クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。

第一章『突然の結婚』(1)

 3年A組の教室に、あかの怒声が響き渡る。

「あんた、昨日の学級日誌、適当に書いて帰ったでしょ!」

「ちゃんと書いたぞ。日直の仕事だからな」

 さいは机に教科書をしまいながら答えた。日直など無駄な制度だとは思いつつも、学校や教師はどうしても生徒にやらせたいようだから仕方ない。

 今日の日直の朱音が、才人の机に日誌をたたきつける。

「『本日の感想欄』が『特になし』ってなんなのよ!」

「特に感想のない一日だった」

「科目欄に教科が書いてないわ! 『時間割を参照』ってなんなのよ!」

「特に時間割の変更もなかったからな。必要か?」

 才人は肩をすくめた。

「必要だから書くところがあるんでしょ! 黒板もきちんと消してないし、連絡事項も書いてないし! そして欠席者の欄に『もうりよう』って書いてあるのはなんなの!? このクラスにはもうりようが普段出席してるの!?」

「あー、なんか漢字のデザインかついいよなって思って書いてた。格好良くないか?」

「格好いいけど!」

「『もうりようちようりようばつ』とか、語呂もいいよなー。考えてくれた昔の人に感謝!」

 合掌する才人。

「果てしなくどうでもいいわ! あんたの落書きに学級日誌を使わないでくれる!?」

「誰も読まないんだから問題ないだろ」

「私が読んだわよ!」

「暇だな」

「暇じゃないわ!」

 ぜーはーと息を切らして、朱音は才人をにらえる。

 才人はため息をついた。

「……めんどくさ」

「めんどくさいってなによ!」

「俺にちょっかい出す暇があったら、読書でもしてればいいだろ」

「ちょっかい出してないわ! あんたの腐った性根をたたなおしてあげているのよ!」

「結構だ。ほっといてくれ」

 学級日誌なんて読んだことがない才人としては、なぜ朱音が怒っているのか理解できない。というか、全体的にあかの思考は理解できない。高校に入学したときから同じクラスなのに、仲良くできたためしがない。

