「異世界転移、地雷付き。 いつきみずほ」

さかずきの花を飲み干して』




「お花見をします!」

 朝、起きてくるなりそんな宣言をしたのはハルカだった。

 その言葉に、俺たちは揃って外を見る。

 そこから見える景色は――。

「オイオイ、ハルカ、寝ぼけてるのか? 今は冬だぞ?」

 トーヤが窓を指さしながらフフンと鼻で笑い、肩をすくめる。

 だが、すぐに何かに気付いたかのように目を瞬かせ、言葉を続けた。

「もしかしてアレか? 書籍版の時間軸じゃなく、ウェブ版の時間軸。こっちなら春だもんな!」

「違う! 掲載されている場所を考えて! 怒られるかもしれないでしょ!」

 発言がメタい。

 一応言っておくと、窓から見える景色は完全に冬。

 雪こそ降っていないが、落葉した木々と、その枯れ葉を舞い上げる風は寒々しさを感じさせ、『ちょっと外に出てお花見を』なんて季節ではまったくない。

「では何ですか? ハルカ。この時季に見られる花なんて限られると思いますが……」

 ナツキが『はて』と小首を傾げれば、考え込んでいたユキがポンと手を打つ。

「あ、もしかしてアレかな?」

 そして、人差し指を自分の頬に当ててにぱっと笑い、言葉を続ける。

「あたしたちという、美しい花を愛でようと――」

「「「ぷっ!」」」

 ユキがその言葉を言い切る前に、全員が――ナツキとハルカも含め――失笑する。

「ひ、酷い! 冗談だったけど! 冗談だったけど!! 全員で笑うとか、酷い!」

 俺は笑いを堪えつつ、両手をブンブンと振って抗議するユキの頭をポンポンと撫で、フォローを入れる。

「うんうん、ユキは花だな。立っても、座っても、歩いても、向日葵みたいな花だよな」

「……褒めてくれてる?」

「もちろん」

 上目遣いで聞いてくるユキに、俺は深く頷く。

 褒める気がないなら、ラフレシアとか、ウツボカズラとか、言ってる。

 ――もっともウツボカズラのうつぼって葉っぱの部分で、花自体は目立たない小さな花なんだけど。

「ちなみに、ナツキだと?」

「芍薬、牡丹、百合の三点セット」

 考えることもなく俺が即答すれば、ユキが『むきーっ!』と両手を突き上げた。

「差別だ!」

「いや、だって、ねぇ?」

 同意を求めれば、ナツキは困ったように笑うだけだが、トーヤとハルカは苦笑しながらも頷く。

「ジャンルの違いだな。向日葵だって捨てたもんじゃないぞ?」

「そうかな? 自信持って良いかな?」

「うん。だってほら、種とか食べられるし?」

 なんか知らないけど、大リーグの選手には人気だよね?

「微妙!」

「食用油が絞れるし?」

 俺は使ったことないけど。

「やっぱ食べ物!?」

「世界的巨匠から人気だし?」

「そうだね! 何枚も描いてるもんね! でもあの人、結構アレな人だから!」

 まぁね。画家と言いつつ、絵、一枚しか売れてないもんね。

 職業になってないよね、それ。

 ぶっちゃけ、ヒモである。

 好かれて嬉しい相手かというと……いや、花の話だけどね?

「そんなことより、ナオはどうなの? 好きなの?」

「俺? 結構好きかな? 明るい感じが」

「そ、そうなんだ。なら良いけど……」

 ちょっと頬を染めたユキが、視線を逸らす。

「ユキ、花のことだからね?」

「わ、解ってる!」

 ジト目のハルカに念を押され、コクリと頷くユキ。

「あー、でも難点はあれだな。たまにぐんぐん伸びて、高くなりすぎて花が見づらかったり、途中でポッキリ折れたりするところが……」

「あ、あたしはそんなに伸びないから――」

「……花のことですよ?」

「わ、解ってる!」

 今度はナツキがジト目になり、再びコクリと頷くユキ。

「支えてあげると良いと思うよ! あと、時期をみることも重要だよ!」

「……花のことよね?」

「花のことだよ!」

 強く断言するユキをハルカとナツキの視線が撫でるが、そこに嘴を容れたのは呆れたような声のトーヤだった。

「おーい、話がズレてんぞ? それでハルカ、見るのが『花(笑)』じゃないなら、何なんだ? エア花見――気分だけとか? 美味い物が食えるなら、オレはそれでも構わねぇけど」

