始 真丘家の男の宿命

1 新入生歓迎会殺人事件(7)

 新入生がいなくなり、片付けの時間になっても松岡先生は現れない。

「どうしたんだ、松岡先生?」

『三角巾』が心配そうな顔をする。

「松岡、最後まで嫌がらせする気かしら?」

「いや、いくら松岡先生でもそれはやんないだろう?」

 歓迎会の中心になっていた三人が集まる。他にも、後片付けで各部活一人ずつ残ってもらっている。何気にユキも残っていた。

 嫌がらせだったとしても、松岡先生はさすがに最後の挨拶には出る気がする。自分の顔が潰れるようなことを嫌う性格だ。それに、なんだか妙に嫌な予感がした。

 ちょうど近くに師岡先生がいたので俺は呼び止める。パイプ椅子の片付けを手伝ってくれていた。

「師岡先生、すみません」

「どうかしたの?」

 師岡先生はいつも通り生気がない返事をする。せっかくの二枚目が三割ダウンだ。

「松岡先生を知りませんか?」

「松岡先生? 見てないけど。さっき、挨拶が松岡先生じゃなかったのは、先生がいないからだったんですか?」

 いかにも社交辞令っぽく質問された。せっかくなので、話に巻き込むために説明する。

「──というわけです」

 師岡先生の顔がいかにも聞かなきゃよかった、と語っていた。聞いた以上何もしないのも罪悪感があるらしく、ポケットからスマホを取り出した。

「一応、松岡先生にかけてみるけど、それでいい?」

「お願いします」

 部長たちも師岡先生に注目する。師岡先生は本当に居心地悪そうだ。

「……取ってくれないな」

「電源は切られてないんですか?」

「電源は入っている」

 じゃあ、どこかにスマホを置きっぱなしにしているのだろうか。

 考えていると、後ろから足音と共にスマホのバイブレーションの音が聞こえた。

「おい、陸。これステージの左端に落ちてたんだけど?」

 ユキが使い込まれたスマホを持ってきた。片付けの最中に見つけたんだろう。

「左端?」

「ええっと向かって左側。演劇部か、オーケストラ部が落としたんじゃないか。一番後ろの幕のところだったから」

 ステージの左側を見る。確かにステージ全面を使っていたのは、その二つの部活くらいしかない。

「ちょっと待って」

 師岡先生が、通話を切る。すると、ユキが持っているスマホの振動が止まった。

「そのスマホ、松岡先生のものだ」

「えっ?」

 俺はスマホを確認する。

「じゃあ、松岡先生はどこにいるんですかね?」

 俺はユキたちが言っていたステージの左側へ移動する。

 なんだ、これ?

 床に水滴が落ちて湿っている。あとかすかに汚物の臭いがした。演劇部が使ったであろう脚立の前だ。

「きゃあっ!」

 ユキにくっついていた女子生徒の一人が目を見開き、尻もちをついていた。彼女は口をパクパクさせながら、震える指でステージの左上をさしていた。

 俺はそれを目で辿る。

 すると──。

 引き割幕とかすみ幕に隠れるように、変わり果てた姿の松岡先生が首を吊ってぶら下がっていた。

 脚立の上には靴が揃えられ、松岡先生の足からは尿が滴り床にしみを作っていた。


------------------------------

試し読みは以上です。


続きは2021年10月25日(月)発売

『迷探偵の条件』でお楽しみください!


※本ページ内の文章は制作中のものです。製品版と一部異なる場合があります。


------------------------------

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 迷探偵の条件 1

    迷探偵の条件 1

    日向夏/magako

    BookWalkerで購入する
    Amazonで購入する
Close