序章 小さな約束

 が初めて「あやかし」というものをたのは八歳になったばかりのころだ。

 妖と呼ばれる人ならざるおそろしい存在がいることは、「父」にさんざん言い聞かせられてきたため知っていた。これらはおのれの欲のまま腹を満たすために人をい、特に彼らが「視える」人間は妖達にとっては格別に美味とのことだ。

 だが、視たこともない妖よりも、思い通りにならないからと沙夜に暴力をるう父の方がほど、恐ろしいと思っていた。そんな父が妖をきらう一方で、恐れているのだと気付いたのは、このしきを囲うついに妖けの術がほどこされていると知った時だ。

 けれど、その術もかんぺきではないようだと、沙夜は目の前にいる言葉を話す生き物を見ながら思った。人間を喰うぐらいなのだから、きっととても大きな姿なのだろうと思っていたが、初めて見た「妖」は小さくて、どこか弱っているようだった。

「──俺が、視えるのか」

 その生き物は以前、が沙夜を楽しませようと見せてくれた様々な動物がえがかれている絵巻物に登場するきつねに似ていた。だが、つうの狐はだいだいいろらしいが、この狐は毛並みもひとみの色もちがっていた。

 妖にたずねられた沙夜はこくりとうなずき返した。

こわくないのか。妖は、人間を喰うぞ。……近付かない方が良い」

 ぶっきらぼうに告げられた言葉に対し、沙夜はふるふると首を横に振った。

「あなたは小さいから怖くないよ。それに私を心配してくれるから、やさしい妖だよ」

 沙夜の言葉に、妖は目を大きく見開いた。その瞳がれたのは気のせいだろうか。

 妖はどうやらをしているらしい。今も降り続けている雨に洗い流されてしまったのか、血は付着していないが、あしを引きずっていた。

 沙夜は着ていたころもを一枚だけぎ、その妖にぬくもりをあたえようと包み込んだ。

だいじようだよ。もう、痛いこと、ないからね」

 自分よりも小さくて身体からだふるえているものを、恐ろしいとは思えなかった。むしろ、自分が守らなければと幼心に思ったのだ。

 その日から、沙夜は屋敷に迷い込んで来た妖を「くろ」と名付けて、父に見つからないように気を付けながら世話をした。玄と過ごす時間は、乳母をくしてからさびしくて空っぽになりかけていた沙夜の心に温かいものを注ぎ込んでくれた。

 父に痛いことをされた時や怖い言葉を言われた後は必ず、玄が右脚で優しくでてくれる。それだけで、つらかったことは消え去っていく気がした。

 玄がいなければ、きっと自分は消えてしまっていた。そう思えるほどに、玄は沙夜にとってなくてはならない、大事な存在となっていた。

 けれど、怪我が治った玄は、ずっとここに居ることは出来ないと心苦しそうに言った。彼は妖だから、妖の世界で生きなければならない、と。

 それでも、玄とはなれることはいやだった。沙夜はをこねるように彼をぎゅっとめつつ、どこにも行かせないと必死に引き留めた。

「玄だけは、どこにも行かないで。私を一人にしないで……。私、玄とずっといつしよにいたい……」

 自分の望みを持ってはならないと父に命じられていたのに、玄へと願ってしまった。幼い沙夜にとって、玄だけが心の支えだった。

 すると玄は何かを決心したのか、しんけんな声でとある言い伝えと共に約束してくれた。

「数年だけ、待って欲しい。必ず、沙夜を──」

 心にじんわりとしみ込んでいく、まぶしくて優しい約束。

 希望を持てない日々の中で、その約束は沙夜にとってゆいいつの光となった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • あやかし恋紡ぎ 儚き乙女は妖狐の王に溺愛される

    あやかし恋紡ぎ 儚き乙女は妖狐の王に溺愛される

    伊月 ともや/夜咲こん

  • 平安春姫薬書 春告げる花と冬月の君

    平安春姫薬書 春告げる花と冬月の君

    伊月 ともや/條

Close