第一章「いっしょに初体験したいです」(2)

「もい! オーガ!! 待っていましたよ!」

 ちなみに「もい」はフィンランド語で「やあ」とか「こんにちは」とかいう意味だ。

 そして「もいもい」と二回続くと「さよなら」になる。参考までに。

 ――で、そんな挨拶をして登場したのは、銀髪を振り乱し、青い瞳をキラッキラに輝かせた超絶美少女。

 ファンタジーなお城か、百歩譲ってヨーロッパの豪勢なお屋敷にいそうな美少女が、ごく普通の分譲住宅に現れる非日常感。いい加減慣れてはきたが、未だに異世界転移をしたのではないかと疑いたくなる。

 当の美少女は待ちきれないことを表すように、その場で足踏みを繰り返す。

「随分とゆっくりでしたね、オーガ」

「エイヤが早いんだよ」

 俺も寄り道しないで帰ってきたのに。

「教室を真っ先に出て、駅まで走りましたから!」

 さすがエルフ。足速いな。『ロード・オブ・ザ・指輪』で観たとおりだ。

 そう。このハイテンションで、まぶしいばかりの笑顔を見せているのは、つい一時間ほど前、教室で委員長のありがたい申し出を足蹴にしていた氷のエルフ。

 ――何を隠そう、我がクラスの留学生、エイヤ・ピッカライネン。

 これがその素顔。

 俺だけが知る、真の姿だ。

「やりましょう『イヌ娘』!!」

 まるで主人の帰りを喜ぶイヌ動画を彷彿とさせる。頭に生えたヒコーキ耳と、千切れんばかりに振られる尻尾までが見えるようだ。

「さ、さ、早く上がってください」

「そうだな。俺の家だしな」

 エイヤは階段をたたたと上がると、ぴたりと止まって、ちゃんと付いて来ているか確認するように後ろを振り向く。なんだか本当に子犬を思わせる動きだ。あとスカートの中が見えてしまいそうで、目のやり場に困る。

 クラスの連中がエイヤのこんな姿を見たら、卒倒するのではないだろうか? 或いは他人のそら似か、宇宙人に操られていると思われるかのどちらかだろう。

 俺の部屋の前に立つと、俺がドアを開けて中に入るのを見届ける。そして当然のように一緒に部屋に入ってくると、これまた当然のように俺の上着を脱ぐ手伝いをする。

「……いや、ありがたいけど、しなくていいよ」

 ちょっと新婚さんみたいでハズいし。

「でも、その方が早くいっしょに遊べますから♪」

 一刻も早く、自分の相手をしろということらしい。ひょっとしたら、一緒に遊ばずに別のことを始めるかも知れない……と疑っていて、見張っているのかも。

 妙に手慣れた手つきで、上着をハンガーに掛け、何かを待っているエイヤ。

 俺と無言で見つめ合うと、

「?」

 と首をかしげる。

「……エイヤ、ズボンを脱ぐから」

「はい。後でしっかりプレスして、しわを取っておきます。ホームステイでお世話になってるお礼もしたいです」

 うむ。その心遣いは非常に有り難い。しかし、もっと気楽に接して欲しいとも思う。っていうか、それよりも――

「しかしズボンを脱ぐと、パンツをお目にかけるという驚きの事実が待っている」

「は!?」

 エイヤはハンガーにかけた上着を手にしたまま、恥ずかしそうに部屋を出て行った。

 どうやらパンツを見たかったわけではないようだ。俺は部屋着に着替えると、エイヤの部屋に向かう。

 余談だが、この一ヵ月で俺の部屋着はレベルアップした。今まで着古しのダッサい服だったのが、今ではそれなりに気を遣ったものになっている。

 なにせ家の中に、あんな人外級の美少女がいるのである。気にするなと言う方が無理だ。

「エイヤ?」

 ノックするとドアが細く開き、頬を赤くしたエイヤの顔が半分覗く。

「あの……私そういうつもりではなくて、ですね……」

 エイヤは何かに気を取られると、他のことに気付かないなんてことがよくある。意外とポンコツなところがあるのだ。学校では、ほとんど他人と接触がないので気付かれることはないが。

「そんなにやりたかったら、先に初めてくれてても良かったのに」

「え……」

 エイヤは虚ろな目をして、斜め下を向いた。

「すみません……一人じゃ何も出来なくて……」

 ヤバい。病みモードに突入しそうな予感!

