ。

 割れた壺を片付け、帰り道に捨てると決めた。

 女は『そういう生き物』か。深く知り過ぎない事も、人と付き合う上では大事なのかな? その相手がたとえ妻としても。

 難しい。

 悩んでいると、

「お、ソーヤとメディム。面白い物を見せてやろう」

 酒場のマスターが僕らの所にやってくる。

 彼の片手には、壺があった。普通の壺だ。

「勇者の付き人から買った物なんだが、何でも【運命の入った壺】だとか。面白そうだから、手を入れてみろ」

「ソーヤ入れてみろ」

 親父さんは、酒を飲みながら目を細くして言った。

 僕は苦笑いを浮かべて、後でラナに謝ろうと壺に手を入れる。すると、

「ニャ!」

 通りかかった獣人の給仕が跳び上がった。

「今、お尻触ったの誰ニャ! 別料金とるニャ!」

 僕は壺を叩き割った。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close