一:一億年ボタンと時の世界 1

 アレン=ロードル、十五歳。

 俺には──けんじゆつの才がなかった。いっそ自分でも情けなくなるほど、無才で無能な剣士だ。しかしそれでも、毎日毎日ひたすらしやに剣をった。だれよりも多く、誰よりも長く、ただひたすらに剣を振り続けた。

『努力は必ず実を結ぶ』──母さんがそう言ってくれたからだ。

 彼女は女手一つで、俺をここまで育ててくれた。父さんは俺がまだ赤んぼうころに、流行はややまいで死んでしまったそうだ。誠実で実直な人だったと聞いているけど……。顔も覚えてなければ、いつしよにいたおくもない。だから、正直なところあまりピンとこない。何でも真っ黒なかみは母さん似で、くっきりとした目は父さん似らしい。

 小さい時のことはそんなに覚えていないけど、それでも母さんが俺のために毎日身を粉にして働いてくれたことだけは、しっかりと記憶している。

 俺が今通っているグラン剣術学院の入学費と授業料だって、彼女が少ない給金を何年もめてめんしてくれたものだ。

 だから学院で『落第剣士』とさげすまれても、クラスメイトにいじめられても、先生からやつかいものあつかいされても──どんなに苦しい毎日でも、絶対にサボることはしなかった。

 人の何倍も何十倍も努力して、いつかきっと立派な剣士になる。そしていつの日か、これまで苦労をけた母さんに楽な暮らしをさせてあげるんだ。そう思って、ずっと剣術学院でがんってきた。だけど、そんな努力も明日には──すべて水のあわとなる。

 きっかけは、今日の夕暮れのことだ。

 俺がいつものように校庭で一人剣を振っていると、同じクラスのドドリエルが取り巻きの女子二人を引き連れてやってきた。

 ドドリエル=バートン。

 よく目立つ青い髪を後ろでまとめた、バートンだんしやく家の長男坊。身長は俺と同じ、百六十五センチほど。目鼻立ちの整った顔で、いつも周りに女生徒をはべらせている。そして何より、たぐいまれな剣術の才能を持った──いわゆる『天才剣士』というやつだ。

 こいつのことはだいきらいだった。いつも俺のことを『落第剣士』と蔑み、いじめてくるからだ。だんならば聞こえてないふりをして、ドドリエルのいやをやり過ごす。

 だけど今日は、どうしても聞きのがせないことを言われた。

「取り消せよ……今の言葉……!」

「おいおい、本当のことを言われたからってそう熱くなるなよ……アレン? 子どもがゴミなら、親もゴミ──別におかしなことは言ってないだろう?」

「ドドリエル、お前……っ!」

 俺はカッとなって、やつむなぐらつかみかかった。

「ちっ……うすぎたない手で僕にさわるな! 落第剣士ぜいが!」

 ドドリエルは大きな舌打ちをして、目にも留まらぬ動きで俺の腹をり付けた。

「か、は……っ!?」

 大人顔負けの横蹴り──そのすさまじいりよくに、俺は大きく後ろへき飛んだ。

 そうしてみっともなくしりもちをつくと、取り巻きの女生徒がクスクスと楽しげに笑う。

 俺はずかしい思いをしながら、すぐに立ち上がって奴をにらみ付けた。

「お前の言う通り、確かに俺は才能のないゴミかもしれない……。でもな、だからって母さんをゴミだとは言わせないぞ!」

 指を差してそう言い放つと、ドドリエルはかたすくめてため息をついた。

「はぁ……カエルの子はカエルって言うだろ? お前みたいなゴミの親はゴミだって、昔から相場が決まっているんだよ」

 奴は心底同情するようにあざけりながらそう言った。

「お、お前……!」

 たびかさなるちようはつによってまんの限界をえた俺は、感情のまま手に持つ剣をドドリエルへ向けた。しかし、奴はそれを気にも留めず、すずしい顔をして口を開く。

「おやおやぁ、そんなことしていいのかい? それ以上は学則はんになるぞ?」

「ぐ……っ」

 生徒同士の剣を用いた『とう』は、学則によって禁止されている。これを破れば、停学や退学といった厳しい処分が下る。

 もしも学院で最底辺の俺が私闘を演じれば……ちがいなく退学処分となるだろう。

「もちろん、私闘はしない。その代わり……ドドリエル=バートン! お前に『決闘』を申し込む!」

「へぇ……。落第剣士のお前が、学院きっての天才剣士であるこの僕に決闘を……?」

「あぁ、そうだ! 俺が勝ったら、さっきの発言はてつかいしてもらう!」

「あは! おもしろい……おもしろいよ、アレン! いいよ、もしお前が勝ったら、さっきの発言を取り消してあげるよ! 何なら頭でも何でも下げてやるさ! ただし、もしお前が負けたら──」

