序章 夕暮れの公園での異常事態

 そこは、とあるのどかな田舎いなかまちにある公園。

(……よくここで、いっしょに散歩したよね……)

 ベンチから夕焼け色に染まった風景をぼんやりとながめる少女の名前は、ふくまるミコ。

 くりくりの大きなひとみと、胸まであるやわらかいかみはいずれもあわくりいろをしている。がらと童顔のせいで幼く見られがちだけれど、先日十八歳をむかえた高校三年生だ。

(早いなあ、コタロウがくなってもうひと月か……)

 コタロウ―― 愛犬は快活でとてもやさしい子だったが、ここ一年は体調がすぐれなかった。

 苦しいのか、それとも痛いのかさえわかってあげられないのがつらくて、とてもくやしくて。

 愛情が深かったからこそがゆさとやるせなさがつのる一方で、ミコは強く思ったのだ。

 ―― 動物の言葉がわかればいいのに。

 コタロウのさいってからも、無理だとわかっている強い願いがなみだと一緒に流れて消えることはなく。胸の中には今も火がともされ続けている。

(……なんて願望はさておき。とりあえず、ここに来られるくらい回復できてよかった)

 コタロウを亡くした直後のミコは、意気しょうちんを絵にいたようなありさまになった。

 しかし、ずっと落ち込んだままだと天国にいる父とコタロウが心配してしまう。

 それに、父が亡くなってからは女手一つで育ててくれた母も、大学卒業後は社会人として働き家計を支えてくれる兄も、ミコと同じくコタロウの死を悲しみながらも仕事にいそ

んでいるのだ。自分だけいつまでも引きずっているわけにはいかない。

「よしっ! 二人とも今日はおそくならないみたいだから、晩ごはんはったものにしよう!」

 けんめいな母と兄を見て育つ中で、ミコは自分にできることを考えて家事を覚えた。今や、料理やそうせんたくは手慣れたものだ。

 気合いを入れつつ、ミコは立ち上がりざまに制服のスカートをパンパンとはたく。

 ―― しゅんかんとつじょとして地面がひかかがやいた。

「!?」

 またたに光量は増えていき、せんこうが波しぶきのようにミコを包む。

 様子を確かめたいのに、冷たく強い光がまぶしくて目を開けていられない。

 せつ、ジェットコースターの頂上から下降するときのようなゆう感におそわれて――



 そこで、ミコはブラックアウトした。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • お試しで喚ばれた聖女なのに最強竜に気に入られてしまいました。

    お試しで喚ばれた聖女なのに最強竜に気に入られてしまいました。

    かわせ 秋/三月 リヒト

  • 秘密の姫君はじゃじゃ馬につき

    秘密の姫君はじゃじゃ馬につき

    かわせ 秋/種村有菜

Close