第一章『前線の街の青年』(8)

     ※


「つ、ぅ──あ、くそ、何が……」

 次に意識を取り戻したとき、俺は瓦礫の中に倒れていた。

 少しばかり気絶していたらしい。そう長い時間だったとは思いたくないが、辺りが少し薄暗い。もしかして夜になったのかと、ほんの一瞬だけ勘違いしかけたが、それは違う。

「足場が……崩れたのか。下に空洞があったんだ……」

 上を見ながら、俺はそう呟いた。

 大通りが爆発で崩落したということらしい。爆発自体には巻き込まれなかったが、すぐ下がトンネルになっているため足場が脆かったのだろう。余波で崩れてしまったようだ。

 前後を見回してみると、どうやらこの地下トンネルは大通りに沿っている。

「もしかして……結果的にはラッキー、か?」

 辺りに動くものの気配はなかった。

 上の大通り自体、あの戦闘型オートマタの縄張りだったのだろう。いずれまた別の機械生命スカヴェンジャーが寄ってくるだろうが、しばらくの間は安泰なはず。

 ──今のうちに、このトンネルを通ってしまえば塔まで辿り着けそうだ。

「いや……本当にそうか? 大丈夫か?」

 そもそもあのオートマタと戦闘になった経緯を思い出し、俺は少し不安になる。

 ちょっとしたトラウマだ。この思考が、楽なほうに流れているだけではないかと自分の心に確認を取る。と、

「あ、痛って……冷静になったら右腕めっちゃ痛くなってきた、あだだだ……」

 そもそも地上に戻ること自体がだいぶ億劫そうだ。

 悠長なことをしていては、遠からずやってくる別の個体に見つかる。

 これ以上の戦闘が現実的ではない以上、何もいないと祈って地下を進むべきか。

「……連中もアレで生き物だしな。こんな薄暗い地下に、好き好んで来る奴いないだろ」

 半ば以上、願望だ。

 でも今はそう判断する。

 俺は、この地下通路を進んでいくことにした。

その眼の曇りを晴らしたまえくらいよみちにたいまつを──《灯火ライト》」

 呪文詠唱プログラムコードによる魔術の行使。仄かな光を放つ球体を俺は目の前に浮かべた。

 魔力による小さな光源を作り出す、非常に初歩的な術だ。

 とはいえ、これも使えば使うほど魔力を喰う。あまり長くは使えない。

「むしろよく発動できたもんだ。知らん間に魔力量が成長してたんかな……?」

 だったらいいな、などと思いながら、指先で《灯火》を操作しつつトンネルを進む。

 こちらには、どうやら今度こそ本当に、機械生命スカヴェンジャーが潜んでいないらしい。

 無機質なグレーの壁の中を、まっすぐに進んでいくだけで目的地へ近づけていた。最初から地下に気づけていれば、どれほど楽だったか。詮もないこととはいえ考えてしまう。

「にしても妙に、なんつーか機械的だな……なんだここ?」

 考えたところで、旧文明のことなど何もわからない。

 やがて、トンネルの行き止まりについた。

 正確には階段に行き当たっており、上にも下にも続いてはいる。

 地下通路の終点らしい。ここを上に向かえば、目的地だった塔に続くはずだが。

「……下も、あるのか……」

 偶然に見つけた地下通路である。

 せっかくなら、この下へ続いている先も見ておきたかった。

「誰も来たことがない場所なら、何か新しい遺物が見つかるかもしれないし」

 ついでに見ていこう、と考えて、俺はあえて階段を下へ進んだ。

 階下には扉がひとつあった。

 あるいは、扉がひとつあるだけだったと言うべきか。

 上の塔に関係する施設の名残だろうか。

「ま、そもそも塔自体がなんの施設かすらわかんないけど……っと」

 扉の近くに備えられていた照明装置が、そのとき光を発した。

 思わず目を細める。長く放置された遺跡だというのに、いったいどういう技術だ。

 しばらく扉の前で辺りを探った。

 危険がないかの確認、というよりは単純に扉の開け方がわからなかったのだ。しばらく調べて、すぐ横の壁にあったパネルが操作盤になっていることを知る。

 それを操作して扉を開けた。

 部屋の中はやはり真っ暗だったが、俺が入った瞬間に照明が灯される。もう必要ないと判断して、俺は《灯火ライト》の魔術を破棄キャンセルする。

 そして見た。

「なん、だ……これ?」

 部屋の中央に鎮座していたのは、言うなれば黒い箱だった。

 それ以外に表現のしようもない物体である。

 そこから大小何本ものコードが部屋中に向かって延びていて、辺りの機器や壁、天井と繋がっている。その壁面や天井もなんらかの機械で、いわば部屋全体が旧界遺物だった。

 これは、いったいなんだろう。

