二:落第剣士と剣術学院 8

 故郷のゴザ村に帰り、母さんとも相談した結果──俺は千刃学院からのすいせん入学を受けることに決めた。だけど……ここで一つ予想外のことがあった。

 どうやら推薦入学というのは、自動的に合格あつかいになるものではないらしい。入学時の筆記および実技試験はめんじよされるが、適格検査として面接だけは受ける必要があるようだ。

 それを初めて知ったときは、かなり不安に思ったけど……。「面接で落とされたなんて話は、これまで聞いたことがない」と校長先生が言っていたので少しは安心できた。

 そして今日がその千刃学院の面接の日。

 服装に指定はなかったので、俺はグランけんじゆつ学院の制服でのぞむことにした。

「それにしても、とんでもない数の人だな……」

 俺は今日生まれて初めて、この国の都──オーレストの地をんだ。

 おどろくほどに活発な人の往来と先進的な建物の数々にまどわされながらも、何とか千刃学院の正門にたどり着くことができた。

「ふーっ、なんとか無事に着いたな……」

 時刻はちょうど十六時四十五分。面接開始予定時間の十五分前、ちょうどよい時間だ。

 それから俺は、正門を警備している人に受験票を見せて学院内へ入れてもらった。

 面接会場は第三校舎の三階──そのさいおうにある応接室だ。

(第三校舎は……っと、この建物だな)

 目的の建物に入り、階段を上って三階に到着した瞬間──思わず息をんだ。

(こ、これは……っ!?)

 そこには大勢の受験生の姿があった。彼らのボロボロになった体と血のにじんだ衣服から判断するに……すでに入学試験を受けてきたいつぱんの受験生と見てちがいないだろう。

(す、すごいな……)

 五学院の入学試験は、どこもそうぜつなものばかりだと聞いていたけど……。どうやらそれは、俺なんかの想像をはるかにえるものらしい。

 それから俺は目立たないように、小さくなってろうに置かれた椅子へ座ると、

「お、おいおい、マジか!? 今入ってきた男、あのこくな試験を受けて無傷だぞ……!?」

「すげぇな、信じらんねぇよ……。いったいどこの有名剣術学院の出身だ?」

「見たこともない制服だが、とんでもない実力者ってことは間違いないな……っ」

 いったいどういうわけか、この場にいる全員の視線が俺に集中してしまった。

(な、……っ!?)

 彼らはジッとこちらを見ながら、こそこそと小さな声で話し合う。

(よ、よくわからないけど……。とにかく気付かないフリをしておこう……っ)

 俺はなんとも言えないごこの悪さを感じつつ、自分の名前が呼ばれるのをジッと待った。そのおよそ五分後、

「受験番号723番アレン=ロードルはすみやかに入室してください。り返します。受験番号723番アレン=ロードルは──」

 院内放送が鳴り響き、ようやく視線の的からけ出すことができた。俺はすぐに立ち上がり、廊下のき当たりにある応接室まで移動した。

(え、えーっと……。確かノックは三回……だったよな?)

 事前に読み込んできた面接対策の教本を思い出しつつ、大きく深呼吸をした。気持ちを落ち着かせ、あせを服でぬぐう。

 そうしてコンコンコンとノックしてから、ゆっくりととびらを押し開けた。

「──失礼します」

 部屋の最奥には三人の面接官が座っており、彼らの対面には丸椅子が一つ置かれていた。

 俺がそこへ腰かけると、面接がすぐに始まった。

「これより面接を開始いたします。まずは受験番号とお名前をお願いいたします」

「じゅ、受験番号723番、アレン=ロードルです」

 そう答えると、すぐに別の面接官が質問をしてきた。

「では次に自分の長所を教えてください」

「長所はその……にんたい力、ですね」

 自分の長所として、パッとすぐに思いかんだのがこれだった。

「ほぉ、忍耐力ですか……。それは具体的にどのぐらいのものですか?」

「そうですね……。十数億年もの間、ずっとけんを振り続けていられるぐらいのものです」

「じゅ、十数億年ですか……? それはとてつもないですね……」

「はい、本当にとてつもない経験でした」

 あれは本当にもの凄い経験だった。今「もう一度やりたいか?」と問われれば、少しなやましいところではある。実際あれは、心を殺さなければ中々厳しいものがある。

「は、反対に……短所はどういうところでしょうか?」

「短所ですか。短所は……てつぽうなところ、ですかね。もう少し冷静に行動していれば……いや、これはタラレバですね。それに自分はあのときのことはこうかいしていません」

 そう、あのとき──何の考えもなしに一億年ボタンを押した、からこそ今の俺があるんだ。これは長所でもあり、短所でもあるだろう。

「は、はぁ……あのとき、ですか……?」

「はい」

「……」

「……」

 面接官は次の質問を考えているのか、少しの間だけ押しだまった。

「え、えーっと……そ、それでは続きまして、所属流派を教えてください。それと得意なわざを一つ、あなたの後ろに設置してあるに向かって放ってください」

「流派はその……おずかしながら我流です。ですが、技自体はいくつもあるので、そのうちの一つを実演できればと思います」

 俺は立ち上がって剣を抜き放ち、背後の案山子に目を向ける。

 それから大きく深呼吸をしてから、一気にその剣を振り切った。

「八の──八咫烏ッ!」

 その瞬間、八つのざんげきが空をけ抜け──案山子を八等分することに成功した。

「んな!?」

「斬撃が、八つに分かれた……!?」

「しかも、何というあざやかな切り口だ……!?」

 試験官は三者三様の反応を見せた。おおむね受けはよかったと言えるだろう。

(よしよし、えのいい八咫烏をせんたくして正解だったな)

