『家族と呼ぶには、ほど遠く。異性と呼ぶには、ほど近い。』親戚とのラブコメ作品【激推しラノベまとめ賞】

『家族と呼ぶには、ほど遠く。異性と呼ぶには、ほど近い。』親戚とのラブコメ作品【激推しラノベまとめ賞】

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 2
2023年01月31日
まとめたユーザーひとり #iloh6j
血の繋がった姉妹や、家族同然で育った幼馴染、突然暮らすことになった義理の家族など、様々なラブコメ作品が生まれている昨今。
それらには見られない、親戚特有のほど良い“距離感”と、異性を見るのを躊躇う“忌避感”。異性と家族を行ったり来たりする、その心理描写が素晴らしい!そんな作品のご紹介!
  • ここがオススメ!

    叔父と姪とラブコメ作品。
    3等親であり、結婚ができない彼らには、大まかに二つのハッピーエンディングが想像できました。

    法律的には認められずとも、周囲からの祝福を勝ち取り、一緒になるエンド。
    成長を見届け、大きくなった彼女のが幸せを見届けるエンド
    【大切な姪。好意を寄せてくれる姪。】
    彼女の将来を想像すると、不思議と心がささくれだす。そんな自分に嫌気が差す。
    応援するのか。執着するのか。あるいは逃げ出すのか。主人公の心の動きに非常に期待の寄せられる作品……でした。2巻打ち切りが本当に惜しい。
    投げっぱなしではなく、きちんと終わらせてくれています。ぜひ、ご自身の目で。

    • BookWalkerで購入する
  • たかが従姉妹との恋。

    たかが従姉妹との恋。

    (著)中西 鼎/ (イラスト)にゅむ

    ここがオススメ!

    反面、“結婚できる”従姉妹がヒロインである本作。
    祖父から相続した東京のマンションで、疎遠だった従姉妹たちと再会するところから物語は始まります。
    性差を意識せずに遊んでいた双子の従妹。4つ上の初恋の従姉。
    彼らの“いとことの恋”に対する価値観は、考えすらしないもの。意識してるもの。いないものなど、様々で…

    高校生の彼らを当たり前のように同じ部屋に寝かせる親たちや、簡単に部屋にあげてくれる初恋の人。ドキドキするとともに意識されていないと落胆する主人公。

    親戚特有のほど良い距離感とそこに異性を見るのを躊躇う忌避感。そんな環境が生み出す心理描写。ここにしかない魅力があります!

    • BookWalkerで購入する
『家族と呼ぶには、ほど遠く。異性と呼ぶには、ほど近い。』親戚とのラブコメ作品【激推しラノベまとめ賞】

『家族と呼ぶには、ほど遠く。異性と呼ぶには、ほど近い。』親戚とのラブコメ作品【激推しラノベまとめ賞】

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 2

このまとめを共有しよう!

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

今人気のラノベまとめ

  • 【年上お姉さんラブコメ】お姉さんはやっぱりいい!
    【年上お姉さんラブコメ】お姉さんはやっぱりいい!
    24
  • 銀中の名の下に、銀髪ヒロイン紹介!
    銀中の名の下に、銀髪ヒロイン紹介!
    1
  • 編集みみこの担当作です🐇🐇🐇
    編集みみこの担当作です🐇🐇🐇
    4
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル