二:落第剣士と剣術学院 3

 ドドリエルとの決闘から数日が経ち、俺へのいじめはますますひどくなった。

 しかし、その『中身』は大きくちがう。これまではわざとぶつかってきたり、机をったりといった直接的なものが多かったけど……。奴に完勝してからというもの、そういうたぐいのいじめはピタリとんだ。その反動としてかげぐちが増えた。

 落第けんきようもの、暗器使い──学院のどこを歩いてもそんな声が聞こえる。多分ドドリエルとその取り巻きが触れ回ったのだろう。だけど、不思議と心はおだやかだった。

(昔の──十数億年前の俺ならば、きっとこんな環境にはえられなかっただろうな)

 そんな風に自分を客観視できるぐらいには、冷静でいることができた。

「そう言えば、母さんは元気かな……」

 ポーラさんの待つりようへの帰り道、ふと故郷に残してきた母さんのことが気になった。

 グラン剣術学院に通い始めて早三年。月に一度は手紙のやり取りをしているが、故郷に帰ったことはなかった。自分のことでせいいつぱいで、それどころではなかったのだ。

「よし……決めた。次の休みに一度帰ろう」

 故郷のゴザ村まで、小走りでだいたい十時間程度だ。

 でも多分、今の俺ならもう少し早く着けるだろう。

「そうだ、何かお土産みやげでも買っていこうかな」

 三年ぶりに帰るんだ。さすがに手ぶらというわけにはいかない。

(確か母さんは、せんべいやおかきが大好きだったな……)

 お土産として買って行けば、きっと喜んでくれるだろう。

(いや、その前に……。今いくら持っていたっけ……?)

 ふところからガマ口のさいを取り出してひっくり返せば、チャリンと三枚のこうが出てきた。

「ご、五百二十ゴルド……」

 これではまともなお土産を買うことはできない。

「……バイトでもしようかな」

 バイト先については、一度ポーラさんに相談してみよう。

 あの人はとても顔が広い。もしかしたらいいところを教えてもらえるかもしれない。それに彼女のしようかい先ならば、安心して働くことができる。

「ふふっ。久しぶりに帰ったら、母さんきっとおどろくぞ」

 そうして俺は、一人鼻歌まじりに寮へ向かったのだった。


    ■


 寮に帰ってすぐ、ポーラさんにどこかいいバイトはないか聞いてみた。

「バイトだぁ!?」

「はい、どこかいいところはないでしょうか?」

「どうしてまた急に? 剣のしゆぎようはいいのかい?」

 彼女は首をかしげながらそう問い掛けた。

「修業も大切なんですけど、そろそろ一度くらい故郷の母さんに顔を見せに行こうと思いまして……。それで──」

「──なるほど、土産を買おうとしたけど、お金がなかったってわけだね?」

「あはは……。おずかしながら、その通りです……」

「そうかい、話はわかったよ。それなら一個とっておきのやつがあるさ!」

 彼女はうでみをしながら、何故かうれしそうにニヤリと笑う。

「本当ですか!? ぜひ紹介してください!」

「おぅとも! こいつに出れば、いつかくせんきんよ!」

 ポーラさんはそう言って、けいばんってあった一枚のポスターをぎ取り、勢いよくしよくたくたたき付けた。俺は少しシワの入ったそれを手に取り、ザッと内容に目を通した。

けんさい……ですか?」

 剣武祭──となりまちのオービスで、月に一度開かれる剣士のお祭りだ。しかし、一口にお祭りといっても出店でにぎわうような楽しげなものではない。

 うでに覚えのある剣士が一対一の真剣勝負をして、おのれの剣術をきそう武の祭典だ。上位入賞者三名には、少なくない額の賞金がしんていされると聞く。

「やっぱり男たるもの、腕っぷしでかせがないとね!」

 彼女はそう言って、俺より三倍以上は太い二の腕を叩いてみせた。

「剣武祭、か……」

 昔の──十数億年前の俺ならば、間違っても出場しようなんて思わなかった。

(でも今の俺ならば、上位入賞は難しくともけんとうすることはできるかもしれない……っ)

 しかし、剣武祭に出るにあたって一つ大きな問題があった。

「確かにいい案かもしれませんが……。その、参加費用が……」

 剣武祭に出場するには参加費用として千ゴルドが必要だ。残念ながら、今そんなお金はない。そうして俺が仕方なく、ポーラさんへ剣武祭のポスターを返すと、

「馬鹿だね、あんた! うちの寮生が男を見せようってのに、金なんか出ししぶっちゃ寮母なんかやってらんないよ!」

 彼女はそう言ってたなから千ゴルドへいを出し、それを俺の手にねじ込んだ。

「ほら、持ってきな!」

「い、いいんですか!?」

「もちろんさ! その代わり、出るからにはガツンとかましてくるんだよ?」

「……ありがとうございます! 必ず勝って賞金を手に入れてきます!」

「よしよし、その意気だよ!」

 こうして思いがけず剣武祭に出ることになった俺は、上位入賞を目指してひたすら修業に明け暮れたのだった。


    ■


 その数日後。俺は剣武祭に出場するため、隣町のオービスまで足を運んだ。

「そろそろ着くはずだと思うんだけどな……」

 ポーラさんにもらった地図を片手に、会場を目指して進む。

「この店がここだから……。よし、次の角を右だな」

 そうして一つ先の角を曲がったしゆんかん、俺は思わず息をんだ。

「……っ」

 そこには見るからに強そうなたくさんの剣士たちが、目をギラつかせてたたずんでいた。

(ま、マジか……っ)