 奴はそこで言葉を切ると、いやらしく口角をり上げた。

「……もし、俺が負けたら?」

「そうだなぁ……その時はその場ですぐに、この学院をめてもらおうか」

「なっ!?」

 ドドリエルがき付けた条件は、とんでもないものだった。

「当然だろ? 決闘はたがいにのぞまなければならない──そんなことも知らないのかい?」

「し、知ってるさ! でも、いくらなんでもこれじゃ、り合いが取れてないだろ!?」

 片や前言の撤回。片や学院の退学。こんなもの対等な条件とは言えない。

「おいおい……。何をかんちがいしているんだ、落第剣士さん? お前が学院を辞めることにそんな価値はないんだ。というかそもそも──にそんな価値はないんだよ?」

「……っ」

 くやしいけど、とつに反論することができなかった。全てあいつの言う通りだからだ。俺の成績は、グラン剣術学院でぶっちぎりの最下位。成績しんを理由にして、いつ辞めさせられてもおかしくないじようきようだ。そんな俺が学院を辞めることに……確かに価値はない。

「……わかった。その条件で決闘を申し込む……!」

「あぁ、受けてやろう! 日時は明朝の九時──場所は体育館でどうだい?」

「それで構わない」

「くくっ。決闘の申し込み手続きは、僕が済ませといてあげるよ。アレンはせめて決闘が決闘として成立するように、お得意の『努力』をしてせいいつぱいがんるがいいさ。……まっ、どうせな努力に終わることはわかりきっているけどね。あっははははははは!」

 こうして俺は明日、天才剣士ドドリエルと決闘することになった。

 今思えば、なんて鹿なことをしてしまったんだろうな。

(だけど、もしまた同じことを言われたとしたら……。きっとあのときと同じように決闘を申し込んでいただろう……)

 母さんを馬鹿にされて、だまっていられるほど俺はくさっていない。

(でも、ドドリエルは強い……)

 あいつはしようしんしようめいの『天才剣士』だ。大して練習もしていないのに、まるでスポンジのようにどんなわざもすぐ自分のものにする。

 うわさによれば、都の名門剣術学院『五学院』からすいせん入学の話まできているとか……。

(あいつが俺より強いことなんて、百も承知だ……。それでも明日だけは、絶対に負けられない……!)

 明日の決闘には、俺の学院退学が掛かっている。それに何より、ドドリエルがいた母さんへのじよくを撤回させなければならない。

 そうして奴と別れた俺はいつたんりようへ帰り、それからすぐに剣を片手に森へ向かった。

 いつもりをしている場所に着いた後は、一心不乱に剣を振るう。

「ふっ、はっ、せいっ……!」

 ひたすらに我武者羅にしや──ただもくもくと剣を振り続けた。何もやけくそになったのではない。俺にはしかできないのだ。

 入学したての頃、俺は剣術学院の先生たちに頭を下げて、流派に入れてもらえるようたのみ込んだ。しかし、

「──残念ながらお前には剣術の才能がない。うちの門をくぐらせることはできんな」

「おいおいおい! こんなヘボイ剣で、よくもまぁずかし気もなく『にしてくれ』何て言えたもんだなぁ?」

「『身のほど』って言葉、知っているかしら……?」

 全てきっぱりと断られてしまった。まるで取り付く島もなかった。だから俺は、剣の型も筋もわざも──何も知らない。授業で教えられたのは、素振りの仕方と体のきたえ方だけだ。

 だから俺が『しゆぎよう』としてできるのは、こうしてただちよくに剣を振ることだけだった。

 それからしばらくして月明かりが周囲を照らし始めた頃、ついに剣を振る手が止まった。

「は、はは、ははははは……っ!」

 自然とかわいた笑いがこぼれた。

「馬鹿だなぁ、俺……っ。こんなことやったって、勝てるわけがないのになぁ……っ!」

 我武者羅に剣を振ったところで、きっとなんの意味もない。どうせ俺は明日、あの天才剣士に敗れる。それも見るも無残なざんぱいだ。

 俺とドドリエルの差は、たった一日でどうこうできるものではない。

(悔しい……っ。悔しい悔しい悔しい……ぐやじい!)

 悔しいけど、何度頭でシミュレートしても……あの天才に勝てるビジョンがかばない。

「どうしたら、いいんだよ……っ」

 悔しくて悔しくて、なみだあふれ落ちた。

(……勝ちたい。ドドリエルに勝って、母さんへの侮辱を撤回させたい……っ)

 だけど、俺には何もかもが足りていない。力が、才能が──そして何より時間が……。

「……ちくしよう!」

 自分の無力感に打ちひしがれた俺が、地面を強くなぐり付けたそのとき、

「──ひょっほっほっ。ずいぶんと思いなやんでいるようじゃな、若き剣士よ」

 とつじよ、頭上からしゃがれた声が聞こえた。

「だ、誰だ!?」

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 1

    月島秀一/もきゅ

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 2

    月島秀一/もきゅ

  • 一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 3

    一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた 落第剣士の学院無双 3

    月島秀一/もきゅ

Close