 朱音の親友のいしくらまりがなだめる。

「もー、朱音ってば、そのくらいにしときなよー。さいくん、泣いてるじゃん」

「俺は断じて泣いてない」

 そこだけは譲れない才人だった。朱音から毎日イチャモンをつけられることにへきえきしているとはいえ、舌戦で泣かされるなどあってはならない。

 朱音が才人を指差す。

「コイツが悪いのよ。日直としての自覚がないわ。人間としての自覚もないわ」

「人間としての自覚はあるし、人を指差すんじゃない」

「そうね、あんたを指差したら指が腐るわね」

「失礼すぎるだろ!」

 さすがの才人も声を荒らげる。

 がるるっと猛犬のように荒ぶる朱音を、陽鞠がまあまあと抱きすくめる。

 陽鞠の外見はいかにもなギャルだ。

 陽光に輝く鮮やかな金髪に、着崩した制服。はじけんばかりの胸にブラウスが張り詰め、ネックレスがのぞいている。長く伸ばしたネイルはれいに塗られている。

 派手に見えるが、性格はあかよりよほど温厚。『近づきたくない美少女NO・1』の名をほしいままにする朱音とも、くやっている。

「朱音って、どうしてさいくんにばっかりケンカ吹っかけるの? 一年のときからずっとだよね?」

 まりは朱音を羽交い締めにしながら尋ねた。

「どうして? どうして……?」

 朱音が目を点にする。なぜ空気を吸うのと聞かれたような反応だった。

「考えたこともなかったわ……。顔を見るだけで無性に腹が立つとしか……スリッパの裏でたたつぶしたくなるとしか……」

「生理的に無理ってことだな、ありがとう!」

 女子からGと同じ扱いをされ、才人は朱音をにらえる。

あにくんたち、またケンカしてるの」

 ほうじようせいが才人に近づいてくる。

 糸青は才人と兄妹きようだい同然に育った従妹いとこだ。

 人形のように整った容姿で、体も小さい。腰まで届く長い髪が、余計に彼女を小柄に見せている。肌はこの世離れして色素が薄く、白タイツが似合っている。

「ケンカはしていない。一方的に絡まれているだけだ」

「兄くん、可哀かわいそう。よしよし」

 糸青が才人の頭をでる。

「分かってくれるのはシセだけだ……」

「そう、兄くんの理解者はシセだけ。シセは兄くんのこと、生理的に無理じゃない」

 照れもせずに告げる。

 人形そっくりなのは顔の造作だけではなく、普段から表情も口調もたいして変わらない。多くの生徒には糸青の思考が分からないらしく、宇宙人だと思われている節がある。

 陽鞠が口元に指を添えて考える。

「でもさー、ここまでしょっちゅう絡むってことは、実は朱音って才人くんのこと気になってたり?」

 朱音がほおを上気させる。

「は、はあ!? あり得ないわ! たとえ世界に才人以外の男がいなくなったとしても、コイツとだけは付き合わないわ!」

 あまりにもはっきりと言われ、才人はカチンと来る。

「それはこっちの台詞せりふだ! たとえ世界が引っ繰り返っても、お前とだけは付き合わない!」

 朱音と才人は互いにそっぽを向いた。



 放課後、さいが通学路のバス通りを歩いていると、スマートフォンに着信が入った。

 画面には『祖父(ほうじよう)』と表示されている。

 電話に出ると、スピーカーから能天気な声が響いた。

「才人、今から時間はあるか? なくてもいい。ちょっとお茶しようじゃないか」

「悪いがじーさんとデートする趣味はない。今日は読みたい本がある」

「そんなもん、いつでも読めるだろう。お前にはいずれワシの会社をやろうとしてるんだ。少しはご機嫌取っとかんと後悔するぞ?」

 あけすけに言い放つ祖父。

「おじーさま万歳万歳」

 才人は棒読みでご機嫌を取ってやった。

「おいおい、冷たい反応だな孫。じーちゃんが傷つくだろ」

「アンタはそのくらいで傷つくタマじゃない」

「よく分かってるな。そして利口なお前なら、じーちゃんの命令に逆らえないことも分かってるな? 車は既に送っている」

 クラクションが背後で鳴った。

 黒塗りのリムジンが、才人の後ろにぴったりとついて来ている。運転手は祖父の屋敷に雇われているみの男。無骨なサングラスをかけ、白い歯を見せている。

 才人は早足でリムジンから距離を稼ぐ。

「逃げたらどうなる?」

「カーチェイスが起きる」

「人対車か」

 情けもハンデもなさすぎる。

「そう。ついでに確保するとき、二、三発殴られる。大人しく従っといた方が、身のためだと思うがな」

「そんな悪役みたいな台詞せりふで孫を脅すヤツがいるか……」

「ここにいる。ほれ、さっさと車に乗れ」

 有無を言わさず通話が切れる。

 こういうときの祖父は手に負えない。経営で大成功している人間の常なのかは知らないが、自分のやりたいことを押し通す点にかけては並々ならぬ情熱を注ぐのだ。

 本一冊のためにリムジンとチェイスするのも割に合わない。最悪、ヘリも動員されそうな予感がするので、才人は仕方なく車に乗り込んだ。

 運転手が丁寧に挨拶する。

「お疲れ様です、さいさん。今回も当主様がご迷惑をかけてすみません」

「アンタが謝ることじゃない。悪いのはじーさんだ」

 才人は十人乗りの座席に学生かばんを放り投げた。

「そう嫌わないであげてください。あの方も悪い人ではないんですよ……いい人でもないですけど」

「いい人じゃないのは知っている」

 ドアが自動でロックされ、リムジンが街を走り出した。スモークガラスの向こうには自由が広がっているが、車内にあるのはな革張りのシートの臭いだけだ。

 運転手はそつなくハンドルを切りながら、なだめるように話す。

「これでも才人さんは溺愛されてるんですからね、お父様とは違って」

いとしの孫を学校帰りに誘拐する祖父は、相当壊れているぞ」

「壊れているのは間違いないです。天才ってそんなもんじゃないですか?」

 才人は否定できない。

 四十年前に起きた大不況、そのどん底に沈みそうになったほうじようグループをよみがえらせたのが、才人の祖父・北条てんりゆうだ。世間の批判をものともせずに人員を整理し、頭の古い幹部連中も容赦なく切り捨てて、改革を成し遂げた。

 結果、北条グループは日本有数のIT企業に生まれ変わった。六十を越えた今なお祖父の才気は衰えず、自ら陣頭に立ってAI事業を推し進めている。天竜はまさに天才なのだ。

「で、俺はどこに連れて行かれてるんだ?」

「ついてからのお楽しみ」

「は?」

「との、ご命令です。ホント勝手な当主様ですみません」

「もういい。慣れた」

 才人はシートに深々と背を預けた。

関連書籍

  • クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。

    クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。

    天乃聖樹/成海 七海/もすこんぶ

  • クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。 2

    クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。 2

    天乃聖樹/成海 七海/もすこんぶ

  • クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。 3

    クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。 3

    天乃聖樹/成海 七海/もすこんぶ

Close