◆第三条 チヨダク王国は、みんな仲良し楽しい王国になることを誓う その3

 カポーン……


 温泉によくある竹の調度品が、お湯をこぼし、岩にぶつかり、和な音を立てた。

 その音色は、周囲を囲む最高裁の法廷棟、図書館棟に反響する。

「まさかここに温泉があるとはなぁ」


 ──リラックスタイムにするという、王女とシロに、ついていけば。

 『別荘』というのは最高裁判所の建物のことで。

 『温泉』とはその中庭に設けられた露天風呂のことだった──


「よく造ってある……石灯籠とか、手桶とか。ちゃんとしてて、温泉の匂いもする……」

 現実の最高裁は温泉なんて引いてないはず。この国の技術だろう。

 一足先に身体を洗って、「ふぅ……」と熱いお湯に、肩まで浸かった。

 体内の毛細血管が緩み、温かい血流が巡るのを感じる。

 急な異世界転移で疲れていた頭と心が、休らいでいく。

 空を見上げれば、闇夜の中に、星々が煌めいて。

 ここがファンタジー異世界であることを教えるように、二つの月が輝いていた。

「……あっくぅ~ん、そこにいるぅ?」

 訊いてくるのは、シャンプー中の姉。

「あっ、動かないでください。眼に入ってしまいます」

 その頭を洗い、流しているのは、メイド長の加藤シロだ。

「ここにいるよー」と返事する。

「わたくしもここにいますわぁ~」

 訊かれてないけど、脱衣所の方から、王女が応える。

 ピンクのメイド服を脱ぐのに時間がかかっているようだ。

(現実感が湧かないけど──)

 異世界にきた夜に、女子三人と露天風呂に入ることになりました。

 姉が、「あっくんと一緒がいい」とごねた結果です。

 せめて、そちらの方を見ないように努めているところです。

「おかゆいところ、ございませんか?」とは、メイド長の声。

「大丈夫……というか、メイド長さん、すごく上手いわ。テクニシャンね」

 湯船に浸りながら、女子二人のトークを背中で聞く。

「ありがとうございます。お客様をおもてなしするスキルくらい、当然です」

「んっ……そこ、気持ちいい……」艶めかしい声。

「ニホン人様のお体に初めて触れます。お肌が柔らかく、滑らかで、興味深いです。長く美しい黒髪に、細い身体に、大きなお胸……たいへん、お綺麗です」

「んぅ……そう? メイド長さんこそ……その尻尾、ポメラニアンみたい。とても素敵」

 その女の子に殺されかけてたんだけどな、と内心ツッコむ。

 実は可愛いものが好きな姉。獣人の存在を受け入れ始めた。

「そんな、ニホンの愛玩犬さんに喩えられるなんて、恐縮です」

「日本に来たら大人気アイドルよ。……そういえば、なんでうじが加藤なの?」

 ──ツッコミ漏らしていた、気になるところだ。

「この国に来た時に、授かりました。それまではただのシロでした」

「じゃあこの国、みんな日本みたいな氏なの?」

「いえ。ニホンの氏は、先王様がご自分の氏を伊藤に変えて、一部で流行したものです。王宮府の者の多くは王家の伊藤に近い氏にしていますが、国民の中ではいまだ少数です」

 なるほど。みんな日本人もどきな名前じゃなくて、ちょっと安心した。

「だからあの検察官の氏が斎藤なわけね」

「イレアナさんの元々の氏名は、もっとエルフらしく長かったそうです。ですがエルフとしての生を捨て、この国に尽くすために改名したのだと」

「はぁ、エルフ、ねぇ……」あまり興味なさそうな姉。

「首の凝り、ほぐしますね」

「んっ……あっ、そこっ。いいわ。重くて、凝っちゃって。ありがと」

「おもてなしスキルのうちです」

「ねえ、メイドさんの歴、十年になるって本当?」

「はい。幼少の頃より、エクスタシア様に仕えていますから」

「それって、自分の意思じゃないわ」

「シロの故郷は、代々、国に仕えるメイドを輩出しています。メイドは国を支えてきました。そういう一族なんです」

「……じゃあ、不満はないのね」

「不満なんてとんでもないです。エクスタシア様はこの世界を豊かにされています。エクスタシア様のお側で、護り、お手伝いする以上の生きがいなどありません。シロは、エクスタシア様が大好きです。……頭、流しますね」