 中央の黒い箱は、ちょうど人ひとりが納まりそうなサイズだ。棺を思わせる。

 あるいはこれは大発見なのかもしれないが、どうも俺の知識では手に負えそうにない。

 手に負える人間が、現代に存在するかどうかも疑わしかった。

 部屋の中央へと進む。

 なんの気なく、俺は黒い箱へと手を伸ばした。──


『生体認証:遺伝情報確認──ロックを解除します』


 聞き覚えのある音声。

 だが、それは俺に混乱しか招かない。

「な……はあ!?」

 それは、父の家に置いてある箱の声と完全に同じものだった。

 というか、よく見ればそもそも同じ箱なのだ。サイズが違うから結びつかなかった。

「いや、でも、なんで……俺が、開けられ、て──」

 俺が触れてロックが解除されたということは、俺が鍵に設定されていたということだ。

 意味がわからない。

 あるいは、親父が遺した《面白いもの》とはこれだったのだろうか。

 箱の表面を。赤い光が走っていく。

 直線的に──機械にとっての血管である回路を思わせるように。

 やがて、箱が開かれた。

「……っ」

 息を呑んで、どこか警戒しながら俺は箱の中身を見る。

 果たして開かれたブラックボックスの中には、想像できるはずもないものがいた。


 ヒト、だった。


 人間だ。少なくとも俺には、そうとしか見えないモノがいた。

 俺は完全に絶句する。目の前にある現実が、理解を遥かに超えている。

 年の頃は、俺より少し下──十代中盤くらいに見える。美しい銀髪の少女だった。

 身体には何も纏っていない。完全に裸で、胸元どころか局部まで露わになっている。

 ただ気になったのは、胸がまるで動いていないこと。わずかに膨らんだ胸部は、呼吸も鼓動も感じさせることはなく、よくできた人形か、さもなければ死体にしか見えない。

 本当に、死者を眠らせる棺だったのか。

 そんなことを一瞬、本気で思った俺の目の前で──直後。

 銀髪の少女が、その瞳を開いた。

 ぱちり、と開かれた紅く大きな眼は、吸い寄せられそうなほど美しい。

 俺は視線を逸らせなかった。

 だから当然、その少女とばっちり目が合ってしまう。

 それでも動けなかった。呼吸の仕方さえ忘れたみたいに、俺は呆然と瞳を見つめる。

「────」

 薄く瑞々しい少女の唇が、小さく動いて何か言葉を発していた。

 よく聞き取れない。ただなぜか、妙に幸せそうな声音を聞いた気がする。

「おはようございます。──いいえ、初めまして」

 再び、銀髪の少女は言った。

 俺は何も答えられない。ただ彼女が語る言葉を静かに聞く。


「私の名はウル。貴方に仕える一冊の記録」


 言いながら少女は箱を出ると、ゆっくりと柔らかな動きで俺の正面に下り立つ。

 思考が完全に凍結してしまった俺は、馬鹿みたいに彼女の名前を繰り返した。

「……ウ、ル……?」

「はい。貴方にその名を呼ばれることができて、とても安堵しています。──ですから」

「──え、」

 反応できなかった。油断を悔やむ以前に、動きがあまりにも速すぎたのだ。

 ただ気がつけば少女の拳は、俺の腹に突き刺さっていて──。

「これから、よろしくお願いします」

 実に柔らかな笑みで、実に晴れやかな口調で少女は言った。

 言っていることとやっていることが、あまりに違いすぎると思う暇さえなく。

 ──俺の意識は、そのまま闇に沈んでいった。


------------------------------

試し読みは以上です。


続きは2022年7月25日(月)発売

『ネームレス・レコード Hey ウル、世界の救い方を教えて』でお楽しみください!


※本ページ内の文章は制作中のものです。製品版と一部異なる場合があります。

------------------------------

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • ネームレス・レコード Heyウル、世界の救い方を教えて

    ネームレス・レコード Heyウル、世界の救い方を教えて

    涼暮皐/GreeN

  • 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります

    今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります

    涼暮皐/あやみ

  • ワキヤくんの主役理論

    ワキヤくんの主役理論

    涼暮皐/すし*

Close