◆第一条 姉の裁きは、日本国憲法及び法律にのみ拘束される

 物語は、世界を変える裁判の、三日前から始まる──


「ツカ姉の法廷は……」

 小さく呟く、高校二年生の俺──佐藤アクト(十六歳)は、東京都千代田区霞ヶ関にある、東京地方裁判所、五階の廊下を歩いていた。というのも、

『今日もお姉ちゃんの傍聴にきて~ で一緒にごはんいこ(>_<) お酒飲みたい気分~』

 ──というメッセージが、裁判官の義理の姉からきていたのだ

 お堅い職業のイメージを吹き飛ばすような、くだけて甘ったるい言葉遣い。

 ブラコンの姉は、義理の弟おれに対してはいつもこんな調子だ。

 以前、本人が『裁判官はオンオフが大事。オフでとことん緩めないとバランスとれなくて死んじゃう』と言っていたので、必要なことらしい。

 メッセージの末尾には、『4時 505号法廷』と書いてあった。

 俺の都合はというと、学校が夏休みに入った頃で、ヒマはある。

 一日中、ゲームばかりしていた実家から、裁判所ここまで歩いてきた。

 今までに何度も傍聴したことがあるけど、姉の裁判は刺激が強くて、興味深い。姉の仕事は尊敬しているし、その後の外食も楽しみという気持ちだ。

 周囲には、同じく裁判の傍聴にきたらしき学生が多い。

 俺はなんとなく高校の制服を着て来た。とくに目立っていないと思う。

(ここだな)

 メッセージに書かれた法廷の前には、開廷表が貼ってあり、

『16:00 弁論 婚姻不履行損害賠償請求事件 裁判官 我妻ツカサ』

 姉の名前を見つけた。姓が違うのは、再婚した互いの親の仕事の都合らしい。

(まだ、四時前だけど、点いてる)

 開廷中のランプが光っている。

 木製の扉の、のぞき窓から中を見てみると──

「……!」「……!」

 ──いた。

 ありきたりな法廷の、裁判官席には姉がおり。

 けばけばしい服を着た派手な三十代の女性と、言い争っている。

 定刻の前に開始しているのは、すでに裁判に必要な当事者がそろったからだろう。

 扉を開けて中に入ってみると、傍聴席はほぼ満席だった。

 傍聴マニアらしき人たちの合間、なんとか空いた席に座る。

「裁判長ぉ! 聴いて! あたし死にたい思いなんですぅ! ブロックされて──」

 キリキリとしたヒステリックな声が響いている。

 叫ぶようにまくし立てるのは、傍聴席から見て左側、原告席の派手な女性だ。

 右側の被告席は無人で、被告本人も、代理人弁護士も来ていない。

「もうじゅうううぶん聴きましたよ! 恋活アプリでの出会いからじっくりとね!」

 法壇から、うんざりしたように言うのが、裁判官我妻ツカサだ。

 すらりとした170センチの身長に、羽織っているのは、裁判官の黒いローブ。

 身体つきは二十八歳の肉感的な身体をしていて、隠しきれない大きな釣り鐘型のお胸が、組まれた腕の上でプリンと前に突き出ている。

 小さく上品な頭部は、さらさらロングの黒髪に。

 知的な熱さを帯びた赤茶の瞳は、長い睫毛に彩られ。

 きっと、黙って佇んでいれば、美術絵画の女神みたいにも見えただろう。

 しかし今は眼下の原告に厳しい表情で応じている。

「あと、単独なので裁判長ではありません」

 裁判は、一人だけの裁判官でする場合と、三人等の場合がある。

 今回は姉だけなので、長とは言わないのだ。

「じゃあ裁判官っ! 彼をここに喚んでください!」

「前回もお話したとおり、本件に被告本人の尋問は不要。もう呼び出しは行わない」

「あたしはぁぁぁ! 彼に会いたいって! こんなに言っていますぅ!」

「言やぁ会えるってんならもう会えてるんでは!? 被告があなたに会いたくないから書面だけで不出頭なんでは!? 原告は叫ばず落ち着きご理解されたぁぁぁい!」

 応酬する、姉の口が悪くなっていく。

 女神といっても、これでは返り血大好き戦女神だ。

(姉ちゃんも叫んでるじゃん……)