「それなら普通にパーティーって言うわよ。実は今朝早く邪神さんがやってきて、『頑張っている人たちの気晴らしになれば』とか言って、この扉を設置してくれたの。これをくぐると、お花見ができる場所に行けるらしいわ」

 肩をすくめたハルカが示すのは、真っ黒で、何だか怪しげな雰囲気を漂わせた扉。

 もしも張り紙をするなら、『立入禁止』だろうか。

「ほほぅ、邪神さんが――って、ちょっと待て。邪神さん?」

 ちょっと聞き捨てならない言葉。

 俺が本当かと聞き返せば、ハルカは何とも表現に困るような表情で半笑いになり、頷く。

「うん。ふらっと、『やっほー』とか、軽いノリでやってきた」

 そんな、アホな――と言い切れないか。

 やりそうな感じの邪神さんだったし。

「そもそも、さりげなく紹介してくれたが、この扉はどこにあるんだ? 書籍版時間軸だと、俺たち、まだ家を持ってないよな? 宿か? 宿に勝手に設置したのか?」

「大丈夫! 四巻の終わりには、マイホームが完成するから!」

 自信満々に、再びメタい発言をするハルカ。

 良いのか、これ?

 ――良いのだろう。細かいことは気にしなくても。


    ◇    ◇    ◇


 お花見には準備が必要である。

 場所取り?

 早朝からシートを敷いて、一人寂しく?

 うん、本来ならそれも必要だが、今回は邪神さんプロデュース。

 たぶん必要ない。

 そうじゃなく、花とくれば団子。

 むしろ団子が主役。育ち盛りの俺たちには。

 そんなわけで、お花見の準備に取り掛かる俺たち。

『団子』の方はハルカたちに任せ、俺とトーヤは敷物と飲み物を準備する。

「他に必要な物は……何がある? トーヤ」

 さすがにこれだけでは、とトーヤに話を振れば、腕を組んで少し考え込んだ。

「花見なんて、最近ご無沙汰だったしなぁ……一発芸?」

「サラリーマンかっ! この面子で一発芸をして誰が喜ぶ!?」

「笑わせてくれるなら、オレは喜ぶが。ただし、オレ、お笑いには厳しいぞ? ノリと勢いだけじゃ笑ってやれねぇ」

 ニヤリと笑うトーヤに、俺は「ふむ」と頷く。

「良し解った。ボケとネタ振りはお前な」

「一発芸、オレがやるのかよ!? ナオ、お前は?」

「当然ツッコミ。トーヤが何を言おうと、俺はただツッコむ」

「お前、らくしすぎ!」

「なんでやねん」

 ズビシッ!

「今の、ツッコミどころちゃうから!」

「なんでやねん」

 ズビシッ!

「いや、痛いから! 力強すぎだから!」

「なんでやねん」

 ズビシッ!

「待て待て! 笑いどころがないから!」

「なんでやねん」

 ――パシッ。

 俺の拳がトーヤに受け止められた。

「だから待て! そもそも、どつき漫才は世間の目が厳しいぞ? 下手なことしたら、SNSで炎上するからな、最近は」

「なるほど、トーヤは炎上芸がお好みか? 今ならできるぞ。『火矢ファイア・アロー』で良いか?」

「それ、炎上違いだから! リアルに燃えるやつだから!」

「「どうも、ありがとうございました!」」

「「………」」

 顔を見合わせて、沈黙する俺たち。

「……うん、ダメだな」

「……あぁ、オレたちに笑いの才能はない」

 俺たちは一発芸を素直に諦め、静かに『団子』ができあがるのを待つのだった。


    ◇    ◇    ◇


 ハルカが開けた扉の向こうは、白く輝き何も見えなかった。

 やっぱこれって、『立入禁止』じゃなかろーか?