 エイヤは涙目になりながら、無理に笑おうとしている。

「学校との往復がやっと出来るくらいで……一人だと迷子になりますし……店員さんと話が出来ないから買い物も出来ませんし……オタ活だって……すみません。すみません」

 引きつった笑顔を伏せる。今はもう、頭頂部しか見えないほどに。

 エイヤは自己評価が低い。これだけの美貌に加えて頭もいいのに、どういうこと? ワケが分からん、と普通の人なら思うだろう。

 しかし対人恐怖症レベルのコミュ障というものは、全ての美点を帳消しにしてしまうようだ。

 既にお分かりのように、エイヤはシャイで内向的で、あがり症で人見知りなのだ。

 だから学校では、常に極度の緊張に晒されている。どこから弾が飛んでくるか分からない戦場に放り込まれた、新兵のようなものだ。

 だからどうしても無表情。無口。他人とのコミュニケーションを拒否することになる。

 よくそれで留学なんかしようと思ったな!? とツッコみたい気持ちは良く分かる。というか、声に出さずにツッコんだことなら、俺もある。

 ただ、それほどの苦難を乗り越えて、日本にやって来た情熱は本物だ。

 その行動力を、俺は尊敬している。

 少なくとも、俺にそんな行動力はない。

 でも、今は何をするにも俺に頼り切りという現実。それはエイヤのためにならないんじゃないか? そう思ったこともある。

 けれど――

「い、いや! 待っててくれて、う、うれしいよ! やっぱ一人でやるより、二人でやった方が楽しいもんな!」

「……本当ですか?」

「当たり前だろ! 俺がエイヤに嘘を吐いたことがあるか?」

 エイヤは顔を上げると、指先で目じりの涙をぬぐう。

「で、ですよね。オーガは私に嘘なんて言いませんし、何より私のヒーローですから!」

 少し騙したような気分がするのと、俺に対する過大評価で胸が痛い。

「それより、やるんだろ? 『イヌ娘』」

「はいっ! ぜひ教えてください!!」

 きらんと青い瞳を輝かせると、俺を部屋に招き入れる。一応、うちの両親とエイヤの両親には、俺はエイヤの部屋に入らないという誓いを立てている。

 しかし何ごとにも例外は付きものだ。まして部屋の主が入れと言っているのだ。これが断れようか、いや断れない――反語。

 以前は物置同然だった部屋が、今では立派な『女の子の部屋』だ。オシャレな北欧家具と雑貨で飾られた、可愛らしくもセンスを感じさせるインテリア。そしてとても良い香りがする。この前までの埃臭さは微塵もない。

 エイヤと一緒にインテリアを選びに行った日のことを思い出した。

 ちょっと恥ずかしくもあるが、胸がくすぐったくなるような、楽しい経験だった。新婚さんと間違えられたときは特に。

 でも、ヤバい状況でもあったな。まさかそこで、あいつが現れるとは――

「どうかしましたか?」

 俺は回想から抜け出し、軽く咳払いをする。

「あー……教えると言っても、『イヌ娘』は俺も初めてなんだぞ?」

 しかしエイヤはブレないポジティブさで両手を合わせると、きらきらした瞳を向ける。

「それじゃ、二人でいっしょに初体験しちゃうんですね!」

 言い方ァ!

 でも、にっこーって音がしそうな、めっちゃいい笑顔!

 学校での氷の無表情とのギャップが凄い。油断したら一撃KOでやられそうだ。

「それじゃ、こちらに座って下さい」

 エイヤはベッドに腰を下ろすと、隣に手を添える。

 いつもながら、この警戒心のなさ。俺の理性を常に試されているような気がする。

 俺はなるべく意識しないようにして、ベッドに腰を下ろす。ここに毎晩、エイヤが寝ていると――考えるな!

