チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

開廷しますか? →YES/NO
著者: 紅玉 ふくろう (著者) / jonsun (イラスト)
シリーズ:チヨダク王国ジャッジメント(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ゲームが好きな普通の高校生アクトがある日、裁判官をしている姉のツカサと共に召喚された異世界は……日本の文化を模倣する“チヨダク王国”!? ゆるふわな王女のエクスタシアから、この国の民を正しくお裁きする裁判官になってほしいと依頼されるアクトたち。早速、難題となっていた殺人罪に問われる勇者の裁判を依頼されたことから、アクトは世俗に疎くてファンタジーな異世界の常識を知らない姉の補佐官を務めることになるのだが――!?
ひとクセある弁護士や検察をはじめ、アクトたちの異世界生活を補佐するメイドのシロも巻き込み、審理は意外な展開を見せていく! 第16回新人賞《最優秀賞》受賞作、厳粛に、開廷!!
【電子限定!書き下ろし特典つき】

パートナーのおすすめレビュー

  • 最後までわからない、裁判の判決にドキドキ...!!

    つむぎ
    つむぎ
    年の離れた弟アクトが大好きなツカサは、アクトが幼い頃に口にした「正しい裁判で世界を良くする」という言葉を信念に働く裁判官です。アクトも姉の暴走気味なところは心配しつつも、法廷で活躍する姉を尊敬する、お姉さん想いの男の子。

    そんな仲良し姉弟は『異世界を正しく裁ける人』として、異世界チヨダク王国の王女に召喚されてしまうんです! 日本大好きなこの国は法律まで日本と同じ。だけど、この世界の住人には日本の法律が難しかったみたいですね。本物の裁判官を前にして「おジャッジ様が来てくれた!」と喜ぶ異世界の人達の反応は、見ていて微笑ましいです。

    卓越した記憶力で適切な法律を瞬時に引き出し、日本の判例を引き合いに事件を裁くツカサ。弟のアクトもゲームで慣れ親しんだ豊富なファンタジー知識でツカサを助けます。

    そんなふたりが挑むことになるのが『勇者ご一行焼殺事件』。かつての仲間を殺した元勇者が被告という異世界ならではの案件なんですが、この事件には不自然な点が多くあって……。間違いの許されない法廷で嘘偽りを見抜き、ツカサが被告の元勇者にどのような判決を下すのか……! 最後の瞬間までドキドキしちゃいますよ!
  • 裁判がゲームみたいで、ワクワクするッスよ~!

    ディアナ
    ディアナ
    裁判って難しいイメージッスけど、チヨダク王国の裁判はゲームみたいでとても分かりやすいッスね! なにか事件が発生すれば、開廷魔法によって現場が法廷に早変わりッス! 裁判中も原告や被告の証言によって、天秤の皿が優勢なほうに傾いたり、傍聴席にいる人間が疑念を抱いた時の空気までも可視化されるッス。刻々と変化する法廷の状況が魔法の力によって伝わってくるから、本当に裁判を傍聴しているみたいでハラハラするッスよ! 

    そして、このファンタジーな裁判を仕切るのが転移ボーナスによってアラサーから15歳に若返ったツカサッス。少女に戻っても、裁判官としての知識と熱い正義感はそのままッス! 裁判官はナメられたらいけないと、殺人の嫌疑がかけられた勇者を相手にひるまず啖呵を切るのは最高にカッコいいっスよ!

    あと、ツカサの補佐官となったアクトの冷静なサポート力も見事ッスよ! ファンタジーは不得手な姉に代わって異世界住人と円滑なコミュニケーションをはかり、アクト自身も事件の真相解明のためには労力を惜しまないッス! 正しい判決を下すために真実は必要不可欠ッスからね! 異世界裁判のギミックと姉弟の活躍にはワクワクが止まらないッスよ~!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • かっぱ

    日本文化を模倣したチヨダク王国に召喚された裁判官とその弟が裁判の在り方を紡いでいく異世界ファンタジー。裁判といった小難しい題材をポップに噛み砕いて描いてみせた手腕はお見事。異世界ならではの独特な側面で置いてけぼりになるかと思いきや、異世界を舞台にしながらも現代日本をベースにしているからとても想像もしやすい面もあったのは良いところだ。かなりデフォルメされている面はあるだろうけど、こういう形で裁判の知識に触れることができたのは新鮮な体験だなあ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • おにおん

    現実世界で裁判官を務める姉と主人公が、日本そっくりの異世界に転移して、裁判官・補佐官として国をより良い方向へ導いていく…という内容です。裁判を題材にしたラノベは珍しく、内容理解できるか不安でしたが、要所で解説が入っていてかなりテンポよく読めました!読みやすくデフォルメされてるとは思いますが、裁判のざっくりとした流れを把握できて、新鮮さを味わうことができました。次巻も発売されるみたいなので購入します!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    普通のゲーム好きな少年と、裁判官を勤める義姉が日本を模した異世界に召喚され、裁判官となる物語。―――裁け。絶対公平の、その厳格な力で。 時に裁判官の足となり奔走し、頭脳となり知識を授け。実際の裁判を元にした緊迫感のある異世界裁判の中、それぞれの想いが絡み合う物語であり、まるで引き込まれるかのようにのめり込ませてくれる、正しくここにしかない面白さのある物語である。裁判の先に見出した新たな目標へいつか辿り着けるのか。果たして、次に被告人として席に立つのは誰となるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 第16回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞受賞作。日本文化を模倣するチヨダク王国に召喚された裁判官と弟が正しき裁判を体現していく異世界法廷ファンタジー。作者が業務上で得た知識を異世界ファンタジーに落とし込んだ意欲作。世界を救った勇者を裁くことをクライマックスに配置して、そこに至るまでに世界観の説明と読者に裁判を慣れてもらう構成は、とっつきにくそうな題材を扱うための読者視点に立っていて良い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    裁判をテーマにしたラノベ。MFの新人賞でこういうガガガっぽい変化球を投げてくるのは珍しい気がする。現代日本のコピペで発展を遂げた異世界を法でぶった切る。とか言うとパクリ問題かな?と思うけど、そこじゃなくて異世界に生きる人に焦点を当てていたのが良かった。急成長は歪みを生み出すもの。それに巻き込まれた者たちを信念を持って裁く姉、証拠を揃えるために奔走する弟。いいコンビだった。しかし大分デフォルメされているであろう作中の裁判でも難しいんだから、裁判員制度とかムリゲーだろ…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • ちゃんとご当地ラノベ4選ですよ?
    らすかるが作成したまとめちゃんとご当地ラノベ4選ですよ?で紹介されています。
    0

関連情報

MF文庫J新作『チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所』

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/03/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784046800824

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK