第一話(11)

   *


 詩乃と付き合ってから、五か月余り――クリスマスイブがやってきた。

 当然、デートの約束はしている。

 今日はそれぞれに理由があり、直接、現地での合流となっていた。新宿駅である。混雑してはいるが、初めて訪れる場所ではない。待ち合わせにも問題はないだろう。

 バッグの中のクリスマスプレゼントを、手探りで確かめながら、詩乃を待った。

 いつもと変わらぬ待ち合わせだというのに、特別な日の為か、ずいぶんと長く待っている気がした。

 時計を見る――と、待ち合わせ時刻を五分過ぎていた。

 詩乃が時間に遅れることはかなり珍しい。というより初めてのことだった。

 昨日も一緒に夕飯を食べて、それで詩乃が「明日は楽しみですね。付き合い始めてから、もうすぐ五か月です」と笑った。「詩乃は出会った頃から何も変わらないよな」と茶化すと、詩乃は「そう言われると思いましたので、明日はイメージチェンジをして、大人っぽい服装する計画を進めていましたっ」とドヤ顔をしていた。

 どうやら天川さんにコーディネートしてもらったようだ。宝くじの当選を伝えるように、詩乃は「なんとヒールも履きます。いつもスニーカーのわたしが!」と胸を反らした。

 なるほど。着なれない服と靴で遅れているのだろうと、合点がいった。スマホを見るがメッセージもない。急かして、気分を落ち込ませるのも予定に支障が出そうである。もう少し待ってみることにした。


 十五分が経過していた。

「おかしい、よな……?」

 相手がヒカルなら、笑って見過ごしただろう。あいつの性格はよくわかっているつもりだ。

 しかし相手は詩乃である。一分遅れるだけでも必ず連絡を入れる俺の自慢の彼女だ。それが音沙汰もなく十五分。

 手に汗がにじんでいた。握りしめたスマートフォンが冷たく感じる。俺たちの間に問題なんてなかった。だから考えられるのは、一つだけだった――詩乃に何かあったのか?

