オープニング(1)

 これより語られるのは、ある王国の王女様のお話。

 ほうあこがれた王女様が、前世のおくを取りもどした事から始まる物語。

 時に人をり回し、時に人をせて、魔法の魅力と真理を追い続ける。

 これは、そんな物語の始まり。


    * * *


 ただ〝魔法〟という言葉が好きだった。だれかを幸せに、がおに出来るから。魔法という存在そのものを愛していた。永遠に届かない、実現しないからこそ。もしも願ってかなうなら、きっと私は魔法使いになりたかったんだと思う。

 ふと、ひょんな事からそんな〝前世の記憶〟の事を思い出した。

 私の名前はアニスフィア・ウィン・パレッティア。パレッティア王国の第一王女。おんとし五歳、ぼんやりと空を見上げていた時の事だった。

 魔法があるなら空を飛べるのに。かそんな事を思った、まさにその時だった。

 そう思ったのは、はて、どうしてだろうか? 疑問を思い起こした時、私の記憶は忘れていたものを思い出すように前世を取り戻した。

 パズルのピースがまっていくような感覚。まるで自分という存在に欠けていたものを見つけたように。この日をもって、私は人生の転機をむかえる事になった。

 よみがえった前世の記憶はと言わざるを得なかった。空を行く飛行機、アスファルトをめられた道路、その道路を走る自動車を始めとして、次々とのうよぎる前世では当たり前にあった文明の産物。

 それは私にとって未知でしかない。私が今生きている世界には飛行機もなければ自動車もない。空を飛ぶのは鳥や魔物であって、道路だってアスファルトではないし、走るのは自動車じゃなくて馬車だ。貴族なんてお話の中の存在でしかなかったけど、私は王族のおひめ様。そうして私はかび上がった記憶を思い返して息をいた。

「……困ったわ」

 口にしてしまうほどに困ってしまった。だって前世の記憶が蘇ってからの私の思考や価値観は〝アニスフィア〟として育ったものよりも、前世のえいきよういろくなってしまったから。王族としての責務だとか、貴族としてのほこりとか。知識としてはある。

 でも、共感がうすくなってしまった。だって前世だったら貴族がいなくても世界は回っていたのに。そう考えてしまうとかんひどくて、王族として育てられた自分とみ合わない。おかしいのは自分だとわかってる。けど、そう考える自分こそが自分にとって正しい形なので曲げたくない。こうなると前世の記憶が蘇った所で何も良くない。

「まぁ、良いや!」

 私は深くなやむ事はめた。なにせまだ自分は五歳。価値観は時と場合だったり、あとは経験で変わるだろう。多分、なんとかなる。私はこの時、とても楽観的だったと後で振り返って思うだろう。そんな楽観的な私はこれからせまり来る問題より、今にも手が届きそうな望みを叶える事の方に意識が向いた。

「そう、だってこの世界は〝魔法〟がある!」

 この世界において魔法はとぎばなしの術や空想のたぐいじゃなくて、現実に存在するものなのだ。

 火をあやつる者、水を操る者、風を操る者、土を操る者。くつも理論も知らない。それでも記憶に確かに残るその光景は、私の心をつかんではなさなかった。

 魔法が使えれば空も飛べるかも知れない。そんな魔法があったのなら。思えばもう止まらない。想像がふくらんで、胸が高鳴る。

「善は急げだね」

 私はこぶしにぎりしめながら決意を新たにして、勢い良く部屋を飛び出した。勢いのままに王城のろうけていくと、曲がり角を曲がった所でメイドのお姉さん達とちがう。私は軽くしやくして、そのまま横をすり抜けて行こうとする。