 ぼうちようした筋肉。いわおのような握りこぶし。使い込まれた剣。

 ……間違いない。ここにいる全員、俺よりも格上の剣士たちだ。

(少し、いや……かなり見通しが甘かった……っ)

 まさか剣武祭のレベルが、ここまで高いものだとは夢にも思っていなかった。

 その異様な光景に一瞬吞まれかけた俺は、すぐに今すべきことを思い出す。

「そ、そうだ、まずは出場登録を済ませないと……っ」

 その場で周囲を見回して受付を探していると、

「……おっと」

 とつぜんだれかが後ろからぶつかってきた。

 り返るとそこには──身長二メートルにもなるかくりの大男が、げんそうな顔つきでこちらを見下ろしていた。背中に大剣を背負っているところから、剣武祭に出場する剣士と見て間違いないだろう。

「〓ぁん? こんなところでってんじゃんねぇよ、クソガキが!」

 彼は敵意を剝き出しにして、そうり付けた。

 それに続いて取り巻きである三人の女性が、こちらを見てクスクスと笑う。

「もぉー、バブルったら……。こんなか弱い子をいじめちゃダメじゃない」

こしに剣を差しているってことは、この子も参加者なのかしら?」

「いやいや、それはないでしょ! こんなヒョロヒョロじゃ試合にもならないよ!」

 この失礼な集団はそう言って、ケラケラと楽しげに笑った。

 さすがの俺もこれにはムッとした。そもそもぶつかってきたのは、このバブルとかいう大男の方からだ。俺が立っているのは道のはしだし、こいつは女性と話すのに集中していて、全く前を見ていなかった。バブル側に非があるのは、誰の目にも明らかだ。

 それに何より、出会って間もない彼らにそこまでじよくされる覚えはない。

 すると──そんな考えが表情に出てしまっていたのか、

「……おい。なんだ、そのはんこう的な目は? この俺様とやろうってのか?」

 バブルは額に青筋を立てながら、指をバキボキと鳴らした。

 俺はいろいろなことを考えた結果、

「……すみません」

 特に反抗することなく、なおに謝っておくことにした。こんなところで問題を起こしたら、剣武祭に出場できなくなるかもしれない。もしもそんなことになれば、わざわざ参加費用を出してくれたポーラさんの期待を裏切ることになる。それだけは絶対にいやだった。

「はっ、言い返すこともできねぇのか? この負け犬が!」

 バブルはそんな捨て台詞ぜりふき、ざつとうの中へ消えていった。

 そうしてあいつらの姿が完全に見えなくなってから、大きくため息をつく。

「はぁ……」

 災難だった。いきなりあんなやからからまれるなんて、今日はついてない。

(……いや、切りえよう)

 世の中は広い。ポーラさんのようにやさしい人もいれば、バブルたちのようにおかしなやつもいる。あんな変な輩に構って、時間をにする必要はない。

「えーっと、受付は……あそこだな」

 周囲を見回せば、剣武祭の会場の真ん前に長い列ができていた。

 その先頭には『剣武祭受付』と書かれた立て看板が立っている。どうやらあそこが受付のようだ。俺は列のさいこうに並び、自分の番がくるのを待つ。それから十分後、

「──お次の方、どうぞ」

 ようやく俺の番が回ってきた。

 受付ではきんぱつの美しい女性が、優しく微笑ほほえみながらテキパキと登録作業を行っている。

「──おはようございます。剣武祭への参加をご希望されているということで、お間違いないでしょうか?」

「はい、お願いします」

「かしこまりました。それでは参加費用として千ゴルドをちようだいいたします」

 俺は心の中でポーラさんにお礼を言って、ガマ口の財布から千ゴルド紙幣を取り出した。

「ありがとうございます。それではお名前と、所属流派を教えていただけますか?」

「名前は、アレン=ロードルです。所属流派は、その……」

 まさか流派を聞かれるなんて思ってもいなかった俺は、思わず口ごもってしまう。

「アレン=ロードル様でございますね。何という流派の出身でしょうか?」

 ……二度聞かれてしまった。

 どうやら所属流派これは、どうしても答えなくてはならないもののようだ。

「そ、その……どこにも所属していなくて……。『我流』……になります」

 しりすぼみになりながら、我流であることを伝えると、

「ぷっ……。が、我流ですね……っ。か、かしこまりました……っ」

 受付じようは必死に笑いをこらえながら、ふるえる手で登録作業を進めた。

 ほぼすべての剣士は、必ずどこかしらの流派に所属する。流派に所属しない剣士はよほどのすいきようものか、流派にできない弱者に限られるため、世間的には『落ちこぼれ』とされる。

 我流の剣士が実力者ひしめく剣武祭に出場しようとしているのだから、笑われるのも仕方のないことだった。それから無事に出場登録を終えた俺は、小さくため息をついた。

(はぁ……。さすがにちょっとずかしかったな……)

 学院の同級生に笑われるのとはまたちがう、なんとも言えない恥ずかしさがあった。

(……いや、もう過ぎたことだ。これ以上は考えないようにして、剣武祭に集中しよう)

 確か開始時間までは、後三十分ほど時間があったはずだ。

「よし、それまではりでもしておこうかな」

 それから俺は適当な空き地を見つけて、一人もくもくと剣を振り続けたのだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    月島秀一/もきゅ

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    月島秀一/もきゅ

Close