異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

第三章 異世界人(3)

 ゴブリン・エリートとのせんとうから数日。

 この数日の間にだいぶ探索も進み、ちゆうで便利なスキルを手に入れてからは、帰りの目印などをつける必要がなくなった。

 新しいスキルもそうだが、他には、新しい魔物と戦闘し、レベルと戦闘技術が向上した。それで得たアイテムをかんきんして結構な額のお金も手に入れた。

 そんなわけで現在の俺のステータスはこんな感じだ。


てんじようゆう

職業:なし、レベル:200、魔力:5000、攻撃力:7000、ぼうぎよ力:7000、しゆんびん力:7000、知力:4500、運:7500、BP:0

スキル:《かんてい》《にんたい》《アイテムボックス》《言語理解》《真武術:4》《気配察知》《速読》《料理:3》《地図》《見切り》《弱点看破》《同化》

しようごう:《とびらの主》《家のあるじ》《異世界人》《初めて異世界をおとずれた者》


 予想以上に成長して、ている最中に激痛を味わっていたわけだが、最近は慣れてきた……というより、あの激痛や異音がなくなったように思える。

 俺の予想としては、体の構造はもう完成したんじゃないか? と思っている。これ以上改造のしようがないってことだな。

 それでも、筋力とかは明らかに増えているので、完全に成長が止まったわけではないだろうし、あまり気にしていない。痛くなくなるのならうれしいくらいだしな。

 新しいスキルの効果は、こんな感じである。

【地図】……一度訪れた場所をマッピングする。

【見切り】……相手の攻撃がけやすくなる。

【弱点看破】……相手の弱点を見つけ出す。

【同化】……自然と同化し、気配や魔力などを消すことができる。

 どれも有用なモノばかりで、特に【地図】のおかげで俺のたんさくはぐっと楽になったのだ。

【見切り】は敵が攻撃してくるタイミングのようなものがなんとなく分かるようになったし、【弱点看破】は相手のどこを攻撃すれば大ダメージをあたえられるか分かるのだ。【同化】は、かくれて魔物の様子をうかがい続けてたらいつの間にか習得していて、非常に便利で助かっている。

 戦闘経験なんてかいだった俺には有りがたいスキルで、おかげでこんな俺でも最近は正面から戦うことができている。

 その戦闘で得たドロップアイテムは、全部換金したおかげで1000万円にもなり、【アイテムボックス】に入れて管理している。

 俺はパソコンとか持っていないが、便利だろうし買っておきたいと思っている。

 それはともかく、もう少しで高校生活が始まってしまう。

 つまり、またあのごくのような日々が……。

 何よりも、この未知の世界を楽しむ時間が限られてきたことが俺はとてもつらかった。

 勉強はもちろんしていたが、それでも学校に行くことは苦痛でしかないのだ。

「はぁ……切りえよう。せっかく楽しい場所にいるのに、学校のことなんて考えたくない……」

 現実とうだとは分かっているが、俺はいったん学校のことを頭の外に追いやった。

 そして、日課になりつつある異世界の探索を始める。この日課も、高校が始まるまでだろう。

 手には【ぜつそう】をにぎってはいるが、他の武器やでの戦闘も続けていて、単純に槍のあつかいがしように合っていたから使い続けている。【全剣】だってよく使うしね。

 しばらくの間森の中をさまようが、特に魔物は出てこない。

 それでも、道中のヘンテコなキノコや木の実などを鑑定しては【アイテムボックス】にほうり込んでいた。換金できるときもあれば、効果によっては家で食べたりした。

 俺が換金したいものだけ換金できるから、地球に持って帰ることもできるしな。

 異世界はある意味で俺にとってはしよくりよう庫でもあった。ちなみに、【オーク・エリート】という二足歩行のぶたの魔物をたおしたときに手に入れた【上級豚男の肉】を食べてみたのだが、とても美味おいしかった。鑑定で害がないことは分かっていたからな。

 そんなわけで、ドロップアイテムは、換金だけでなく、俺の食料にもなったわけだ。おかげで外に買い物に行く必要がなくなったのは嬉しかったな。時間がしいし。

 しばらくの間、採取などをしながら森の中を歩いていると、何やら激しい音が聞こえてきた。

「なんだ?」

 あまりにも大きな音としようげきおどろきながらもしんちようにその方向に進んだ。

「ッ!?」

 するとそこには、ゴブリン・エリートをさらに立派にしたような魔物が、血まみれで立っていたのだ。

 よく見ると、そのゴブリンの周辺には何の肉か分からないモノが散乱している。

 このさんげきに思わず言葉を失うが、俺はすぐに正気にもどって【鑑定】を発動させた。


【ゴブリン・ジェネラル】

レベル:200、りよく:1000、こうげき力:9000、防御力:3000、俊敏力:500、知力:500、運:100


 エリートの次はジェネラルらしい。しかも、この数日でまだ見たことのない魔物だ。

 ステータスのバランスは俺のほうがいいが、攻撃力がヤバい。

 ……何が原因であんなに暴れまわってるのかは知らないが、コイツは様子見かな。もう少しステータスの差がないヤツと戦って、戦闘経験を積みたいし。

 そう決めた俺は静かにその場を立ち去ろうとした。

 だが……。

「なっ!?」

 ゴブリン・ジェネラルの進行方向に、俺と同い年くらいの女の子が座り込んでいるのが見えた。

 なんだか上等そうなドレスを身にまとってるし、どうしてこんな森の中にいるのかと疑問はきないが、彼女は俺がこの世界で初めて会う人間だ……と本来なら喜びたいのだが、そんなじようきようじゃない。

 ゴブリン・ジェネラルが剣を振り上げたところで、俺はとつに手にしていた【絶槍】をとうてきした。

「だああああああああああああっ!」

「グガア!?」

 すさまじい速度でせまる【絶槍】にゴブリン・ジェネラルはしゆんに気づくと、振り上げていた剣で防いだ。

 そのすきに俺は全力で走ると、そのまま全体重を乗せてゴブリン・ジェネラルの剣に飛びりする。

「どりゃあっ!」

「グオゥ!?」

 全速力からの一撃だったこともあり、ゴブリン・ジェネラルは大きく吹っ飛んだ。

 俺は着地すると、手元に戻ってくる【絶槍】を回収しながら女の子に近づいた。

「────大丈夫か!?」

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
ファンタジア文庫『異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~

    美紅/桑島黎音

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~ 5

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する~レベルアップは人生を変えた~ 5

    美紅/桑島黎音

  • 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する11 ~レベルアップは人生を変えた~ 11

    異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する11 ~レベルアップは人生を変えた~ 11

    美紅/桑島黎音

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close