「このゲーム、とても気になるので……オーガといっしょに初体験したいです」

 言い方ァ!!

 追い打ちをかけるように、目を細めてとろけそうな笑顔をされた。やめてくれ、俺のすべてがとろけそうだ。

「と、とりあえず始めるか……って」

 エイヤが体を密着させるように、にじり寄ってきた。なにその波状攻撃!?

「あの、エイヤさん? 何でぴったり詰めて座るの?」

「オーガくんの画面がよく見えませんから」

「あ、一緒ってスマホまで一緒?」

「初めてですから、同じ画面を見た方が理解が早くありませんか? 見逃すこともないですし、気付けることも多いと思います」

「それは、まあ……確かに」

 やはりエイヤに妙な下心などあるはずがなかった。深く反省する俺を、エイヤは心配そうな顔で見つめていた。

「もしかして……イヤだったですか?」

 無論、俺だって嫌じゃない。嫌なものか。むしろウエルカム。

 ただ、気になって仕方がないんだよ。

 すっげ良い匂いとか、体温とか。

 それにエイヤは夢中になると、距離が近くなる。普段は他人との距離をすごく気にしているというのに。

 フィンランド人は、パーソナルスペースをとても大事にするそうだが、特にエイヤはそれが顕著。満員電車とか、見ただけで顔色が真っ青になるレベルである。

 それが俺とのオタ活となると、体が触れても全然気付かない。一方こちらは、逆に集中力を接触した箇所に全て持って行かれる。エイヤの体の柔らかさに全集中だ。

 それを強靱な精神力で引き剥がして、ゲームに向けさせるという激務。しんどいです。

「ですよね……やっぱりゲームは一人で楽しみたいですよね……私なんかのために、ごめんなさい……」

 うわ! いつの間にかまた病みモード!? 油断がならないぞ、このエルフ!

「嫌じゃない! 嫌なわけないって! と、とにかく初めてみようか」

 強い気持ちで精神を集中させ深呼吸。ゲームの呼吸だ。

 よし行くぜ!

 と思った直後、ダウンロード&インストールが始まった。

「出鼻を骨折しましたね」

「大惨事だな!」

 エイヤの捏造慣用句をさらりと流し、ダウンロードを待つ間に飲み物とお菓子を用意して、仕切り直し。

 イヌを擬人化したキャラクターが、ずらりと並ぶ。

 一目見て、エイヤの瞳にハートマークが浮かぶ。

「きゅぅうう~かわいいですぅ……?」

 お前が言うか、という感じだが、自分に自信がないせいか、エイヤはあまり自分の美しさや可愛さに自覚がない。

 前に思い切って訊いたことがある。そうしたら、思いっきり意外そうな顔をした後、真っ赤になって、めっちゃ照れまくった。そして言い訳をするように――

「そ、そんなことないです。私なんて普通です。ヘルシンキにはもっとキレイな人、いっぱいいますよ!」

 フィンランド! 恐ろしい国!

 いや、多分エイヤは謙遜しているだけなのだろう。もし本当なら、北欧の顔面偏差値のインフレがヤバ過ぎる。美のハイパーインフレだ。

「本当にどの子も可愛いですね……キャラデザは一体誰なんでしょう? 興味があります」

「スタッフはとりあえず置いておこうか」

 最近、エイヤのオタクレベルがどんどん上がっている。イラストレーターや声優は誰だとか、そんな話までするようになった。

 かくいう俺もだが。

 小学生の頃は結構オタ活してたんだが、中学に入ってからはオタク文化から離れていた。

 何かに熱中することなく、一応は流行り物をチェックして、みんなの話題に乗り遅れないようにしていた。目立ちすぎることはせず、でも空気にならないように。

 誰からも不満を抱かれないように。和を乱さないように。不興を買わないように。叩かれないように。

 俺は上手くやっていたと思う。

 何かに夢中になるって、他人から見たらバカに見えるもんだ。特に夢中になっているものが、その人に理解出来ないものなら尚更だ。

 そして人は自分が正しいと証明するために、理解の出来ないものを叩く。容赦なく。

 だから俺は大切なものを持たないように過ごした。

 それが一番いいというか、無難で、賢い選択だと思っていた。

 そうして何となく過ごしている間に、中学校を卒業してしまった。

 このまま俺は大人になるんだろうか。

 どんな大人に?