 人ごみの中にいると言うのに、世界でたった一人になってしまったかのようだ。指先から体温が奪われていく。

 否定と肯定を数秒ごとに繰り返していたら、二十分が経過していた――やはり異常だ。

 先ほどからメッセージを投げても既読にならない。

 こういうとき、俺という人間の器の狭さが嫌になる。普段から一緒にいることが多い為、電話をかける習慣がすっぽりと抜けていた。

 まず落ち着いて電話をかけよう――そう決意した瞬間だった。

 スマートフォンが鳴動した。

 着信名。『天川綺羅』。文字の羅列。名前と認識するまで数秒。普通ではない展開に、指先が震えた。

 着信ボタンをタップ。スマホを耳へ。名前を口にする前に声が聞こえた。

『――安藤くん? そっち新宿だよね? 今から言う病院まで走って!』

「――っ、なんで、もしかして」

 呼吸がうまくできない。まるで四百メートル走を走り終えたように苦しい。走ってもないのに、止まりたい。でも、時計はいつまでも進み続けた。

『シノが子供かばって、新宿駅の階段から落ちたみたい! 頭打って、病院運ばれたって!』

 広い新宿駅構内。

 俺たちはたしかに同じ時刻に同じ場所にいたらしい。

 だが出会うことなく、離れ離れになってしまった。

 そのときは知る由もなかったが、病院では患者情報が淡々と入力されていたようだった。


 西地野詩乃、十六歳。

 女性。

 駅構内階段で、子供をかばった為、落下(駅員情報の為、不明。現在確認中)。

 知人と連絡がつく。父親に繋いでもらえるとのこと。

 ドクター対応中、検査オーダーあり。実施。

 バイタル異常なし。著変なし。


 現在――意識不明。



 陸上部から離れて、約一年。

 久しぶりに走った感覚は、気持ちの良いものではなかった。

 どこをどう走ったかは覚えていない。

 とにかく、天川さんから教えてもらった病院をスマホで検索し、案内されるがままに走り抜けた。

 目的の病院に到着してから――俺は何をしただろうか? わからない。覚えていない。視界がぐらぐらと揺らいで、うまく考えがまとまらないことだけは覚えている。

 少なくとも、詩乃本人との面会は叶わなかった。そりゃそうだ。俺はただの他人である。家族でもなんでもない、ただの他人。

 時間経過と共に、現実逃避が進む。

 そうか、これは嘘なんだ。本当は、天川さんの悪戯で、クリスマスのちょっとしたどっきりイベントで、病院のどこかに元気な詩乃はいて、サンタコスなんかをして『どっきり大成功』とかいう看板を持って現れてくるんじゃないか――看護師が『面会はできません』と否定するたびに、それは妄想で、これが現実なのだと思い知らされる。

『面会はできません』――少なくともそれは、詩乃が病院にいることを示していた。

 限界ぎりぎりだった。

 倒れる寸前で、帰路についた。

 二つだけ、知り得た情報。

 一つ目。

 おそらく、詩乃は階段で躓いた小学生を咄嗟にかばった。運動靴なら踏ん張れただろう。しかし、低いとはいえ、履き慣れないヒールを履いていた為、バランスをくずしたようだ。そして階段の上から落下した。

 二つ目。

 詩乃は意識不明のまま運ばれて――今も、意識は戻らないままのようだった。


   *


 落下事故から数日が経った。

 今日は何日の何曜日だっけ――いや、もうそんなことに意味はないのだ。

 折よく冬休みに入っていた為、詩乃の凶報は高校の誰にも知られてはいない。できれば何事もないまま三学期を迎え、二年生への期待を胸に、二人で校門をくぐりたい。

 病院への見舞いは、毎日行っている。

 逆に言えば、それぐらいしかやれることはないのだった。

 クリスマスイブ。あんなにもワクワクした中央線車内は、ただひたすらに無味乾燥としていた。流れゆく景色に感想を持つ前に、すべての感情が悲しみに包まれる。

 あの日渡せなかったプレゼントは机の上――プリントアウトした自作小説の上に置かれたままだった。

 八王子発・新宿行の電車。

 並んで座っている天川さんが、俺にだけ聞こえるような声で確認をしてきた。

「大丈夫? 辛かったら、休み休み移動してもいいけど」

 天川さんのテンションも、どこか低い。

 いつも一緒だった幼馴染が事故で意識不明なのだ。無理もない。

 負担は掛けられないと思った。辛いのは俺だけではない。そもそも、付き合いの長い天川さんだってキツいだろうし、家族の気持ちなんて考えなくてもわかる。

 俺に必要なのは、周囲に負担をかけないように、笑うことだ。泣くことは許されない。

「いや、平気だよ。早く詩乃に会いたいし」

「……そうだね。じゃあ、休まずに行こうか」

 あれ。なんだろう、この感覚……。

 ふっと――秒針を見失うような浮遊感を得た。それに身を委ねたのが悪かったのだろうか。海で漂流するみたいに、時間の方向が定まらない。

 気が付けば病院の最寄り駅にいた。気が付けば病院のロビーにいた。気が付けば病室の中にいた。記憶の順番がぐちゃぐちゃになる。

 笑う、詩乃。

 頬を膨らませる、詩乃。

 そして――目を覚まさない詩乃。個室のベッドで眠る詩乃は人形みたいだった。呼吸もしてるし、外傷もない。でも、動かない。銀色の髪と桃色の唇。雪花石膏と見まがうほどの白い肌。

 彼女は生きている。

 でも――目を覚まさない。


 病室の前。ちらりと天川さんが俺へと視線を向ける。意図を汲み取ることはできないが、静かに頷いた。

 俺はドアに手をかける。

 そして願う。

 今日はきっと詩乃の目は覚めている。ベッドの上で身を起こした詩乃が、俺に笑いかけてくれる――でも今日まで願い事は叶っていない。

 スライドするドア。

 外と中の空気が混ざり合う瞬間――俺は思わず叫んだ。

 詩乃が起きていたのだ。

「詩乃!」

 ベッドの上で不思議そうに部屋を観察しているようだった。

 順繰りに巡る視線。

 俺の声が届いている感じがしないのは、気のせいだろうか。まるで気に掛ける必要のないラジオの音声を聞くみたいに、詩乃は俺に無関心に見える。

 いや、違う。彼女は混乱しているだけだ。

 きっと今すぐに俺の胸に飛び込んでくるに違いない。

 もう一度、俺の存在を示した。

「目が覚めたんだな……! 良かった……!」

 前に進みたいのに足が震えて動かない。すぐ傍に行きたいのに――行きたいのに……なんだ? なぜ俺は前に進まないんだ? 待て。なんだ? 俺は何を感じているんだ?

 詩乃がこちらを見る――緑の目が、俺を捉える。宝石のように輝くそれは、しかしなんの感情も宿っていないように見えた。

「シノ! 大丈夫っ?」

 ドアの前で立ち尽くす俺の脇を抜けて、天川さんがベッドに駆け寄った。俺はさび付いたブリキのおもちゃみたいにぎくしゃくと、天川さんの後を追う。


 ――なんだ? この変な感じはなんだ? 俺は詩乃に何を感じているんだ?


 目が覚めて嬉しいはずなのだ。先ほどまで感じていた閉塞感は綺麗さっぱりと消えたはずだ。なのに、とてつもない違和感が胸のうちを覆い尽くしている。

「綺羅、ちゃん?」

 詩乃は状況をわかっていないようだった。相変わらず不思議そうに周囲を観察していた。天川さんを確認し、俺を見た。前と変わらぬ、綺麗な色の瞳――やはり、なにかがおかしい。

 俺を、じっと見ている。不思議そうに、じっと。

 緑の瞳が、冷たく見える。

 天川さんは気が付かない。

「あ、そうだ。人を呼ばないとね」

 異変、異変、異変――ナースコールに手を伸ばした天川さんは気が付いていない。が、その動きは一瞬で硬直した。

 詩乃が天川さんに尋ねた。

「あの、綺羅ちゃん、わたしなんでこんなところに? 病院、だよね――あと、この男性はどなただっけ……?」

 行動停止。すべての力を思考にそそいだらしい天川さんは、結果、歪な笑みを浮かべた。

「シノ、冗談はやめようよ。こういうときは、さすがのわたしでも笑えない」

 やめてくれ、天川さん。今は、今だけは、言及しないでくれ。

 その話を、それ以上――進めないでくれ。

「冗談、ってなに? わたしはただ教えてほしいだけで……えっと、ごめんなさい、あの」

 詩乃は俺に視線をしっかりと合わせ――一年前、図書室で初めて見せてくれたような微笑みを浮かべた。

「――大変申し訳ないのですが、どなたでしょうか……?」

「……っ?」

 言葉が、出ない。

 笑えばいいのに笑えず。

 泣けばいいのに泣けず。

 俺は何を手伝えばいいのかわからない男子高校生みたいに、ただただ天使と女神の前で、顔をひきつらせながら突っ立っているだけだった。

 結論。

 俺の彼女――西地野詩乃は、記憶喪失となり、俺のことを忘れたようだった。

関連書籍

  • 世界最強の魔王、勇者の教師になる 勇者が弱すぎて物足りなかったので自分で育てることにした

    世界最強の魔王、勇者の教師になる 勇者が弱すぎて物足りなかったので自分で育てることにした

    斎藤 ニコ/桜木蓮

  • 顔が可愛ければそれで勝ちっ!! バカとメイドの勇者制度攻略法

    顔が可愛ければそれで勝ちっ!! バカとメイドの勇者制度攻略法

    斎藤 ニコ/もきゅ

Close