プロローグ

――ズキッ

 また頭痛か……。

 ここ最近、頭痛の頻度が増えている。病院に行った方がいいとは思っているが、今のプロジェクトが一区切りつくまで休みはとれそうもない。

 そんなことを一年前から思い続けている気がするが、気のせいだ。

 深夜二十三時、絶賛仕事中。今夜も帰れそうにない。

わたるさーん! リポビタンG買ってきました!」

 この子は部下の結衣ちゃん。僕が研修担当した後輩で、僕の直属ではなくなったのにも関わらず未だに何かと手伝ってくれる優しい子だ。

「ありがとう、助かるよ。もう遅い時間だし、本当に先に帰っていいよ」

「いいんです! 私がやりたくてやってるんですから! あの、ところでわたるさん今日も徹夜ですか? 私もたまにはわたるさんとお泊まり……じゃなかった、おつきあいしたいなー……なんて……」

 お泊まり会みたいな軽いノリで言ってるけどお仕事だからね?

「結衣ちゃんまで巻き込むわけにはいかないから、頼むから帰って休んで」

「むー! わたるさんのケチ!! わかりましたよー、帰りますよー! わたるさんも少しは休んでくださいね? わたるさんが倒れたら、うちの会社なんてすぐに倒産しちゃいますから!」

 小さい頬を膨らませて舌を出す結衣ちゃん。可愛い顔をしてもダメなものはダメだ。

「はいはい、心配してくれてありがと」

「むぅぅ……じゃあ先に帰りますね……お疲れ様ですっ!」

「はい、おつかれー」

 結衣ちゃんを見送り暫くパソコンと向き合っていると、唐突に頭の奥が痛みだした。

――ズキンッ

 あー、少し頭痛いな……バフォリンでも飲んでおくか。どこにしまっておいたかな。

――ズキン

――ズキン

――――プチンッ


◆ ……ッザーーー……


「ぐっ……あッ……」

 なんだ……今の……痛い……。

 痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

 頭を何度も内側から刃物でえぐられるような痛み。あまりの痛みに呼吸がままならない。

 なんだ……これ……ッ発狂する……!! 痛すぎる!! 死ぬ、マジで死ぬ……!


◆ ……ッピガーーーガガガ……


 ああああああああああぁぁぁぁ!!! ……あ?

 薄まっていく痛み。あれか、痛すぎて脳が痛みを遮断したとか?

 痛みは薄まって少し冷静になってきた。体は、指先一つ動かない。

 痛みは引いていくが、感じる。自分の命が失われていくことが。

 プチンとか言っていたもんな、脳の血管でも切れたのかな。最近リポビタンGとか、カロリーブロックとかしか食べていなかったしな。睡眠も全然取っていなかったし、よく考えるとそりゃ死ぬわな。


◆ ……ザー……ガガッピーーーー……


 ところで先ほどから変な音が聞こえるんだけど、なんだこれ?

 薄れつつある意識の中、壊れたテレビのような雑音が頭の中に鮮明に響き渡る。


◆ ……ザザッ…


◆ ……『解析』により、システム言語の解析に成功しました。

◆ 今後、システム言語は主言語での再生となります



 ………ファッ!?

 驚きにより一瞬だけ覚醒しそうになるも、やはりドンドン意識が薄れていく。

 あぁ……死ぬ直前の幻聴とか……だったのか……な…………。



◆ あおぎりわたるの心肺停止を確認しました。

◆ リンネシステムによる魂の転送を開始します

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 転生した社畜は異世界でも無休で最強へ至る

    転生した社畜は異世界でも無休で最強へ至る

    丁鹿 イノ/風花風花

Close