<一>婚約と黒ウサギ③

 王宮でのはいえつから三日が経った。

 ウォルレット家の居間で、ひるから目覚めたアシュリーはぐうっとびをした。

 ソファーでうたた寝をしていたせいで、体の節々が痛い。

 天気のいい昼下がり、ぞう細工のテーブルのわきで母と妹が新しいドレスのを選んでいる。

 てんじようから垂れ下がったシャンデリアが、窓から入る日差しにきらめく。

 居間のすみには石造りの大きなだんが備え付けられているが、今の時季は暖かいので使っていない。そこへ、

「喜べ! アシュリーのこんやくが決まったぞ」と、父が満面の笑みで飛び込んできた。「お相手はなんと、あのサージェントこうしやくだ!」

「ええ──っ!?」

 アシュリーと母と妹は同時に叫んだ。

 サージェント家は十二代続くゆいしよただしきいえがらで、名高いじゆつを何人もはいしゆつしてきた名門である。

 四年前にくなった前侯爵には子供がおらず、しんせきに当たる今の若き当主に爵位をゆずった。

 財と地位を備えた二十一歳の侯爵は、さらにたぐいまれな美形であるとのうわさだ。ゆえに結婚相手として人気絶大なのだが、持ち込まれるえんだんを笑顔で断り続けている。

 しかも当の本人は、めつに社交界に姿を見せない。存在だけは広く知られているけれど、実際に姿を見た者は稀なのである。

 もちろん家に閉じこもるのが好きなアシュリーは、お目にかかったことなどない。

(それほどの方と私が? 一体どうして?)

 訳がわからない。こんわくするアシュリーに、

「なんと侯爵からの申し入れだぞ! 私のり仲間である王室長官が間を取り持ってくれてね。いや、めでたい!」

「なぜ──」

 なぜ王室長官が? という質問は、母と妹の興奮した声にかき消された。

「まあまあ! アシュリーったらすごいじゃないの。ないしよにしていたようだけど、きゆう殿でんでの拝謁でカエルのように転びかけたと、カダンはくしやくの奥様から聞いたのよ。この子はよめに行けるのかと本気で心配したけど、まさかのサージェント侯爵! さすが私のむすめだわ」

「お姉様、すごいじゃない! いっつも暗い部屋の中で、とんにくるまってごろごろしているだけだと思ってたけど。すごいわ、尊敬する!」

 宮殿でのこともだんの生態もばれていたのかと、ちょっと遠い目になった。

(それよりもサージェント侯爵と婚約したら、私、注目されるんじゃないかしら……?)

 あの侯爵の相手だ、さぞかしてきな令嬢だろうとみなから関心を持たれる気がする。

(そんなの嫌)

 光栄な話だと承知している。けれど決して目立たず、せまくてうすぐらい場所で静かに過ごしたいアシュリーには荷が重い。

 それにどうして自分が選ばれたのか、まるでわからない。

 決して人目をくような美女ではない。それに貴族の結婚相手として求められる、使用人をてきぱきと使ったり、サロンの人間関係をえんかつに回せるような社交的な性格でもないのに。

「めでたい話はこれだけじゃないんだ!」

 父の顔はこれ以上ないほど喜びに満ちている。なぜか嫌な予感がした。

「王室長官がこっそりと教えてくれたんだが、サージェント侯爵はなんと! 国王陛下の弟君であらせられるんだ!」

(えっ……?)

 聞き間違いだと思った。絶対に聞き間違いだ。だって、そうでないと──!

 しかし必死のいのりは、母と妹のかんぜつきように打ち破られた。

「あなた、それ本当なの!? じゃあ、うちは王族と親戚になれるのね!」

「弟君! それって三男のユーリ殿でん? それとも四男のジョッシュ殿下のこと? あれ、でもジョッシュ殿下はまだ十一歳になられたばかりよね。じゃあユーリ殿下がお相手なの?」

 父が首を横にった。

「いいや、次男のクライド殿下だよ」

 クライドは亡くなった前国王の二番目の息子むすこで、現国王のすぐ下の弟である。

 つまりは直系王族だ。恐怖ときようがくがアシュリーの体をつらぬいた。

 母と妹が顔を見合わせた。

「クライド殿下といえば、お体があまりごじようでなくて、宮殿の奥にこもっていらっしゃるのよね? 決して人前に出てこられないから、身近な王室関係者しかその姿をご覧になったことがないと聞いたわ」

