探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる

私ならその事件・疑問・憂鬱、秒で解決だね。
著者: 玩具堂 (著者) / 悠理なゆた (イラスト)
シリーズ:探偵くんと鋭い山田さん(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

新学期――俺は失敗した。
親の仕事が探偵だと口走ってしまったせいで、クラスメートから相談が持ち込まれるようになったのだ。絶版した小説の犯人当て、美術部で振るわれたナイフの謎、面倒なことになったと頭を抱える俺だったが――

「それさ、そもそも事件じゃないね~」
「多面的な考え方も取り入れたらどう? 戸村君」

何があっても山田姉妹は平常運転、鋭い推理でスパッと解決していく。最初は気に食わなかったけど、本気で推理する彼女たちは今では尊敬の対象だ。……が、話すときの距離、近すぎない!? 熱くなるのは分かるけど、これ完全に狙ってるよね!?
山田さんたちと俺の少し甘めな、学園ミステリーラブコメ。

【担当編集者コメント】
第15回スニーカー大賞《大賞》受賞作家作品とあって、さすがの読み応えです。特に、憂鬱なことを考え方一つで楽しくひっくり返す、山田さんの思考力は圧巻。嫁にしても、彼女にしても、幼なじみにしても、こんな切れ者はいません。早く隣に置きたい。

オススメしたい読者様は、
・最近の《沼あま》ラブコメ設定とは違った雰囲気をお探しの方。
・青春学園ものの古き良きをご存じの方(まさにそれって空気感です)。
思考を巡らせる面白さを追求したので、児童文庫からのランクアップにもぜひ。

パートナーのおすすめレビュー

  • つむぎ
    つむぎ
    スニーカー文庫大賞にて《大賞》を受賞した作家さんが贈る、本格派のミステリーライトノベルです! かわいらしい双子の姉妹と思考を巡らせる不思議な気持ち良さに、気がつけばはまってしまいますよ!

    日常を少し延長した場所からもたらされる色んな謎を、示された手がかりをもとに推理し、解き明かしていく本作。それだけでもミステリーとしての王道の楽しさが詰まっていますけど、その楽しさをより引き立ててくれるのが、主人公と一緒に謎へ挑む雨恵と雪音の双子姉妹です。

    片や猫のように気まぐれな天才肌で、片や推理好きで生真面目だけどちょっと抜けていてと、彼女たちは個性も魅力も対照的。ただでさえ好奇心をくすぐられる謎や手掛かりも、そんなかわいい女の子たちと一緒に眺めれば、いっそう興味深く感じられちゃうんですよね。

    魅力的なヒロインと一緒に謎を追いかける、キャラクター描写に秀でたライトノベルと、思索の面白さを味わうミステリー、ふたつの良さがきれいに融合したお話です!
  • 綾乃
    綾乃
    雨恵ちゃんも雪音ちゃんも、とっても楽しそうに謎を解いていくんだよね。こんな友達と探偵として事件や手掛かりに向き合う放課後って楽しそう!

    ミステリーの事件と言えば、たぶん殺人とかの凶悪なものを思い浮かべる人が多いよね。でも、このお話に出てくる事件は、謎に包まれてはいるけど、誰かに直接危害を加えたりはしてこないんだ。だからそのぶん、核心に近づいていく雨恵ちゃんや雪音ちゃんたちの楽しそうな様子や、みんなで真相を解き明かす快感が純粋に伝わってきて、ふたりと一緒にずっとこんな空気に浸ってたいな、なんて思わされちゃうんだよ。

    そんな雨恵ちゃんや雪音ちゃんとのラブコメ模様も、このお話の大きな魅力だなって思うの。あま~いラブコメ設定とはちょーっと違った雰囲気! 甘すぎない学園ラブコメ青春ミステリーだよ。憂鬱なことを考え方一つで楽しくひっくり返す山田さんの思考力!次はどうなるんだろうって、もっと一緒に思考を巡らせてみたいなって、山田さんの不思議な魅力に引き込まれちゃうよ。

みんなのデータ

  • 46
    評価する
  • 67
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    自己紹介で父親が探偵であることを言ってしまった戸村和のもとに、クラスメイトが事件の解決依頼を持ってくる。そんな事件を、双子の姉妹・山田雨恵と雪音と共に解決する青春学園ミステリ。3つのエピソードからなる連作短編と言えるでしょうか。姉妹の性格が両極端に振り切っていて、それを対比するのがとても面白い。謎の内容も凝っていて本格的。特に、第2章のノックス、ヴァン・ダインによる約束ごとだけを使った推理には唸らされました。ミステリと「キャラもの」のバランスがとても良くとれていて、今後も楽しみな作品でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    親の仕事が探偵だと自己紹介したせいで、クラスメイトから相談が持ち込まれるようになった戸村。彼が両隣の席にいる双子の山田姉妹とともに依頼解決に挑む学園ミステリラブコメ。彼氏の浮気相手の正体、絶版小説の犯人当て、美術部で振るわれたナイフの謎といった身近な事件に、対照的な気まぐれで天才肌な雨恵、ミステリ好きな優等生・雪音の二人と一緒に事件解決に挑むストーリーで、意外なアプローチからの事件解決や、お互いに刺激しあうことで少しずつ変わっていった三人の関係がなかなか面白かったですね。彼らの物語をまた読んでみたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    ミステリーというより謎解きものだったが、どの話も不思議な状況でありながら見事解決をしていました。主人公が凡人でありながらどこかズレてる価値観を持っていて、山田姉妹のキャラクター性も個性的で良かったです。今後が気になる引きだったので、是非シリーズ化してほしいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    自己紹介で口が滑り父親が探偵である事をばらしてしまった主人公と両隣の双子に持ち込まれる小さな事件簿ですね。優しい主人公と両極端だけど魅力的な双子の地味な事件解決はゆるく楽しめました。ミステリー文庫という、結果デビュー者は大物ぞろいだったのに惜しかった文庫も出てきて懐かしかったりもしました。あと、ちゃんと続編でるようなので楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鳳梨

    読了。とても面白かった。ミステリー()自体も良かったですが、個人的には主要3人のキャラがかなり好みでした。戸村くんと山田姉妹の関係はなんていうか、探偵と助手って感じとは少し違うけど、すごく好きな関係性。雪さんも相当初心者向けな気がするんですがそれは。あと、表紙の美少女は誰ですか? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 【キミにこの謎が解けるか?】ミステリーラノベ10選
    マコトが作成したまとめ【キミにこの謎が解けるか?】ミステリーラノベ10選で紹介されています。
    2
  • 【まだ追いつける!】既刊1、2巻おすすめラノベ
    まーぼーどうふ!が作成したまとめ【まだ追いつける!】既刊1、2巻おすすめラノベで紹介されています。
    2
  • 2020年、お気に入りの新作ラノベは僕だけのもの
    むさが作成したまとめ2020年、お気に入りの新作ラノベは僕だけのもので紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/05/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040646619

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK