序章

「馬を停めろっ、逆賊っ! 抵抗すれば容赦はしない――がっ!」


 私――トウ帝国前大将軍、コウエイホウが馬上から振り向きざまに放った矢は狙い違わず、先頭の騎兵の左肩を貫いた。

夜明け間近の薄闇と北方の冷気の中、悲鳴があがり、鞍の灯りと共に落馬する。

多少視界が悪いとはいえ、戦場であれば額を射抜いているが……襲撃者であっても、同じ帝国の民なのだ。殺したくはない。

 私は両脚だけで馬を操りながら、その間も追手へ次々と矢を速射する。襲撃者の血に汚れた外套と黒基調の軽鎧、腰に提げている黒鞘と白鞘の双剣が揺れた。

『っ!?』

 動揺し速度を緩めた残りの騎兵達の腕や腿に矢が突き刺さり、動きが止まる。騎射を習得している者はいないようだ。

 今宵泊まる予定だった帝国最北都市『ロウトウ』の守備隊長が、変事を察した後、無理矢理押し付けてきた強弓に矢をつがえながら、小さく吐き捨てる。

「……私が逆賊と呼ばれる日が来ようとはな」

 春近し、と謂えど荒野の夜明けは冷え、息も白い。本来ならば、今頃は温かい部屋で微睡んでいただろうに……。

 私や、今は帝国大丞相を務めている幼馴染のオウエイフウ、七年前に亡くなった先帝が、此処『老桃』で神代以降、誰も成し遂げていない『天下統一』の誓いを立てたのは今から二十年前。

 十五で初陣を果たした後は、先帝に双剣を託され、何時の間にやら軍事を統括する大将軍となり東奔西走。

 数多の苦難を乗り越える中――私と内政を司る英風は【双星】と讃えられるようになり、今や帝国は、北方草原地帯に位置する小国【エン】と、大陸を南北二つに分かつ大河南方で辛うじて独立を維持している【サイ】を除き、悉くを併呑した。

 私達三人があの日、千年を生きたと伝わる巨大な桃の大樹の前で誓い合った夢は、手が届くところまで近づき、双剣は天下を統べる剣――【天剣】と謳われるまでになっていたのだ。

 しかし……先帝が亡くなって以降、帝国領は拡大していない。

現皇帝には天下を統一する意志がないのだ、

私自身も最早大将軍ではなく、あれ程近しかった英風とも、数年の間会ってもいない。

 物悲しさを覚えながら、薄闇の中を動く追手へと矢を送り込む。

 再び悲鳴と叫びが響き渡った。

「ど、どうして当たるんだっ!?」「た、松明を消せっ!」「負傷者多数っ! 手が足りませんっ!!」「盾に隠れろ! あの御方が本気なら……俺達は今頃、みんな死んでるぞ!!」

 弓に矢をつがえながら、相手戦力を分析する。

――追手の多くは実戦を知らない新兵。

数少ない古参兵も、視界の悪い夜明けに騎乗戦闘の経験はない。

今や私を追う余裕を持つ者はいなくなっていた。矢を外し、独白する。

「……弱い。皇帝陛下直属軍がこの程度とは。私を確実に殺したいのであれば、もっとやりようがあるだろうに。都で暗殺する気概もなく、『来春の侵攻に備え、北辺を偵察せよ』なぞと嘘の任務をでっち上げて――いや、わざと、か……そこまで恨んで……」

 最後まで言葉は出て来ず、私は馬の手綱を引いた。

夜明けの近い北の空に双星が瞬く中、踵を返させ、目的地へと急ぐ。

 ――私が大将軍を退いたのは、先帝が亡くなった翌年だった。

 早急な【斉】侵攻を訴える声が、五月蠅かったのだろう。

 二代目皇帝から遠回しに引退を促され、まずは将軍位。

以後、兵権、領土を順次返上し、実質的に隠居状態となった。

一度だけ英風と激論を交わしたものの、帝国の政治を司る、大丞相閣下との議論は噛み合わず――腰で揺れる、漆黒と純白の鞘に触れる。

私に残されたのは今や【天剣】のみだ。

これだけは――……どうしても返上する気にはなれなかった。


「いたぞっ!!!!! 討ち取れっ!!!!!」


 前方から若い男の命令が響き渡り、数十の騎兵が小高い丘を駆け下りて来る。伏兵か!

 馬を駆りながら、軍の指揮官として考える。

――これで暗殺者達を含めれば五隊目。

 たった一人の目標に対するならば、初手から大兵力で圧倒すれば良いものを……。

 過去七年間の軍事費削減は、兵達の練度だけではなく、指揮官にも悪影響を与えているようだ。同時に間違いなく、英風の指揮ではない。

 急速に近づいて来る騎兵の群れを見つめる。

 朝靄の中とはいえ、弓で狙い撃つのはわけもないが……。

 弓を背負い、鞍に結えつけてあった槍を手にし、

「はっ!」

 左手で手綱を持って馬の速度を一気に上げさせる。

 昔、私が命を救ったらしい『老桃』の若き守備隊長は、良い馬を選んでくれたようだ。

……後で罪に問われなければ良いのだが。

 そんなことを思いながら、薄い靄の中へ突入。

「!?」「ぐはっ!」「つぅ!」「なっ!」

『っ!?!!!』

 敵部隊内を真正面から貫き、擦れ違い様に柄で数騎を叩き落とす。

 咄嗟に剣で反撃してきた若い騎兵の一撃を軽く躱し、馬を返す。

 靄が晴れ、兵達の『信じられない』という表情が見える。

 かつて、私達三人が誓った『乱れた天下を統一し、悪政と異民族、賊によって虐げられている民を救おう!』という夢は、最早叶えられまい。

 ……それでもっ!

右手で槍を大きく振るい、名乗りを上げる。


「煌帝国前大将軍、皇英峰だ。小僧共――我が首、取れるものなら、取ってみよっ!!」


            *


「ここらで良いか」


幼い頃、親友達と共に駆け巡った秘密の獣道を抜け、目的地に辿りついた私は、幾重もの包囲網を突破し疲労困憊な様子の馬を止めた。空は既に白み始めている。

 目の前には、崖そのものを飲みこむように育った桃の巨木と苔むした巨岩。

轟々と複数の滝の落ちる音が聴こえてくる。

 二十年ぶりにやって来た煌帝国始まりの地――先帝、私、英風が『天下を取ろう!』と誓った老桃は何一つとして変わっていなかった。その永き寿命と共に崇敬の対象である、一年中咲き誇る淡い紅花が、微かな朝陽の中で幻想的な光景を作り出している。

 あの頃、私達に怖いものなどなにもなかった。ただ大きな夢だけがあった。

 ……今となってはひたすらに懐かしい。

馬から降りて鞍を外し、首筋を優しく抱きしめてやりながら声をかける。

「ありがとう。本当に助かった。もう行け。残ればお前にも害が及んでしまう」

 すると、賢馬は目を細め申し訳なさそうに嘶き、獣道を戻って行った。

 私は馬を見送り、背嚢を置いて巨木の前に佇んだ。既に矢筒は空で、槍も折れた。

瞬く北の双星と沈みかけている月の位置、地平線の朝陽からして、夜明けは間近だ。

追っ手も追いついて来るだろう。

 それにしても――。

「此処だけは変わらぬな」

 桃の木の寿命は短い。

にもかかわらず……枯れることなく、伝承によれば千年の間この地にあり続けている。

『老桃』という地名となったのも納得だ。

 ――暫くして、風が新しい土の匂いを運んで来た。

視線をかつてよりも広い山道へと向ける。

「……来たか」

 朝靄の中、楯兵を先頭に兵士達が前進して来る。

その数――ざっと千。 

帝国の最精鋭部隊を、たった一人の元将軍相手に投入するとは……御大層なことだ。

 顎に触れながら、馬に乗って中央を進む若い女将軍を一喝する。


「そこで止まれっ! それ以上進めば――今度は死者が出ようぞっ!!」


先頭の戦列が慄いたように停止した。兵士達の顔には緊張が張り付いている。この地に来るまでの間に出た多数の負傷者を見てきたのだろう。……やはり、実戦経験不足か。

それでも、派手な兜を被った女将軍が指揮棒を振り回し叫ぶと、ゆっくりと前進が再開。滝の音に遮られ聞こえないが、『臆するな!』とでも言っているのだろう。

先帝自身が率いた古参親衛隊も解体されて久しい。私が数多の戦場で今まで何を為してきたのか、実際に知らぬ者も増えたようだ。

「……歳は取りたくないものだ。まだまだ、若いつもりだったのだが」

 苦笑していると、やや離れた場所で、崖上の私を囲むように布陣が完成した。

「芸が無い。もう少し工夫があってもよいだろうに。しかし、困ったな」

 手持ちの武器は腰に提げている双剣のみ。

 これを、仮にも味方相手に抜くわけにもいかないのだが……軍旗の傍にいる若い将が剣を抜き放った。

「最早奴に逃げ道も、矢もないっ! 突撃し、逆賊を討てっ!!」

『…………っ』

 戦列内の兵達や下級指揮官達の顔に戸惑いが浮かび、声なき声となった。

 古参兵と分かる者に到っては、露骨に嫌そうにしている。

 このまま私と戦った場合、自分達がどういう目にあうのかを、理解しているのだ。

 女将軍が苛立たしそうに指揮棒を振り回し、怒号を発した。

「何をしているっ!!!!! 奴を――『逆賊』皇英峰を討つべしっ!!!!! これは、皇帝陛下の勅命であるっ!!!!!」

今夜、幾度も聞いた文言に胸が痛む。英風の懐刀までこう言うとなると、陛下はやはりそれ程までに私を憎んで――躊躇っていた兵の一部が山道を猛全と駆け上って来る。

 私は半瞬だけ瞑目し、右手を黒剣の柄へと持っていき、

「覚悟――っ!?!!」『!』

 真っ先に駆け上って来た兵が剣を上段に構えて振り下ろす前に、胴鎧へ蹴りを叩きこん

だ。兵士は悶絶し近くの兵士達も巻き込み、山道を転げ落ちていく。

 その横から兵が殺到して来るが、

「――気をしっかり保てよ?」

『~~~~~~っ!?!!!』

 鞘に納まったままの黒剣の横薙ぎを躱しきれず、十数名が悲鳴をあげて空中高くまで吹き飛ばされ、次々と地面に叩きつけられた。悲鳴と苦鳴、恐怖の呻きが連鎖する。

 後に続く兵士達が驚愕し足を止めたのを見やりつつ、静かに忠告する。

「……人を待っている。死にたくなければ向かって来るな。殺したくはないのだ」

 兵士達の瞳が激しく揺れ、後退る者多数。

 数少ない古参兵達の中には見知った顔も多く、そういう者程、顔面を蒼く染めている。

「何をしているっ! 奴が虎や龍のように強かろうが――独り。たった独りなのだっ!!! 帝国と皇帝陛下に仇なす者を討てっ!!!! 討つのだっ!!!!!」

 女将軍もまた顔を蒼褪めさせながら兵を鼓舞。余程私を殺したいらしい。

いや――奴隷身分から将まで引き上げてくれた主である、『英風の手を汚させない』という忠誠故か。

黒剣を握り締め、犬歯を見せる。

「では……致し方ない。我が首取って、末代までの誉と」


「待てっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


 獣道から、優男が不格好に駆る馬が飛び出してきた。

白髪混じりの髪はぼさぼさ。外套も薄汚れている。

 兜下の女将軍の顔が激しく動揺し、悲鳴をあげた。

「か、閣下!? ど、どうして、此処に……」

 優男――私の親友であり、現在は政敵とされている王英風は信じられない程、冷たい口調で再度命じた。

「紅玉、退け。これは煌帝国大丞相としての命である。私は煌帝国大将軍皇英峰と話があるのだっ! 何より――この場所は先帝と我等の誓いの地!! 我等以外、何人も立ち入ることは許さぬっ!!」

「はっ……も、申し訳ありませんでした…………」

 女将軍は身体を大きく震わせながら項垂れ、指揮棒を力なく振るった。

引き攣った顔をしていた指揮官達も兵と負傷兵をまとめ、山道を下って行く。

 軍の隊列が見えなくなるまで英風は厳しい顔で眼前を見下ろしていたが――やがて、息を吐き、馬を転がるように降りると、深々と頭を下げてきた。

「………すまなかった。今回の件……全て私の失態だっ……」

「気にするな。良い娘だ。お前を想ってのことだろう。呑め」

 背嚢から酒杯を二つ取り出し、酒を注ぎ盟友に差し出す。

先帝亡き後、私と英風の立場は大きく変わった。

しかし――私達が幼き頃より共に歩んで来た事実は疑いようもない。私達は盟友なのだ。

 英風は酒杯を受け取ると、一気に飲み干した。白髪が微かな朝陽で光り、目の下の隈がより目立つ。

「老けたな。三十五には到底見えんぞ、大丞相閣下?」

 からかいながら酒を注ぎ直すと、英風は苦々し気に吐き捨てた。

「……元大将軍殿と違い、面倒な仕事をしているからなっ!」

「政は専門外だ。所詮、私は『剣』に過ぎん」

「……ふんっ」

 英風は酒杯を半分程飲み干すと、酒瓶を荒々しくひったくった。

「……貴様は変わらんな。真っすぐで、自らを貫くことを躊躇わぬ。だからこそ……」

 風が吹き、無数の桃の花が夜と朝の光を浴び舞った。

 あの時と――……二十年前と同じように。

 直後、がばっ、と顔を上げた友の瞳には大粒の涙。

杯が手から零れ落ち、音を立てて割れた。私の両肩を痛いくらいに握りしめてくる。

「英峰よ。我が友よ。逃げよっ……! 貴様が……貴様のように、誰よりも、国を、民を想い戦い続けて来た人間が、このような冤罪で弑されるなぞっ……あってはならぬっ!!」