「でも幼いころ──六、七歳くらいまではお元気で、ほかのご兄弟と一緒に人前にお出になっていたんでしょう? まるで天使のように愛らしいごようぼうだったって。ちょうどその頃に体調をくずされて、それ以来せっておられるのよね」

 父がうなずく。

「そう。その方だよ。クライド・ウォン・トルファ・サージェント侯だ。ただし病弱というのはうそだ。実際にクライド殿下にもお会いしたが、至ってご健康でおられる。サージェント家は王室と縁戚関係にあり、昔から特別こんにしておられるそうだ。クライド殿下は七歳で養子にいくと決まったが、それを快く思わない貴族たちもいる。内密にするために、病気だと嘘をつき人前に姿を見せられなくなったそうだ」

「だからサージェント家をがれた後も、おおやけに姿をお見せにならないのね」

「サージェント家って代々魔術師を輩出している名門だからか、どこか近寄りがたいというかなぞめいているわよね。でも、なるほどね。そういう事情もあったのね」

 わずかな王室関係者しか知らない情報を知り、家族はうれしそうに頷き合う。

 その横でアシュリーは一人、極限状態におちいっていた。

(無理! 絶対に無理だわ!!)

 激しいきよと同時に、左胸にするどい痛みを感じた。前世で兵士にひときされた場所だ。あの時の、体の中心から冷たくこおりつくようなきようが足元からい上がる。

 アシュリーは父に視線を向けた。

 伯爵家から上の侯爵家へ、しかも王族の申し込みを断るなんて有り得ない。平和な時代だから首までは飛ばないだろうが、アシュリー一家は確実に路頭に迷うだろう。

 それでも、それでも、これだけは絶対に無理だ。

(……待って。せめて侯爵の外見が、かみと目の色が、勇者と全くちがっておられたらえられるかもしれない)

 今世の大事な家族を困らせるわけにはいかない。いちの望みをかけて聞いた。

「お父様。侯爵の見た目は、その、どういった感じなのですか?」

「ああ、それは気になるよな。なんたってお前の婚約者だ」

「そのとおりです!!」

「……そうだな。しかし心配しなくてもだいじようだぞ。噂どおりのぼうであられた。父が思わず見とれてしまったほどに。よかったなあ、アシュリー」

 違う。もどかしくて何度も首を左右に振った。

 重要なのはそこではない。一番大事なことは──。

「ああ、それと前国王陛下お譲りの、というよりはトルファの功労者であられる勇者様お譲りの、見事な金の髪と緑色の目をしておられる。それはもう見事なほどに」

(無理だわ──っ!!)

 アシュリーは天をあおいだ。

 一縷の望みは完全に絶たれた。ああ、どうしよう。本当に無理だ。

「あの、お父様。本当に、本当に、心から申し訳ないと思うのですが──」

「まあ、あなた! そんないいお話、早くお受けしなくてはお相手に失礼じゃなくて?」

「大丈夫だよ。もうとっくにお受けした。王室長官と事務弁護士の立会いのもと、クライド殿下とこんいん資金や持参金などについてもお話をしてきた。すでにけいやく書に印も押してきたからね。安心しなさい、アシュリー」

(すでに婚約が成立しているのね……)

 目の前が真っ暗になるとはこのことである。

「いや、実にめでたい! これほどの幸運が我が家に降りかかろうとは。アシュリーのおかげだな。ああ、そうだ。侯爵が『事情があってサージェント家をはなれられない。だから悪いが、婚約期間はこちらにはそれほど来られないと思う』とおっしゃっていたよ」

「問題ないわ、あなた。アシュリーがあちらへ会いにいけばいいだけですもの。ああ、夢のようだわ! 留学中のカイルスにも知らせないとね」

「お兄様もびっくりするわよ。私も友人たちにまんしたいけど、こうしやくが王弟殿下だということは内密なのよね。まんするわ。でも本当にすごい。おめでとう、お姉様!」

 今にもたおれそうなアシュリーの前で、家族は喜色満面で居間を飛び回っていた。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 王弟殿下のお気に入り 転生しても天敵から逃げられないようです!?

    王弟殿下のお気に入り 転生しても天敵から逃げられないようです!?

    新山 サホ/comet

  • ドラゴンと王子の結婚生活

    ドラゴンと王子の結婚生活

    新山 サホ/麻先みち

Close