 そんなことも思ったが、今更である。

「それじゃ、行くわよ?」

 重箱を包んだ風呂敷を両手に携え、俺たちは扉をくぐる。

 次の瞬間、目に飛び込んできたのは咲き乱れる桜の花だった。

 既に花は満開。周囲には一切の人影が見えず、そよぐ風ではらり、はらりと薄紅色の花びらが舞い散るその様子は、幻想的な雰囲気すら感じさせる。

 あまりの見事さに俺は言葉を失い、口を開けて桜を見上げた。

「……わぁ」

 誰かが漏らした声が耳に届くが、この光景の前ではそれも仕方ないだろう。

 むしろ、これを目にして心動かされない人がいようか。

 ただ静かに、魂でも抜かれたかのように桜の木を見上げる俺たち。

 ――どのくらいの間、そうしていただろうか。

 そんな幽玄とも言える一時ひとときは無粋な声によって失われた。

「――うぺっ! は、花びらが口に入った!」

 趣ある空気をぶち壊し、ぺっ、ぺっ、と唾を吐き出しているトーヤに、全員の視線が突き刺さる。

「トーヤ、口は閉じておきなさいよ……」

 呆れたようなハルカの声。

 俺も慌てて開いていた口を閉じ、それに追従する。

「そ、そうだな。雰囲気を壊すのは良くないぞ?」

 ナツキから向けられた、微妙な視線は見えないことにして。

「いやいや、これはボケーッと見上げてしまうのも仕方ないだろ? ここ最近、こんなに見事な桜を見る機会もなかったからなぁ」

「それは……私も同感だけど」

「うん、確かに凄いよね。ここ何処だろ?」

「ソメイヨシノがこんなに植えられているあたり、日本のように思えますが、この時季に人がまったくいないのは……。いえ、いても困るんですけど」

 俺たちの服装はハルカたちのお手製なので、現代日本でもそこまで違和感のある格好ではないが、ナツキとユキはともかく、他三人は種族が違う。

 俺とハルカはまだしも、耳と尻尾を放り出したままのトーヤは言い訳が立たない。

 いや、最近なら、コスプレと言い張れないこともない、か?

 ――無理か。トーヤの耳、頭の上にしかないからなぁ。

 犬耳カチューシャと誤魔化すのは厳しすぎる。

「場所は知らないけど、邪神さん曰く『諸般の事情で人が来ることはない』らしいわよ?」

「なるほど、神がそう言うのなら……。まぁ、ひとまず腰を落ち着かせようか」

 折角準備をしてきたのだ。立って見ることもない。

 俺が一際ひときわ立派な桜の木の下に敷物を敷けば、ハルカたちも重箱を開け、その上に並べ始めた。

 花見ということを意識してか、そこに詰められた料理は和食風。

 米がないため、炭水化物が焼きうどんというのがちょっと微妙だが……そこは無理に和食に寄せなくても、素直にサンドイッチでも良かった気がする。

 もちろん、作ってもらった物に文句など口にしない。

 ありがたく頂くのみである。

「そいじゃ、駆けつけ一杯」

 トーヤから差し出されたグラスを受け取り、シュワシュワと泡立つ飲み物を――。

「おぉ、すまないな……って、これ、どっから持ってきた!?」

 綺麗なグラスに炭酸。

 そのいずれも俺は用意していないし、用意しようと思ってもできない代物。

 当然それは、トーヤであっても変わらない。

「これか? そこに『飲んで良いよ』と書いて置いてあった」

 言われるままにトーヤが指さす方を見れば、そこには何故か巨大なクーラーボックスが。

 そしてその前面には『好きに飲んでね♪ by.アフターサービスもバッチリな神』との張り紙。

 ご丁寧に、その横にはグラスなどの食器類も並べられている。

「……さっきまで、こんな物なかったわよね?」

「うん。あったら、ナオが敷物を敷く時に気付いてるよ」

「さすがは神様、なのでしょうか?」

 素直に喜んで良いものかと、明らかな困惑を顔に浮かべるハルカたち。

 それは俺も同じで、思わずグラスをまじまじと見つめてしまったのだが、トーヤは気にした様子もなく、やや強引にグラスを全員に持たせる。

「良いんじゃね? 気にしてもしゃーないだろ? さ、さ、乾杯しようぜ!」

 彼は久しぶりに飲める炭酸が嬉しいのか、笑顔で全員に飲み物を注ぐと、元気よくグラスを突き上げる。

「かんぱーい!」

「「「か、かんぱーい……」」」

 グビッと飲み干すトーヤと、やや戸惑いながらもトーヤに唱和し、グラスに口を付ける俺たち。

 だが、久しぶりの炭酸ジュースはとても甘くて、シュワッと弾ける感覚が懐かしい。

「ゴクゴク。……ん? ちょっと喉が熱くなるようなこの感じは……酒じゃねぇか!?」

 慌ててトーヤを見れば、彼は空になった自分のグラスに追加を注いでいた。

 そして、その缶には瑞々しい果物の絵と共に『お酒』の表記が大きくバッチリと。

 是非もなく、お酒である。

「お? 言ってなかったな? これ、チューハイだぞ?」


(※注意。ナオたちは非実在青少年です。現実の法律には縛られません)


「何故それを、ごく自然に注ぐ!?」

 ダメだろ、飲んじゃ!

「いや、一〇歩ぐらい譲って自分で飲むのは自由だが、全員のグラスに注ぐな!」

「えー、こんなん、ジュースみたいなもんだろ? 甘いし」

「でっかく『ストロング』とか書いてあるんだが!? そして、甘さは関係ない!」

 その甘さに騙されて、逆に危ないんじゃないか!?


(※ストロングなチューハイは飲みやすくても危険です。大人も注意しましょう)


「ハルカたちは大丈夫か?」

「大丈夫だけど……私はあんまり好きじゃないわね。アルコール臭がきついというか」

「んー、甘くて美味しいよ? あたしも、アルコール臭はいらないけど」

「私も大丈夫ですが、これは一杯で十分ですね」

 全員、乾杯と共に普通に飲み干していた。

 本当に大丈夫なのだろうか?

「気にしても仕方ないわよ。向こうだと、普通にお酒を飲んでる年齢なんだし」

「ですね。折角ですから、他のお酒も飲みましょう。戻れば、もう飲めませんから」

「そう言われると……そうなんだよな」

「そうだよ。良い機会だよ! あたしなんて、ほとんどお酒飲んだことないし」

 邪神さんの気まぐれがなければ、こちらのお酒を飲むことなど、もう二度とできないわけで。

 俺もしっかりと味わっておくべきか?

「ただ、お酒だけ飲むのも身体に悪いから、料理も一緒にね」

「あぁ、ありがとう」

 ハルカが差し出す重箱から料理を摘まみ、チューハイを飲む。

 うん、料理は美味いし言うことないのだが、甘いお酒は微妙に合わないな。

 そう思ったのはナツキも同じだったのか、俺のグラスが空いたところでトーヤに別のお酒を求めた。

「トーヤくん、次はもうちょっと辛口のをください」

「辛口? そんなこと言われてもよく判らねぇけど……、じゃあ、これで」

 クーラーボックスの前でゴソゴソやっていたトーヤから、グラスが回ってくる。

「今度のは透明だな? 見た目は水みたいだが」

「だろ? だからたぶん、クセがないんじゃないか?」

 お酒ってそんなに単純な物か?

 見た目は水みたいでも、日本酒なんかは複雑な味をしていると思うが。

 取りあえず一口。

「――かっ!! こ、これって飲んで大丈夫なやつか?」

 喉が焼けるような感覚に、図らずも変な声が出る。

 正直、飲み込むのを身体が拒否するような飲み物。

 いや、分類的には酒なんだろうけど、ストレートで飲むようなもの? これ。

「ん? 別に心配ないと思うぞ? シンプルなラベルだったけど、日本語だったし」

 何、その日本語に対する無根拠な信頼感!?