 そうして俺が剣をさやに収め、再び丸椅子に座ったところで、

「あ、ありがとうございました。これにて面接はしゆうりようです。数日以内に合否結果をふうとうにて送付いたしますのでごかくにんください。それでは、お気を付けてお帰りください」

 こうして無事に面接は終わった。

「──失礼します」

 最後に一度礼をしてから応接室を出る。それから階段を下り、げんかん口を抜け──正門を出たところで、ようやく一息ついた。

「ふぅー、終わったぁ……っ」

 さすがにかなりきんちようした。しかし、終始無難な回答にてつすることができたと思う。大きな間違いもおかしていない。それに最後の実技は、けっこうこうかんしよくだったはずだ。

(やることはすべてやったし、後はもういのるだけだな……)

 そうして俺は、ちょっとしたごたえと共にポーラさんの待つりようへ帰宅したのだった。


    ■


 アレンが退室した後の面接室では、何とも言えないみような空気がただよっていた。

「それにしても……おかしな生徒でしたなぁ。何を言っているのか全くわからなかった。推薦とはいえ……本当に合格させてもだいじようなんですかね?」

「確かに、何を言っているのか全くわかりませんでしたね……。しかし、彼はレイア理事長がじきじきに推薦入学を希望した生徒。さすがに我々の判断で落とすわけには……」

「うぅむ、で我流ですか……。まともな師がつけば、あの子はきっと化けますよ。……正直、何を言っているのか全くわかりませんでしたが」

 面接官の意見は、『何を言っているのかわからない』という点で完璧にいつしていた。


    ■


 数日後、千刃学院から一通の封筒が届いた。おそらく……いや間違いなく、合否についてのれんらくだ。無事に合格しているのか、それとも不合格なのか……。正直胸が張りけそうなほどドキドキしている。

「ふーっ……」

 何度か大きく深呼吸してから、ゆっくりと開封していった。中には一枚の大きな紙が入っており、そこには大きくでこう書かれていた。

「……合格」

 そう、合格だ。

「──ぃよっし!」

 推薦入学だから受かって当然と言われればそれまでだけど、やっぱりとてもうれしかった。

(まさか自分が名門千刃学院に通えるなんて……まるで夢のような話だ!)

 ほんの一か月前までは、『落第けん』と鹿にされていたというのに……。人生、本当に何が起きるかわからない。

 それから俺はすぐに部屋を飛び出し、ポーラさんへ報告しにいった。

「ポーラさん、やりました! 俺、あの千刃学院に合格しました!」

「ほ、ほんとかい!?」

 ちょうど昼食のたくをしていた彼女は、あわてて手を止めた。

「はい、これを見てください!」

 俺が手に持つ合格証書をわたすと、

「おぉ、こいつは凄い……っ! おめでとう、アレン! 故郷のお母さんもきっと喜んでいるよ! もちろん、このあたしもね!」

 ポーラさんはそう言って、まるで自分のことのように喜んでくれた。

「っと、こうしちゃいられない。今日のばんはんは派手にパーッとやるよ! アレンの合格祝いをしなきゃね!」

「ありがとうございます!」

 それから母さんにすぐ手紙を送り、その晩はポーラさんの作ってくれた料理でせいだいにパーティを行った。

 その数週間後、グラン剣術学院の卒業式が終わり──ついに『その時』がやってきた。

 荷物をまとめた俺は、玄関まで見送りに来てくれたポーラさんに深々と頭を下げる。

「──ポーラさん。三年間、本当にお世話になりました」

 千刃学院はぜんりようせいであり、特別な理由がないと一般の家に住むことはできない。

 つまりポーラさんとは──三年間ずっと生活してきたこの寮とは、今日ここでお別れだ。

「全く、一々おおだよ。別にこれがこんじようの別れでもあるまいし、サラッとした感じでいいんだよ」

 彼女は軽くそう言ったけど……。俺はちゃんと感謝の言葉を伝えておきたかった。

「ポーラさんには、感謝してもしきれません。ほとんど無一文だった俺をここにめてくれて……。毎朝起こしにきてくれたり、おいしいご飯を作ってくれたり、困った時は相談に乗ってくれたり、楽しい話をいっぱいしてくれたり──たくさんの楽しい時間を本当にありがとうございました……!」

 これまでめ込んできたありったけの『ありがとう』を言葉にして、深く頭を下げる。

「や、やだね、あたしったら! としのせいかるいせんゆるくなっちゃっているよ……!」

 ポーラさんはそう言って、目元をゴシゴシとこする。

「腹が減ったらいつでも帰ってきな! メシならいくらでも食わせてやんよ!」

「はい、ありがとうございます!」

 彼女の料理は絶品だ。あのげき的でごうかいな味付けを、俺は一生忘れないだろう。

「それでは……そろそろ行ってきます」

「あぁ、千刃学院だか万刃学院だか知らないけど……。行くからにはてっぺんってくるんだよ!」

「はい!」

 こうして俺は『グラン剣術学院の落第剣士アレン=ロードル』を卒業し、五学院の一つ──『千刃学院の剣士アレン=ロードル』となったのだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    月島秀一/もきゅ

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    月島秀一/もきゅ

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 3

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 3

    月島秀一/もきゅ

Close