 今は心の中でツッコミしつつ、やれ、今日も荒れてるなと思う。

「じゃあ、来ないなら、お金の請求は認められますよねっ!?」

 ……民事裁判は、刑事裁判とは違って、事件の中身を法廷で朗読したりしない。

 だから、傍聴しても、なにを争っているのかはわかりにくい。

 それでも、原告が、男に対して、無理筋な請求をふっかけている雰囲気がしていた。

「被告は、そもそもあなたと婚姻してないと答弁書に書いている」

「でも、彼のために、200万円かかったって証拠は出しましたよねっ!?」

 ツバを飛ばすように話す、この事件を訴えた、女性……。

 傍聴席からよくよく見てみれば、派手な化粧の若作りが目立つ。作り物めいた張りを持った胸を、はだけるような衣服で誇示するように見せている。

(あれは……嘘くさいな)

 と感じつつ見ていると。

 法壇の上、姉と、眼が合った。

「……200万円かかった、証拠は、確かに見ました。が!」

 それは一瞬のことで、裁判官はすぐさま原告に視線を戻して、続ける。

「病院名を隠そうが、これが整形手術代であるのは、明らか!」

(なるほど、やはり作り物か)

 『彼のために200万円かかった』とは曖昧な言い方だけれど、もはや嘘だ。暴力を受けての治療費とか、一緒に決めた結婚披露宴のキャンセル費用とかなら、損害賠償請求できることもあるかもしれない。が、

「自分の美容整形代を、昔の男に払わせる法なんぞ、ありはしなぁいっ!」

 ──ズバッと、斬るような、宣言。

 傍聴席の男たちが、姉と嘘つき女を交互に見ては、頷いている。

「でかくて、若いあんたに、あたしのなにがわかるぅっ!?」

 200万円かけた派手な女性は、ヒートアップして、止まらない。

「偉そうに、見下しやがって! 裁判なんてクソ、税金のムダでしか、」

 ──プツン。姉の血管がキレる音が聞こえた。

「文句があんなら──」

 裁判官は、立ち上がる。何ものにも染まらないという黒いローブがはだけて、包まれた上半身があらわになる、握った右手拳を、頭上高く掲げ──

「控訴すればよろしいッ!」

 ハンマーのように法壇に打ち下ろした。

 轟音が響き、巨乳がぶるんと揺れる。

「ヒッ──」

 原告の女性は縮み上がった。

 傍聴人たちも圧倒される──真空のような、一瞬の静寂。

「弁論終結。判決の言い渡しは夏季休廷明けの……来月の同じ日、午後一時十五分。判決正本は送るので来る必要はありません。書記官」

 法壇の下で、気まずそうに縮んでいた裁判所の書記官が、手元のパソコンでスケジュールを確認し、メモをとるような動きの後、短く「はい」と答えた。

 この雰囲気、判決なんて見なくてもわかる。請求は全額棄却になるだろう。

 裁判官我妻ツカサは立ち姿のまま、傍聴席をへいげいする。そして俺を見ると、身内にしかわからないような微かな笑みを浮かべた後、法廷の奥の扉から退廷していった。

(相変わらず……破天荒で……)

 格好いいな、と感じる。

 法廷に取り残された原告は、

「ひ、ひいぃぃぃん、ひいぃぃぃん」

 とブサイクに泣いた後、

「あいつの好みに合わせておっぱいおっきくしたのに! ちくしょーッ!」

 とわめきながら、法廷を出て行った。


   ◆


「ふあぁぁぁぁぁおしやけ美味しいぃぃぃぃぃっ!」

 午後五時過ぎ、虎ノ門の安い居酒屋にて。

 法服を脱ぎ普段着になった姉が、ビールを豪快に飲み干して言った。

「お姉ちゃん、お仕事終わったあとのおしやけだいしゅき! うへっ」

 顔がだらしなく緩み、言葉が幼稚になる。

 これがプライベートオフモードで、酒を飲んでる時の裁判官だ。

「でもでもぉ、お仕事終わりに付き合ってくれるあっくんがだぁぁぁいしゅき! てことはいま、ふたちゅのしゅきが重なって、さいこーって気分なのれ、ご褒美にいっぱいちゅっちゅしたげるんー、あっく、んー」

「ツカ姉、口の周りビールの泡だらけ。はい、紙ナプキン」

「ありがと! ふきふき……って、んもう、いつも避けてさ~。お仕置きにお部屋のお掃除しちゃおっかなー、えっちぃ本ぜーんぶ見っけて処分しよけいしたげる~」

「今どき、本じゃないんじゃない? てか、勝手に部屋に入るのやめてね」

「うふふ、ゆうべは添い寝してあげてたの、気ぢゅかなかった?」

「えっ」

「──なーんて、冗談よ。どう、夏休み……宿題とか進んでる?」

 デレデレの表情から、瞬間的に、保護者を装う顔つきに変わる。

 これも含めて、おれにじゃれて絡んでいるのが姉のオフモードなのだ。

 人から見たらヘンな間柄に見えてしまうかもしれない。

 俺は三歳の時、父の再婚相手の連れ子だった姉と出会った。十二歳離れた義理の姉は、当時十五歳。俺のことがたいそう可愛かったらしく、それからずっとあっくんと呼んでかまってくる。俺が十六歳になり、姉が二十八歳になった今でも、変わらずブラコンだ。俺たちの親は結婚十二周年を機に世界一周ハネムーンに出ており、もう一年ほど姉弟きようだいのみで暮らしている。よって、距離感はとても近い。

 やましいところはないです。義理とはいえ身内だし。ええ。

「詰まってたら、お姉ちゃんが教えてあげよっか!」

 優しげな、赤茶色の瞳でのぞき込んでくる。法廷とはまったく違うふにゃけた表情だ。姉は、おれに対してのみドがつくほど優しい。

「詰まるわけない。宿題なんて、ゲームしながら解いてた」

「さすが! あっくんはお姉ちゃんと違って、同時にいろんなことできてすごいよね。視野が広くて、見る眼もあって、大事なところによく気づく。なんでもできるよね」

「なんでも、そこそこできるだけだよ」

 姉はやたら褒めてくれるけれど、自分では広く浅い器用貧乏なだけ──

(一つのことを極めた、ツカ姉みたいな人の方がすごいよ)

 と思っている。口に出すと調子に乗ってウザったいから言わないけれど。

「ヘンな生き物がヘンな魔法使うゲーム、好きだよねぇ。ごきゅごきゅ……」

「ヘンじゃねえよ。異世界ファンタジーだよ。ごくごく……」

 俺はノンアルコールの、ホッピーを飲みながら応じる。

「よくわかんないわ。ま、がんばって! あっくんはお姉ちゃんより賢いから!」

「国内トップの法学部出て、司法試験トップのツカ姉がそれ言っていいの」

「いいの! 本当のこと! あっくんが法廷にいるとうまく裁けるし!」

「なにそれ、人をお守りみたいに」

 そんな裁きサポートのフィールド効果、あるわけないだろ。

「ごきゅん! ぷはあぁぁぁもっと! おしやけ!」

 姉は俺のツッコミを聴くこともなく、さらに酒を頼み、巨乳(F)のお胸を包むブラウスのボタンを外し、熱い吐息をついている。その姿にはきわどいものがあったようで、周囲の男性客たちの視線を集めている。

「ツカ姉、ちょっと声がでかい……裁判の関係者とかいるかもよ」

「さっき見渡した時には、PもBも、我が社もいなかったわ」

 Pは検察官、Bは弁護士。

 我が社、というのは裁判所のこと。

 姉が飲み食いしながらよく使う、裁判関係者の隠語だ。

「サーチ済みか」

「でも、それっぽいのが入ってきたら教えてねっ。あ、ありがとうございますぅ~」

 姉は店員からサワーを受け取り、言う。

「『裁判官は、ナメられたら死んだも同然』だからねっ」

 ──このフレーズは、裁判官になってからの姉の信条だ。

 思い出す。さっき傍聴した裁判で、原告の女性が『若いあんたに、あたしのなにがわかる』とつっかかっていた。史上最年少で裁判官になった姉には、なにかと当たりが強く、よくナメられて苦労してきたようだ。うまく裁こうにも、侮られ、話を聴いてもらえなければ、難しくなってしまう。