「他に何か書いてなかったか?」

「ん~? 77とか書いてあった?」

「それ、たぶんアルコール度数!」


(※実在の商品、名称、サービス等には一切関係ありません)


「普通に燃える濃度だぞ、その濃度は!」

 仮にそれがアルコール度数の数字じゃなくても、口に含んだ時の感じからして、どう考えても、それくらいにヤバい!

「へぇ、このお酒、燃えるんだ? 火、付けてみても良い?」

「危ないから――」

「よっしゃ! ――ぶはぁぁ!」

「『着火イグナイト』!」

 阿吽の呼吸で、トーヤが霧状にお酒を噴き出し、それにユキが火を付ける。

「ダメ――って言う前にやるな!!」

 ボウッと音を立てて、一瞬で燃えるお酒。


(※高濃度アルコールはかなりの危険物です。取り扱いには気を付けましょう)


 しかし音だけ。大道芸みたいに、炎を吹いているようには見えない。

「あははははは! 地味ぃ~! ほとんど炎が見えない!」

 トーヤをバシバシ叩きながら、笑い声を上げるユキ。

 酔ってる? 酔ってるよな?

 まだグラスに一杯だぞ?

 ――ストロングではあるけれど。

「大半がエタノールですから、赤くは燃えないですよね」

「いや、ナツキ、そんな冷静に――」

「へー、そうなんだぁ。燃やしてみよ。わぁ、青白く燃えるー、はははは!」

 一瞬の躊躇もなく、グラスのお酒に火を付けるユキ。


(※そこまで高濃度じゃなくてもお酒は燃えます。良い子は火を付けてはいけません)


「だから燃やすな!? 大丈夫なのか? グラスに火を付けて」

「火を付けるカクテルもあるから、グラスは大丈夫だと思うけど……」

「火が消える頃には良い感じに酒精が飛んでいるかもしれませんよ? ――まぁ、ユキは既に手遅れみたいですが」

「あははははっ、手遅れってなにぃ? あははは!」

 困ったように眉尻を下げるナツキの背中を、パシパシと叩くユキ。

 完璧、酔っ払ってる。

「た、質の悪い酔い方を……。ナツキとハルカは大丈夫か?」

「少しは酔った気もするけど、それぐらいかしら」

「私は全然……【頑強】スキルのおかげでしょうか?」

 そういえば、ユキって一番レベルが低かったな。

 本当に【頑強】がアルコール耐性に影響するのかは不明ではあるが。

 ユキも言動は混乱状態だが、陽気なだけで顔色とかは別に悪くない。

「……まぁ、体調に問題がないなら良いか。俺たちは落ち着いて飲もうか」

 何か軽めのお酒はないものかとクーラーボックスを覗き込めば、中には想像以上に大量のお酒が詰め込まれ、その後ろ側にも常温状態の酒瓶が何本も並んでいる。

「邪神さん、こんな大量のお酒、どこから……」

「かなり高価なウィスキーもありますね。これなんて、入手困難ですよ?」

「神様だもの。不思議な力でチョチョイのチョイ、じゃない?」


(※当然、不思議な力で出しました。ネトオクなんかには手を出していませんので、ご安心ください)


「邪神さんがコンビニで買ってたら面白いよねー。年齢確認ボタン、押すのかな? あ、でも、あの外見なら、その前に拒否されるか。あはははは!」

 くだらないことを自分で言って、自分で大笑いするユキ。

 もう完全に酔っ払いの言動である。

「は~ぁ、笑ったら喉渇いちゃった。――あ、まだ燃えてるし。えいっ」

 一頻ひとしきり笑い、一息ついたユキはまだ燃えていたグラスに目を留めると、何を思ったか、その中にジュースをぶち込みんで火を消し、そのまま一気飲み。

「「「あっ……」」」

「ゴク。……くけけけけっ!」

 明らかにヤバげな笑い声を上げたかと思うと、白目を剥いてコテンと倒れた。

 さすが酔っ払い、行動が読めない。

 ――とか言ってる場合じゃない!