「ひ、姫様!? 廊下を走ってはいけません!?」

 後ろからきかかえられるようにして引き留められてしまった。私はあっさりとメイドのうでの中に収まってしまい、足をジタバタさせてみる。けれどしよせんは子供の力だ。

 メイドが離すまいと力をめれば流石さすがげられない。観念して力を抜く。振り返ってみれば知り合いのメイドだと気付いた。

「あら、イリア。ごめんなさい、ちょっと急いでるの」

「だからといって、お城を走り回るだなんてはしたないです」

「うぅ、いけず……」

 だつしゆつは無理そうなので早々にあきらめた。私のていこうがなくなったのを見て、イリアは下ろしてくれる。そのまましゃがむようにして目線を合わせて来る。

「いきなりどうしたのですか、姫様」

「父上にじきするの!」

「じ、直訴……?」

「魔法を学びたいと直訴するの!」

「……はぁ、魔法をですか」

 ふんぞり返って言う私にイリアは、なんでまた、と言いたげなこんわくした表情になる。

「イリア、私は魔法を使いたいの」

よくがある事は良い事でございます。しかし、何故またとうとつに魔法を学びたいと?」

「空を飛びたいと思ったの!」

「はい?」

「空を飛ぶの!」

「魔法でですか」

「飛ぶのです!」

 イリアに何を言ってるんだろう、という顔をされてしまう。それもそうだと思う。魔法で空を飛びたいなどと、私が知る限りは前例がない事だから。

「それはやりたいことの一つで、魔法を使えるなら良いのです。魔法を使って悪いやつをこらしめたり、たみために魔法を使えるようになりたいのです」

「それはそれは。立派な夢でございますわね。しかし、陛下もごぼうの身であらせられます。私からお伝えいたしますゆえ、お部屋にお戻りになって頂けますね?」

「むぅ、仕方ないわね。ここはイリアにめんじて直訴は止める!」

「ありがとうございます、姫様」

 めんどうな事にならなくて良かった、と胸をで下ろすイリア。その胸は豊満だった。顔もよく見れば整った美人さんだ。目をく美人さんなのは王城に仕えるメイドさんだからなのかな?

 さて、部屋に連れ戻された私に出来る事はない。アニスフィアとしての記憶をさらってみても、今日の習い事は終わってしまっている。それならば、と自分の部屋をあさってみる事にした。それだけでもう期待に胸が高鳴った。

 後のてんかんを振り返るのならば、この時こそが私、アニスフィアの始まりとも言えた。

 私はなります! 憧れの魔法使いに!


    * * *


 そうして、少女の目覚めより時は流れた。

 パレッティア王国。それは魔法によって発展した大国である。そんなパレッティア王国には国が運営している貴族や王族が通う学院が存在する。その名もパレッティア国立貴族学院。他国からの留学生も招き、学院という小さな社会を形成した社交界の縮図である。

 もちろん、学びとしての意味もある。だが、いくら身分の差を気にせず、成績を高める事でけんさんうながもくがあっても貴族は貴族で、王族は王族なのだ。

 身分が高い者には人が集まり、身分が低い者はそんな身分が高い者に取り入らなければそもそも学院内での地位や居場所を失うなどよくある事。

 かといって親が子供の争いにかいにゆうすれば新たないさかいに発展するおそれもあり、パレッティア国立貴族学院は一種のへい空間となっている事は周知の事実であった。

 さて。今日は学院にとってはき日であった。間もなく卒業を迎える卒業生達の最後の試験が終わり、その成績と今までの努力をたたえ合う祝いのパーティー。

 楽団による優美な音楽がかなでられ、社交へといそしむ生徒達。きらびやかなパーティーはおもわくはらみながらも、表向きはけんらんごうな一時を楽しむ。……そのはずだった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
ファンタジア文庫『転生王女と天才令嬢の魔法革命』キミラノ試し読み

関連書籍

  • 転生王女と天才令嬢の魔法革命

    転生王女と天才令嬢の魔法革命

    鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり

  • 転生王女と天才令嬢の魔法革命 2

    転生王女と天才令嬢の魔法革命 2

    鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり

  • 転生王女と天才令嬢の魔法革命 5

    転生王女と天才令嬢の魔法革命 5

    鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close