 普通の人。

 世の中が決めた、誰の邪魔にもならない量産型の人間。

 世間はそれを求めているようにも思える。

 でも俺は――

「ああっ悩みます~! どの子も私に育てて欲しいと言ってるみたいです!」

 エイヤは眉を寄せて、スマホの画面とにらめっこをしていた。

「まあ、でも決めないとゲームが始められないからなあ」

「思い切って、えいやっで決めないとですね! エイヤだけに!」

 このダジャレを教室で言ったら、大爆笑か凍り付くか……果たしてどちらだろうか?

 俺予想では、凍り付いた後で、裏で笑われるような気がしてならない。

 そして十分経過。

 どのイヌ娘を育てるかでだいぶ悩んだが、何度もやり直せると知って、エイヤも安心したらしい。それなら……と、茶髪でツインテール。お姫様のようなティアラを付けたキャラを選んだ。ちなみに犬種はポメラニアン。

「それじゃ育て方を調べるか……」

 攻略サイトを検索しようとした俺を、エイヤが止める。

「それは邪道です。やはり、ここは自分自身の力で成し遂げるべきかと!」

 なんという硬派! ならば……見せてみるがいい! お前の実力を!!

 ドッグレースの最高峰、D1レースを目指してトレーニングを積みながら、徐々に大きなレースを目指してゆく。

「ああっ! 何でレース前になると体調を崩しちゃうんですか!?」

「ええ!? せっかく休憩で体力を回復してあげようと思ったのに、休憩に失敗するって意味が分かりません!」

 とかなりのエキサイト。

 ゲームを進めるには条件があり、特定のレースで上位に入らなければ先に進めない。今回は、志半ばでゲームは終わった。

『まあ、目標には届かなかったけど……ありがとね』

 というセリフと、清々しい顔でファンに手を振るキャラクターのグラフィックに、エイヤは思わず涙ぐんだ。

「ごめんなさい……ダメなトレーナーで。あなたを勝たせてあげられませんでした……やっぱり私はダメな人間なんです……」

「そう気を落とすなって。次頑張ろう」

「そ、そうですね! 今度こそ幸せにしてあげなければ!」

「にしても、随分気に入ったみたいだな」

「はい。やっぱり私、ワンちゃんキャラが大好きなんですね。フィンランドでは、犬を主人公にした日本のマンガが大人気ですし。もう国民的なレベルで」

 犬の……? そんな凄い人気タイトルあったかな?

「少年シャンプでやってた『金牙 流星の金』です」

「意外過ぎる! ワンビーズとかじゃないのかよ!?」

「ですから、耳や尻尾のついたキャラも全般的に人気です」

「まさかのケモナー大国!?」

「特に犬が好きなのは、犬ぞりが生活に密着していた過去があるからかもですね」

「なるほど……」

「ですからこのイヌ娘は、とっても気に入りました! 激しく興味があります! 全てを知り尽くしたいです!! とりあえず攻略サイトを読破しましょう」

「さっきと言ってることが違う!?」

「だって、こんな可愛い子たちを、これ以上悲しませるなんて出来ないじゃないですか!」

 落ち込みながらも、エイヤはいつも頑張っている。

 ――但しオタ活に限る。

 そもそも日本に来た理由が、オタク文化の本場、日本でオタ活をするためである!

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい

    好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい

    久慈マサムネ/Aちき

  • 魔装学園H×H

    魔装学園H×H

    久慈マサムネ/Hisasi/黒銀

  • 魔王学園の反逆者 人類初の魔王候補、眷属少女と王座を目指して成り上がる

    魔王学園の反逆者 人類初の魔王候補、眷属少女と王座を目指して成り上がる

    久慈マサムネ/kakao

Close