◆第三条 チヨダク王国は、みんな仲良し楽しい王国になることを誓う その1

「「「「「チヨダク王国へ、ようこそ!

     わたしたちのおジャッジ様っ!」」」」」


 大法廷での、国宝破壊から、小一時間ほど経った頃。

 俺と姉は、この国の方々から、あらためてご挨拶を受けていた。

 場所は大法廷の手前、最高裁判所らしき建造物の中心、大ホール。

 石造りの壮大な空間に、大臣らしき人々、さらに何十人ものメイドさんたちが、整然と横に並び、みな一様に身体を『Y』のかたちにして万歳している。

 ご挨拶のセンターにいるのは、先ほどのピンクのメイド服の女の子で、

「わたくし、とうエクスタシア! 王女やってますの!」

 ハイテンションな、踊るような動き……タタタッと小走りで、目の前にやってきた。

 この女の子が、この王国のトップらしい。

 着ているのはピンクのメイド服ながらも、お姫様のような特徴的な形状をしている。ピンク髪の縦巻きロールのツインテールに、王族らしくティアラを乗っけている。

「ホンモノのニホン人様、お初にお目にかかりますわ! しかも千代田区民!」

 異常にキラキラした瞳で見上げてくる。すごく楽しそうで、口のかたちは『ヮ』みたいになっている。身長は165センチの俺より頭一つ分は小さい、小柄な身体で、お胸がペチャペチャだ。年齢は、十三か、十四歳くらいに見える。

「弟様のお言葉で、場が収まりましたわ! アクト様とお呼びしてよろしいかしらぁ?」

 俺の名前や、関係性とかは、姉の財布に入っていた緊急連絡先を読んだようだ。

「いいですよ。えっと、じゃあ俺は、」

「わたくしのことは、シンプルに呼び捨てで! それにタメ語でよろですわぁ!」

 と言いながら、白い絹の手袋をした小さな手で、俺の手をガシィ! と握り、ブンブン振るように握手した。そして隣に立つ姉を見る。

「『ハンマー』をなさったお姉様のツカサ様が、おジャッジ様なんですのね!」

「おジャッジ様って、裁判官のこと──かな?」

「そうとも言いますわぁ! まァまァ、なんてお若いのかしら!」

「中身は二十八歳のままなんだけど、急に胸以外の身体が十五歳になっちゃったんだ」

 王女は姉に、タタタッと小動物のように駆け寄って、

「若返りを望んだのですね! でもお胸のサイズダウンは願わなかったのですね! わたくしにないものばかりお持ちで! 好き!」

 と、姉のお胸を揉み始めた。

「触るなピンク。裁くぞ」

 バチン! とその手をはたき、キッと王女を睨む。

「あん! 憧れのセクハラジャッジメンッ!」

 王女は鼻血を噴いて卒倒した。鼻に触ってないけど。喜んでる?

