シチュエーション02:依頼を請けよう

「どうやら、無事にパーティは組めたようですね」

 ほがらかな笑顔で言ったのは、ギルド支部長のロッソだ。

「それではさっそく、冒険の依頼を請けますか?」

「冒険をするためにパーティを組んだのだから、当然だな」

 ギステルドはきみを、ギルドカウンター前に立てられたけいばんへと連れていく。

 依頼書は、「せ物探し」の依頼から、果ては「雪山の主のドラゴン退治」まで、いろんな内容のものがり出されている。ほうしゆう額もやとい労働程度のものから、数年は遊んで暮らせそうなものまで、はばひろい。

「さて、初めての冒険となると、なるべくシンプルで簡単な依頼を選ぶべきだが──」

「悪者をやっつける依頼がいいと思います!」

 と、ジョー。

「簡単でお金がたくさんもらえる仕事がいいと思うわ。うふふ」

「そんな仕事があるか」

 タラサの意見は理想だが、ギステルドのツッコミのほうが現実だろう。

「それでは、こちらの依頼なんかどうですか?」

 異なる主張の三人を見て、ロッソが三枚の依頼書を提示する。

「まずひとつ目は、『新しく発見されたせきの探索』です。発見者からの情報だと、遺跡は小規模で、危険度は低そうだということです」

「ふむ。ダンジョン探索なら得意だぞ」

「二つ目は、『村を襲うゴブリン集団の退治』ですね。まだ村へのがいは小さいようですが、群れを成したゴブリンは、いつ集団で村を襲うかわかりませんから、早めの対処が必要です」

「悪いモンスターを退治! 任せてください!」

「三つ目は、『ぬすまれたくびかざりの発見』。こちら、依頼人がお金持ちで、報酬額も高めなのはいいんですが……その分、ややこしい事情がからんでいるかもしれません」

「うふふ。街の外に出なくていいのは楽ちんですし、お金がたくさんもらえるのはいいですわね~」

 三者三様、それぞれの依頼に対し、好みを口にする。

「これは〝きみ〟の最初の冒険だ。好きなものを選んでくれ」

 ギステルドの言う通り、最終的にどの依頼を請けるかを決めるのは、きみだ。

 さあ、どの依頼を請けよう?


選択肢1:冒険の代名詞と言えば、ダンジョン探索! 『遺跡探索』を請ける(こちら〔*9〕の頁へ)

選択肢2:冒険者なら、困った人を救わねば。『ゴブリン退治』を請ける(こちら〔*10〕の頁へ)

選択肢3:報酬は高いほうがいいに決まってる。『首飾りの発見』を請ける(こちら〔*11〕の頁へ)

選択肢4:冒険は、スリルとロマン! 『雪山の主のドラゴン退治』を請ける(こちら〔*12〕の頁へ)

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

Close