コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった

一章 再会(8)

    ◇ ◇ ◇


 しばらく街灯のない山道を歩き、やがて暗闇の中にたたずむコンビニに辿たどく。

 数十分前、星宮に連絡したオレは徒歩で迎えに来ていた。

 ズボンのポケットには合鍵が入っている。もちろん星宮から許可はもらっている。

 というより渡すつもりだったらしい。……これ、どうせいというやつでは?

 ストーカーの件だが、とくに夜の時間帯に気配を感じるそうだ。

 星宮のバイトが終わるのは基本的に午後10時。

 帰りは暗い山道を自転車で下るわけだが、時折後ろから自転車のライトで照らされるそうだ。しかも毎回後ろに居るのが同じ人かもしれない……とのこと。

 残念ながら顔は確認できず、体格からして三十代くらいの男の人かも……というのが星宮の予想となっている。また、家に入るときも視線を感じるとのこと。こわっ。

 コンビニに到着したオレは自動ドアを通り過ぎて店内に入る。相変わらず客は0人だ。

 レジに居るのは星宮────ではなく、筋肉ムキムキのたくましいオッサンだった。

 しかし唇は女性のようにプルプルで、いかつい顔には申し訳程度の化粧が施されている。

「いらっしゃいぃぃ……んん? 君は……強盗のときの子ね?」

「そ、そうです……っ」

 オレに気づいたオッサンがキラリと目を光らせる。ひぃ。

「中々わいい顔、してるじゃないぃ。どう、うちで働いてみない?」

「夜のスカウトマンかよ。オレは星宮を迎えに来たんです」

「な〜るほど。最近、彩奈ちゃんにまとう不審者が居るらしいわねぇ。君がボディーガードをするわけねぇ」

「はい」

 しゃべり方に癖がある。オッサンの声で女性っぽく話すから違和感がすごい。

「彩奈ちゃんを守ってくれてありがとねぇ」

「偶然みたいなものですけど」

「オーナーとしてお礼を言わせてもらうわ。本当にありがとう」

 オーナーかよっ。つまり店長より上じゃん!

「彩奈ちゃんは今、バックヤードに居るわ。もうすぐ出てくるんじゃないかしら」

「わかりました。待ちます」

「君の名前は確か……黒峰リクちゃんねぇ」

「あ、あの……できれば、ちゃん付けはやめてください。こわいので」

「んっふぅ、可愛い名前ね。可愛い顔に似合ってるわ」

 そう言いながら愉快げに口元を緩ませるオーナー。……あれ、オレ狙われてね?

「ここで働いてみないぃ?」

「そう言われても……」

「彩奈ちゃんを一人で置いておくのが怖いのよねえ。この間、強盗も入ったし……」

「ここ、狙われやすい場所ですよね」

 人里離れている上に、客もあまり来ない。

「そうなのよねぇ。だから私が深夜に入るようにして、これまで強盗を撃退してきたんだけど……ついに彩奈ちゃんが一人のときに狙われちゃったのよぉ」

「魔境かよ。普通に言ってるけど、めっちゃヤベェ話じゃん」

 さっきの言い方だと、このオーナーは何度も強盗と戦ってきたことになる。

 やはり化け物の類なのか。

「お客さん少ないから、なるべく人員の削減をしたいんだけど……大切な店員の命には代えられないもの。ここで働いてる人はみんな女性だしぃ」

「え、みんな女性?」

「そうよぉ。みんな女性」

 …………。

 そういえば店長も女性だったな。他の店員は見たことないが女性らしい。

「どうかしら?」

「……そうですね……」

「恋人と一緒に働けるなんて夢のようでしょ?」

「いや恋人じゃないですから」

「恋人でもないのに、強盗やストーカーから守ってあげるのかしらぁ?」

「まあ、はい」

 恩人ですし。だが、こちらの事情を知らないオーナーは感動したようだ。

 ダンッ! とカウンターをたたき、目をカッぴらいて野太い声を上げる……っ!

