1章 お試しで喚ばれた聖女の災難

(……う、気持ち悪い……)

 くるまいでもしたように、全身がどうにもだるい。

 それでもなんとか身体を起こしてまぶたを開けると、――なぜか、図形やなぞの文字がえがかれた石ゆかの上にいた。

 高窓があるてんじょうは高く、かべには立体的な模様がり込まれている。

(ここは、……ん? なんのにおいだろう?)

 何かが燃えるようなげた匂いがふと鼻をかすめたが、ミコの周囲に火の手はない。

 たぶん、どこからか風にでも乗ってきたのだろう。

 それよりも――

(教会みたいなところだけど、ここはどこ?)

「……本当に、現れただと……!?」

 じょうきょうあくすべく頭を働かそうとするミコの耳に、まどふくみの声がすべり込む。

 声がした方を見ると、一人の青年がたたずんでいた。

(……ああ、夢だこれ)

 そのれいな、西洋人風だがすぎない顔立ちの青年は二十代前半くらいだろう。

 こちらに向いたひとみは銀色だ。長く、深みのある赤がみは首の後ろでゆったりと束ねてある。容姿といい、きらびやかなしょうといい、物語に出てくる王子さまのようだ。

(うーん、最近読んだ作品の中にこんな美形キャラいたかな……?)

 ミコはファンタジーものの小説やまんが好きで、よく読んでいる。

 すぐにはおもかばないが、きっと読んだ作品の登場人物が夢に出てきているのだろう。

「―― 私はアンセルム・ヴィ・アルビレイト。そなたの名前は?」

「え、と、ふくまるミコです。ミコが名前で、福丸がせいです」

(夢の中で名乗るのって、変な感じだなあ……あれ? これが夢だとするとわたし、もしかして公園でうたたの真っ最中?)

 それはちょっと、とミコは急いでほおつねってみる。

 …………痛いだけで、なんの変化もない。

 抓るだけではげきが足りないのかと、ミコは今度、頰を両手でしっかりたたいてもみた。

 これで目が覚める―― ことは一向になくて。寒くもないのに背筋がぞっとする。

「ミコ・フクマル殿どのか。我が国へよくぞ参られた―― かんげいしよう、異世界のおとよ」

「いっ!?」

 不安にられたミコは勢いよく立ち上がって、アンセルムにった。

「あのっ、そうにちがいありませんけどここは日本、あるいはジャパンですよね!?」

「ここはリーキタス大陸を成す一国、アルビレイト王国の王宮だ。王太子である私は大陸の地理についてほぼ把握しているが、ニホンもジャパンも聞いたことがない」

「!?」

 国名はミコが知らないだけかもしれないが、大陸名くらいはさすがに知っている。

 ―― リーキタス大陸なんて、地球には存在しないはず。

(…………これってまさか。……いやいや、そんなことあるわけがない)

 ミコの理性が、のうをよぎったちゅう的発想を否定したそのときである。

殿でんっ、こちらですか!?  じきに会議が始まりま、―― っ!?」

 勢いよくとびらを開け放ったのは、すずしげなへきがんの上にぎんぶち眼鏡をかけたきんぱつの青年だった。

 としはアンセルムと大差ないように思われる。よくせいされたはなのある美男だ。

「……殿下、そちらのおじょうさんは……?」

「ミコ・フクマル殿だ。どうやらしょうかんが成功したらしい。ここではなんだ、場所を移す」

「召喚!? ちょ、殿下、きちんと説明をしてくださいっ!」

(ショウカン? ……しょうかん? …………召喚?)

 召喚――――っ!?

 ミコは胸中できょうせいばくはつさせた。

(しょ、召喚って、……うそでしょ……?)

 アンセルムが放った台詞せりふきょうがくったミコの頭の中は、真っ白になった。


このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • お試しで喚ばれた聖女なのに最強竜に気に入られてしまいました。

    お試しで喚ばれた聖女なのに最強竜に気に入られてしまいました。

    かわせ 秋/三月 リヒト

  • 秘密の姫君はじゃじゃ馬につき

    秘密の姫君はじゃじゃ馬につき

    かわせ 秋/種村有菜

Close