「ユ、ユキ!? 大丈夫か?」

「――脈はやや速いですが、正常です。ハルカ、取りあえず『毒治癒キュア・ポイズン』を」

「そ、そうね。『毒治癒キュア・ポイズン』」

 慌てて駆け寄ったナツキとハルカが診察し、治癒魔法をかける。

 その効果かどうかは不明だが、顔色は悪くない、か?

 いや、むしろ赤く染まった顔を「ふへへぇ」とだらしなく緩め、笑っている。

 その表情を見たハルカとナツキが、疲れたようにため息をついた。

「……うん、寝かせておいてあげましょ」

「そうですね。――ナオくん、あまり女の子の寝顔を見るものじゃありませんよ?」

 ちろりと流されたナツキの視線に、俺は慌てて目を背ける。

「そ、そうだな。てか、トーヤはどうした?」

 あれだけドタバタしていたのに、何の反応もないとか――。

「トーヤくんなら、既に寝てますよ? お弁当を食べて」

 ナツキが指さす方を見れば、空になった重箱を複数、身体の周りに放置して、仰向けのまま寝ているトーヤの姿が。

「早っ!? 花見はどうした!」

 花より団子にしても酷すぎだろ!

「トーヤくんも、慣れてないのに強いお酒を飲んだのが原因でしょうね」

「どうしてこうなった……」

 俺は思わず空を見上げる。

 そこには変わらず咲き誇る桜の花。

 扉をくぐった時には、風雅なお花見って感じだったのに……。

 それが僅かな時間でカオスになった。

 ただ酒が入っただけで。

 まだ開始三〇分も経ってないぞ?

 くっ! さすがは邪神、こんな時でも地雷の埋設を忘れない!!

 ――いや、半分以上、自爆なんだが。

「よし、仕切り直そう」

 俺はトーヤとユキを、そそっと敷物の隅に転がすと、そこに背を向けて座り、中身の残っている重箱を並べ直す。

 そして、ハルカとナツキに左右の席を、ささっと勧める。

「俺たちだけでも、雅やかに花見と洒落込もうじゃないか」

「あぁ、目を背けることに決めたのね」

「当たり前や! 人生最後の花見やぞ!? 酔っ払いには構ってられへんわ!」

 チラリと俺の背後に目をやったハルカに対し、俺は力強く宣言する。

「ナオ、口調が変になってるから。――でも、そうなのよね。少なくともソメイヨシノを見ることは、もう……」

 どこかしんみりとハルカが上を見上げれば、ナツキも「ほぅ」とため息を漏らす。

「邪神さんにどのような意図があるのかは不明ですが、何度もあることではないでしょうからね……今は楽しみましょうか」

「だろ? ということで、俺たちは観桜の宴と洒落込もうじゃないか」

「それでは失礼して」

 俺がパシパシと敷物を叩けば、ナツキが左隣に腰を下ろし、ハルカは盃と酒瓶を持って右隣に座る。

「雰囲気重視ということで、盃と日本酒を持ってきたわよ」

「……何故にある? 朱塗りの盃」

 差し出されたのは、精緻な鳥の絵が描かれた朱塗りの盃。

 本当に異世界の神か? あの邪神さん。

「随分と良い物ですね。蒔絵が施してありますし……」

「残念ながら、瓶子へいしはなかったけどね。それじゃ、ナオ、一献」

「あぁ、ありがとう」

 受け取った盃に、ハルカから酒が注がれる。

 ふわりと立ち上る花のような香りは桜の香りか、酒の香りか。

 ざぁっと吹き抜けた風で水鏡が乱れ、ハルカとナツキの笑顔が揺れた。

 舞い散る桜の花びらが一片ひとひら、はらりと盃に彩りを添える。

 俺はもう一度桜の木を見上げると、静かにそれに口付けた。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close