「素晴らしい! それでこそ日本男児! 眠りし武士の血よ!」

「おーい、もうオネエですらないんですけど」

 ガチに厳ついオッサンだった。なんかもう戦場でおおやりを振り回してそうな雰囲気。

 オレがオーナーを前にぜんとしていると、後ろから人の気配を感じた。

「あ、黒峰くん。迎えに来てくれたんだね。ありがと」

「……助けに来てくれてありがとう」

「え?」

 キョトンと首をかしげる星宮。いや、オーナーと二人きりは、あらゆる意味で精神的負担がすごい。もう少しで泣きそうだった。

「オーナー、お疲れさまでした」

「お疲れさま彩奈ちゃん。しっかりと彼氏に守ってもらうのよ」

「か、かか、彼氏じゃないですってば!」

 ボッと顔を赤くさせた星宮が、メガネが飛びそうな勢いで顔を振った。

 ……そこまで否定されるとむなしくなる。いいんだけどさ。

 星宮とコンビニから出て駐車場に向かう。当然自転車は一台だ。

「ここはあれだね、黒峰くん。二人乗りしよっか」

「だな。もう歩きたくない」

「さあ乗って」

 さっそうと自転車にまたがった星宮が、後ろに座ることを促す。

「えと、星宮がぐのか?」

「まあね。任せて」

「いや……まあいいか」

 とくに気にせず後ろに座る。星宮は「んぅ〜!」と声を上げながら自転車を漕ごうとするが、上手うまくバランスを保てずに足を地面につけていた。

「……無理じゃないか? やっぱりオレが漕ぐよ」

「大丈夫! これでもあたし、運動神経は良い方だからっ!」

「そうは言ってもな……」

 頑張って足を地面につけないよう漕ぐ努力をしているが、自転車はフラフラだ。

 怖さのあまり、オレはとっに星宮の腰にしがみつく。柔らかい……。

 しかし、こんな危なっかしい運転で山道を下りたくない。

「悪いけど星宮、自転車で死にたくない」

「……ごめん。あんまり黒峰くんには迷惑をかけたくなかったんだけど……」

「これくらい、迷惑にならないっての」

 後ろに星宮を乗せ、オレは楽々と自転車で山道を下っていく。

 なんかさ、こういうの良いよなぁ。女の子と一緒に夜の山道を走るのって。

 もしこれで星宮が陽乃だったら────。

「いきなりだけど、なにかあった?」

「え?」

 それは、確信的な尋ね方だった。

「バイト中もね、黒峰くんのことずっと考えてた」

 ……え、まさかオレのことが────。

「黒峰くんは、自分がつらいとき…………誰にも助けを求めないよね」

「どうだろうな」

「そうやってね、自分の気持ちにウソをついてると最後はパンクしちゃうよ。あたしのお父さんもそうだった。全部め込んじゃって。今の黒峰くんも、そんな感じがするよ」

「…………」

 オレは返事をせず、ハンドル操作しながら前方の暗闇を見続ける。

「辛いときには辛いって、言っていいんだからね。ううん、言ってほしいの」

 オレの腹に細い両腕が回される。背中に温かく柔らかい感触が押し付けられた。

 優しく包み込むように抱きしめられている──と理解する。

「……わかった。今すぐは無理だろうけど……善処する」

「うん。黒峰くんのペースでいいからね……」

 不思議なことに、星宮の言葉はオレの胸の中にスッと入った。

 彼女の優しさを背中にも感じたからだろうか。

 これまでのオレは陽乃がそばに居てくれるなら何でも良かった。

 けど、今は────。

「そうだ、明日二人で遊びに行こっか」

「遊びに?」

「うん! 自分をパーッと解放してね、思いっきり遊ぶの! どうかな?」

「……いいよ。遊びに行くか」

「決まりっ。明日、楽しみだね」

 えへへ、と弾むようなわいらしい声が耳元でかすかに聞こえた。

 きっと今の星宮はれるような笑顔を浮かべているのだろう。

 そんなことを思ったせいか、オレはポロッと本音を口にする。

「星宮って……いい女だよな」

「え、えぇえええ!? いきなりなに!?」

「いや、思ったことを言っただけだ。ふざけてるとかじゃなく、な」

 これほど他人の心に寄り添ってくれる女子が他に居るのだろうか。

 ただ好き好きと言われて迫られるよりも、圧倒的に心が満たされる気がする。

 ……オレと星宮が話し始めたのは、つい昨日のことだよな。

 ずっと前から星宮のことを知っていたような感覚でいた。

 それほど濃密な時間を星宮と過ごしているのか。

「も、もうっ! 変なこと言わないでよ! そもそも黒峰くんって────」

「ちょ、ちょっ! 暴れるなって!」

 照れ隠しのジタバタか知らないが、後ろに座る星宮が激しく揺れている。や、やべえ!

 まさに、夜の地獄サイクリングである。

 これからは、あまり下手なことは言わないでおこう……っ。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 1

    コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 1

    あボーン/なかむら

  • コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 2

    コンビニ強盗から助けた地味店員が、同じクラスのうぶで可愛いギャルだった 2

    あボーン/なかむら

  • ネトゲの嫁が人気アイドルだった クール系の彼女は現実でも嫁のつもりでいる 1

    ネトゲの嫁が人気アイドルだった クール系の彼女は現実でも嫁のつもりでいる 1

    あボーン/館田ダン

Close