「今日、とってもお酒飲みたい気分なのっ。ごっきゅごっきゅごっきゅ!」

 それにしても、飲酒のペースが異常だ。

「何かあった?」心配になってきた。

「もう、ダメかもしれないの……クソ、人事め……」

 ガンっ! とジョッキを置いて、忌々しそうに語り始める。

「お姉ちゃんを、法務省に出向させるんだって」

「……それって、」

 身内に裁判官がいると、なんとなく裁判所関係のニュースを見るようになる。俺が知っている限りでは、司法である裁判所と、行政である法務省は別の組織だけど、優秀な裁判官は裁判所から法務省に行くことがあるらしい。

「ツカ姉、出世コースじゃん。才能を評価されたんじゃないの」

 元々、姉は高名な学者の血を引いているからか、座学が得意だ。誰よりも速く資料を読み、暗記し、理論的に説明できる。国の省庁とか向いてそうだな、と思って言った、が、

「出世とか、才能とか、どうでもいいのッ!」

 喝破で飛んだツバの飛沫しぶきを、顔面で受け止めるはめになった。

「現場で、お裁きできなくされるの!」

 俺はおしぼりで顔面を拭いながら、うんざりした気持ちで思い出す。

 姉は、現場──実際に事件を裁くこと──に、なぜだか、異様な執着があるのだ。

「お姉ちゃん、あっくんに誓ったよね。『正しい裁判で、世界を良くする』って。あっくん、格好いいって言ってくれたよね」

「いつ」

「あっくんが三歳、お姉ちゃんが十五歳の時よ」

 憶えてねぇよ……「そんな昔のこと、」と俺が言うのを遮るように、

「部長に言われたわ」と姉は怒りの形相になった。

 部長とは、裁判官の上司のことだ。

「『我妻くんは、中高生ごときで固めた信念が正しいか、今一度問い直せ』って」

「けっこうな言われようだね」

「なら……十五歳に戻して、変えてみろっての……ひっく!」

「ツカ姉……飲み過ぎだよ」

 もう話の脈絡がない。立派な酔っ払いだ。

 それに……

(ツカ姉に合わせたけど、部長さんの言い分も、わかる)

 姉は、普通の女の子としての人生を拒絶するかのように、勉強ばかりしてきた。

 付き合った男性はもちろん、男(弟を除く)とお出かけたしたことすらゼロ。

 弟として間近で見ていると、その極端な生き方は、周囲に軋轢を、自身に欠落を生じさせているようにも見えて、心配しているのだ。

「すみません、お会計お願いします」

 通りがかりの店員に、俺はやや困った風の作り笑顔でお願いする。

 支払いを済ませながら、テーブルの上を綺麗にする。

 このように印象良くすれば、きっと、もうしばらくこの席に居座れるだろう。

(こういう、打算、立ち回り……フォローばかり得意になったな)

 自嘲する。姉との時間で、俺はしょうもないスキルばかりを習得する。

 空のジョッキを、脇に寄せようとする俺の手が、

「うぅぅぅん……十五に……戻りたい……」

 寝言の主に、すがるように掴まれる。

「そんな魔法みたいな……あるわけないでしょ」

 法を司る姉の、おかしな願いに苦笑する。

(それだけ、追い詰められているのかもな)

 唇の中に入った髪の毛を、「お疲れ様」と、起こさないように、取り除く。

 でも、もしも──と。

 脳裏に、空想じみた考えがよぎる。

「別の、ファンタジー異世界が、あったらな」

 と、呟いて、ため息をつく。

 別世界に対する憧れは、ずっと自分の中にあった。

(魔法とかがある、楽しい世界に、行けたら……)

 なんて、思い始めた、その時。

 視界に、ピンクの魔法陣のようなものがよぎった。

 居酒屋の壁が、目の前のテーブルが、にじみはじめ、二重に見える。

 ゲームのしすぎで、眼が疲れたせいかもしれない。

 目頭を揉んで、開けると、

 ──なにもかもが、ピンクだった。

「……なにこの、ブルーバックエラーの、ピンクバージョンみたいな──」

 そこらじゅうがピンクに光り輝いている。特に、

「って、ツカ姉! うそっ!?」

 巨乳を下敷きにした、うつぶせ状態の姉の身体が。

「光ってる! ツカ姉が、ピンクにっ──」

 魔法少女の変身シーンみたいにまっピンクに発光していた。

「な、ん──」

 なにもかもが、ピンクに染まる。

 視界が、まっピンクになっていく。


 誰かの声が聞こえた。


『世界を良くする、正しい裁きを──』

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    紅玉 ふくろう/jonsun

Close