 ザバアァァァ──……と、いう音がする。

 ツカ姉が聴き出した、王女と、従者の信頼関係……

(なかなか、イィ話だなぁ)

 なんて思っていたところ、「あっくんお待たせっ」ドプンっ、と姉が入ってきた。

「うわっ、ちょっとツカ姉っ」

「ねえねえ聴いた? お姉ちゃん、カルチャーショックよ。あんな可愛い子がねぇ……身売りなのかなって思ったんだけど──」姉は当然のように身体を寄せてきて、

 むにゅ。

 柔らかい、巨大なマシュマロのようなお胸が、俺の左半身に吸い付いてくる。

 水面下に、メロン大の柔らかな乳肉が、ふにゃりと変形しているのが見える。

「はひっ、くっついてこないでっ」身をよじる。

「えっ? なんでよぅ。お姉ちゃんと、よく一緒に入っていたじゃない」

 不満げに、唇を尖らせて、見つめてくるその顔──

 濡れた黒髪。長い睫毛に、整った顔立ちは、どう見てもアイドル級。

「それは俺が子どもだった時でしょっ」

 ドキドキしてきたのを隠すため、反論する、俺と姉の動きに、波が立ち。

 ヌルっと、湯船の中で足を滑らして、押し倒すように、密着してしまい、

「うわっ」

 ずりゅっずりゅっ──っと。

 自分の胸板に、二つの大きなお胸が這いずり回る感触に、

「きゃっ、あ、あっくん……」

 目の前、美少女の、濡れた唇──

(こ、これはツカ姉っこれはツカ姉っ)

 身体中の血流が熱くなる感覚に耐え、

「──のぼせたから、もう上がるね」

 と、できるだけ冷静に言って、湯船から上がった。そこを、

「じぃーっ」と、視ているのは犬耳のメイド長。

 その姿は、『シロ』と名札のついた、スクール水着を着ている。

「な、なんですかっ」

 危ない。手ぬぐいで局部を隠しながら言う。

「いえ、本物のニホン人様の、『ハダカノツキアイ』というのを観察しておりました」

 今のを、冷静に観察されると、けっこうキツいものがある。

「シロ~! わたくしもハダカノツキアイに参りますわぁ~」

 と、入口から無邪気な王女の声が聞こえる。

「はいっ」返事をした後、「念のためですが。その火照った姿でエクスタシア様に近づいたなら、お命、ここで──」と、無表情のメイド長。

「もう帰るからっ」

「見るのもダメです。眼を閉じてください」

「そんな」つらくなってきた。

 俺、なにも悪いことしてないよね。

「閉じました」

「ではこちらへ」

 ペタッ、ペタッ、と、メイド長の裸足の足音がする。

 足音を消せる女の子だ。誘導のつもりだろう。

 しばらく、ついていく。そして──

「もういいですよ」

 言われ、眼を開ければ、バスタオルを持ったメイド長が目前にいた。

 俺より少し小さい、その身体つきは、ムダなく引き締まり。

 伸びる水着の生地の下は、ほどよいサイズの微乳が収まっているように見えた。

「あの、なんでスク水なんですか」

「エクスタシア様が、オフロサイドでの正式衣装とされたからです」

 向き合う、メイド長の視線が、俺のむき出しの胸を見る。

「あなた様の身体つきは、平凡ですね」

「平均的な日本人だよ」

「クンクン……」

 無表情ながら、顔を寄せ、可愛らしい鼻先で、嗅いでくる、メイド長……

「危険な力を隠し持っていないか、確認したいと思っていまして」と、その視線が、下の方へと向かい──「手ぬぐい、取っていただけますか?」

「ないっ、ないですっ」

 泣きそうになりながら、脱衣所へと駆け、扉を閉めた。

「おジャッジ様、お待たせしましたわぁ。一緒に浮き輪でプカプカいたしましょ~」

「お風呂は浮き輪でプカプカするものじゃないわ」

「エクスタシア様、シロがシャンプーいたしますね──」

 ……女三人の会話を聞きながら、一人、用意されたバスローブを着る。

 切ない気持ちを覚えながら、他のメイドさんに、寝室に案内され。

 ファンタジー異世界初日の夜を終えた──

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    紅玉 ふくろう/jonsun

Close