「あっくん……ほんとにこれ、夢じゃないんだよね」

「そうだよ。さっき話したでしょ。俺たちは、【召喚】されたの」


 ──『裁判所職員の身分証』の効果は、ばつぐんだった。

 エルフ耳の家臣は俺たちに対して平服し、謝罪の言葉を並べ立てた。

 それから、場をあらためて、この世界と、王国、そして【召喚】と【裁判】について説明をさせて欲しいと申し入れを受け。

 承諾した俺は、いまだこれが夢の中か、そうでないか、判別のついていない姉をおんぶして、多目的トイレに連れて行き、水を飲ませて、酔いを覚まして。

 一緒に鏡を見て、『十五歳頃の肉体になってる。おっぱい以外』ということと。

 居酒屋からここにきた話をして、姉に記憶障害がないことを、確かめて。

「【召喚】って、証人として喚ばれるやつ?」

 などとのたまう姉に、基本的なファンタジー異世界召喚話を教え込んできたのだ──


「でも、なんなのこの子? こんなのが国の代表者? それにここって最高裁よね」

 姉の第三者に対する態度が、ちょっときつい。

 ──思い出す。出会った時の姉は、学校でいじめられていたらしく、すぐに口が悪くなる癖があった。そうやって孤独になっていったようだ。まさか、

「ツカ姉、もしかして精神年齢も若返ってる?」

「うーん……そうね、この身体になって、なんだか熱いエネルギーを感じるの。特別な自分になったような気分よ」

「もしかして、中二病な精神状態なのでは?」

 一気に不安になってきた。

「さて、アクト様とおジャッジ様に、この世界をお見せしますわぁ! お外までついてきてくださいまし~」

 王女がメイドさんたちを連れ、フワフワと歩き始めた。

 俺と姉も後に続く。最高裁の正面玄関のガラス扉を通過し、見えてきた光景は──

「あ、あっくん……お、お堀の向こうに……あれって……」

 日本国民にお馴染みの、皇居があるはずの空間に、

「わたくし、伊藤エクスタシアのハウスですのよ!」

 バカでかい王宮がそびえ立っていた。

 外の季節は春か秋みたいな、心地よい風が吹いている。時間は太陽が西に沈み行く頃で、空は美しい茜色に染まりつつある。そんな中、中世ヨーロッパ風のよくあるお城が、夕陽を受けて照り輝いていた。

「わたくしたちの世界は、よくある『ファンタジー異世界』! 中でもチヨダク王国は、ニホンの千代田区のモノを【コピペ】して豊かになった王国……もうひとつの千代田区なんですのよ!」

「「もう一つの、千代田区……」」

 唖然とする、俺と姉の言葉がハモる。

「あっ! シロ~! こっちですわぁ!」

 王女が呼びかける方向から、一台の車がやってきた。

「あっくん、あれ、センチュリーよ」

「日本車があるのかよ」

「ここ、あっくんの好きな『ファンタジー異世界』なんだよね?」

「ちょっと変わった異世界に召喚されたと思う。そのへんも教えて欲しいね」

 運転席から降りたのは、俺と姉を拘束した犬耳のメイドだった。

「加藤シロ、と申します。先ほどのご無礼、大変申し訳ありませんでした」

 そう言って、美しいお辞儀をする彼女は相変わらずクールで、涼しげだ。

 目線は俺に近いくらいだけれど、それは金属底のブーツのせいで、実際の身長は俺より少々低いくらいだと思う。

「シロは、王宮府で一番優秀なメイドでして、メイド長なんですの!」

 紹介を受けながら、メイド長加藤シロは「王宮府は、ニホンの内閣府みたいなものです」と付け加えた。俺と姉の顔色を読んだらしい。

「毛並みがフワフワで、すごく可愛い──」と姉が見つめ、「なのに管理職なの? 何歳?」と問う。

「十五歳です。これでも、エクスタシア様に仕え、十年近くになります」

 俺もメイド長を見る。確かに圧倒的な可愛さだけれど、幻想的な肌の白さと無表情な眼の碧さ、従者の衣服が合わさって、どこか儚げな印象も受けた。

「シロに、なにかありますでしょうか」

 ジト眼で見られてしまった。

「いや、えっと……白くって、目立つはずなのに、大法廷では急に現れたなって」

 率直な感想を口にした。

「気配を消すスキルや、姿が見えなくても会話できる魔法くらいあります。シロは、王家に危険な者が現れた時に、察知されないまま抹殺するべく潜んでおりました」

 抑揚なくそう語る彼女。俺より年齢が一つ下でしかないのに、まるで、殺しを厭わないSPのような口ぶりに、恐ろしさと頼もしさを感じる。が、それより、

(そうか、スキルや魔法がある世界なんだ)

 そのワードに、グッとくる。

「ゲームっぽいそういうの、ずっと欲しいと思ってました」

 思ったままを口にするが、

「なにをおっしゃいます。そう簡単に習得はできません」

 すげなく言われてしまう。

(スキルや魔法の習得は、難しい世界なのかな)

 でも──欲しい。

 ファンタジーな物語や、ゲームを嗜んで、そう思わない人なんていないだろう。

 かといって、俺にはなにか特定のスキル・魔法まではイメージできなかった。

(なんでもいいから、習得できればいいのに──)

 そう心の中で、強く思った時。

 ──自分の奥深くで、【転移ボーナス 習得】という言葉が点灯した気がした。

 なんだ今の……と感じるも、

「お乗りくださいませ」と、メイド長。

 促され、みんなに遅れて乗車するのだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    チヨダク王国ジャッジメント 姉と俺とで異世界最高裁判所

    紅玉 ふくろう/jonsun

Close