 その必死な顔を見て瞬時に理解する。

 嗚呼……この男は、心優しく誰よりも賢い友は、皇帝に私を暗殺するよう命じられた後、夜も眠れない程、悩みに悩み続けていたのだ。

 巨樹を見上げ――昔の口調に戻し、素直な想いを口にする。

「陛下が…………あの坊が、それ程までに俺を憎んでいるとは思わなかった」

 先帝の一人息子である二代目皇帝が凡庸なのは分かっていた。

 それでも、英風さえいれば帝国を発展させるのには十分だとも思っていたのだ。

友が顔を伏せる。

「……貴様は眩し過ぎたのだ。数多の戦場に出向き。傷一つ負わず不敗。先帝の『剣』として積み上げたその武勲は古今に比類無きもの。陛下に対しても意見を曲げず、自ら官位と領土を返上。兵権すら手放しながら、【天剣】の返上には応じず……。戦場を経験されていない陛下からすれば、小馬鹿にされたように感じられたのだろう」

「【天剣】っていう呼び方は相応しくないな。未だ天下は統一されていないぞ?」

 茶化すも返答は無く、英風が拳を近くの岩に叩きつける。

「正直に言おう。私とて――……貴様に嫉妬していたっ。『どうして、天は同時代に、皇英峰と王英風を生かしたのだ』と、……笑ってくれ。『大丞相』なぞと世に謳われようとも、先帝亡き後の七年、私を突き動かしていたのは貴様への嫉妬だったのだっ! 結果が……この様っ。唯一人の友を表立って救うことすら出来ぬっ…………」

「……そうか」

 本当は俺も、味方をどうしたって死なせる武将ではなく、味方を救う英風のような文官になりたかったんだが……口にする雰囲気ではないな。

 目を閉じ、腰から双剣をゆっくりと抜き放ち、俺は巨岩の前へと進んだ。


 純白の剣の銘は『白星』。

 漆黒の剣の銘は『黒星』。


 俺と英風の親友、今は亡きギヨウメイが皇帝となる前、俺にくれた唯一の物だ。

何でも天より落ちてきた星を用い、神代に打たれたものらしい。

 盟友が目を瞬かせる。

「英峰? 何を――」「はっ!」

 問いを無視し、俺は双剣をかつて暁明が腰かけた巨岩へ無造作に振り下ろした。

 ――刃が岩に滑り込む感覚。

 両断された巨岩が転がり、滝へと呑み込まれ、大水柱が立ち上がった。

水滴を受けながら、俺は双剣を鞘へ納め腰から引き抜く。

「英風!」

 呆然としている友へ【天剣】とならなければならない双剣を放り投げ、告げる。

「そいつにはまだ役割が残っているようだ。後は――お前が引き継げ!」

「え、英峰? 何を……何を言っているのだ…………?」

 友が声を震わせる中、俺は崖の際に立ち片目を瞑った。

「なに――お前なら出来るさ。ああ、そうだ。いい加減、嫁は持てよ?」

「わ、分かった。分かったから! 馬鹿なことを考えるなっ!」

 真っ白な朝陽が差し込んできた。夜が明け、星々が消えていく。

 英風が必死な形相で訴えてくるも、俺は頭を振った。

「これからの帝国に必要なのは『剣』じゃなく――」

 初めて戦場に立った二十年前と同じく、今にも泣きそうな顔をしている友へ微笑む。

「お前なんだよ、王英風。俺の、俺達の夢を――天下を統一し、民が安心して飯を食える国をどうか作ってくれ。色々あったが楽しかったぜ――……じゃあなっ!」

「英峰っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 親友の叫びを耳朶に感じながら、俺は思いっきり地面を蹴る。

 空中に身体が投げ出し頭上を眺めると――双星の一方が落ちるのが見えた。

直後、滝に呑み込まれ、冷たい水に包まれていく。

 ――悪くない人生だった。

 仮に次の生が与えられるならば……今度は戦場で人を討つ武官ではなく、英風みたいな政治で人を救う文官になりたいもんだ。

まぁ、俺じゃあ、精々地方文官が限界だろうが。


 そんなことを思いながら、俺――皇英峰の意識は暗い水底に飲み込まれていった。

関連書籍

  • 双星の天剣使い 1

    双星の天剣使い 1

    七野りく/cura

  • 公女殿下の家庭教師 謙虚チートな魔法授業をはじめます

    公女殿下の家庭教師 謙虚チートな魔法授業をはじめます

    七野りく/cura

  • 辺境都市の育成者 始まりの雷姫

    辺境都市の育成者 始まりの雷姫

    七野りく/福きつね

Close