エピローグ1 そしてプロローグ2.④

「あの……ちょっと相談したいことがあるんだけど」

 と、そんな風に話しかけられたのは、数日経った昼休みのことだった。

 琴ノ橋さんの時と似た状況だが、案外に既視感はない。

 まず場所が違う。話しかけられたのは教室の俺の席で、弁当を広げ始めたタイミングだ。そして話しかけてきた相手は、琴ノ橋さんと違ってひかえめな雰囲気の男子だった。

 同じクラスの津木くんだ。席は遠いが、自分から立候補して図書委員になっていたからよく憶えている。全体的に線が細い印象で太縁の眼鏡が似合う、いかにも読書好きな男子だ。

 俺はなんとなく弁当箱の蓋を閉め直し、机の前に立つ津木くんを見上げた。

「ぇ……相談……って?」

 女子相手のような緊張はしないものの、同じくらい戸惑った声が出る。まともに話すのも初めての同級生に「相談」とはなんだろう。

 要領を得ないでまばたきする俺に、津木くんもまた自信なげに答えてくる。

「ほら、女子の間でウワサになってるでしょ、戸村くん、無料で探偵してくれるって」

 ……おい。

「待って。なんでそんな話になってるんだ?」

「違うの? なんか初芝さんが言ってたのが聞こえたんだけど」

 なに言ってくれてんだ初芝さん……と、教室の中を見回すも、例によって教室内に初芝さんは見当たらなかった。代わりに、ぷぷぷ、探偵だって……と含み笑いしている雨恵が視界に入ったが、ひとまず無視しておく。

 どうしたもんか……と俺が頭を抱え、津木くんは雲行きの怪しさに戸惑っている。そんな中で、

「いったい、どんな相談事なんですか?」

 口を開いたのは──意外と言うべきか当然と言うべきか──右隣の席のクラス委員だった。何事もてきぱきとしている雪音はもう弁当を食べ始めていたが、箸を止めて津木くんの方を見ている。

 津木くんは「ぁ、委員長」と口の中でつぶやいて雪音に向き直った。よほど困っているのだろう。とにかく誰かに話を聞いてもらいたいらしい。

「それがその……『機械城殺人事件』の犯人が知りたいんだ」

「は…………?」

 意味が解らなかった。そして正直、これ以上ウワサを広めないためにも、津木くんには悪いが話を聞くこともなく断りたかった。

 しかし。

 そんな俺の足が、机の下でぎゅっと踏まれた。左足だ。つまり左隣の山田雨恵に踏まれている。見ると、午前中はずっと眠たそうに細められていた目に好奇心の光が宿っている。そして、

「聞くだけ聞いてあげればいいじゃん。ねっ……戸村くん」

 いつも通りの、気だるげで投げやりな声で言ってくる。しかし俺の耳には、「聞け、面白そうだから」と有無を言わせぬ要求に聞こえた。

 助けを求めるべく、姉の掣肘役である妹を見るが、雪音は雪音で、津木くんの発言が推理小説好きの琴線に触れたらしくうずうずとして俺を見返してきた──『マ、マニアってほどではないんですけどね』という、恥ずかしげな声が耳の中によみがえる。

 こちらは雨恵と違って遠慮がちだったが、それだけにその上目遣いの視線には逆らいがたいものがあった。

 そしてなにより、俺はこの姉妹に大きな借りを作ったばかりなのだ。

「………………とりあえず、詳しい話を聞かせてくれるかな」

 俺の言葉に含まれた苦渋のニュアンスには気付かず、津木くんは顔を輝かせた。


------------------------------

試し読みは以上です。


続きは2020年5月25日(月)発売

『探偵くんと鋭い山田さん』

でお楽しみください!


※本ページ内の文章は制作中のものです。実際の商品と一部異なる場合があります。

------------------------------

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

    探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

    玩具堂/悠理なゆた

  • 子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき

    子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき

    玩具堂

  • CtG ゼロから育てる電脳少女

    CtG ゼロから育てる電脳少女

    玩具堂/bun150

Close