【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。1

第2話 【誰?】俺の結婚相手、二次元じゃない

 ダイニングテーブルの椅子に腰掛けて。

 綿わたなえさんは所在なさげに、脚をそわそわ動かしてる。

 一方のは、その隣にどっかりと偉そうに座っていやがる。

 なんなんだ、この状況……。

「え、えっと……綿苗さん。取りあえず、お茶……いる?」

「あ、ありがとうです……」

「あ、兄さん。冷たいのにして」

 那由のオーダーどおり、三人分の麦茶を用意する俺。

 そして再び、俺は綿苗さんの正面に座った。

 麦茶を飲みながら、ちらっと彼女の顔を見る。

 こうして見ると、鼻筋は通ってるし、ぱっちり大きな目をしてるし。

 整った顔立ちなんだよなぁ。

 眼鏡を掛けてるせいで、パッと見じゃ分かんなかったけど。

 そんな俺の視線に気付いたのか、綿苗さんは頰を赤くしてうつむいた。

「あ……ご、ごめん……」

「い、いえ……こちらこそ、すみません」

「けっ。どーも、ういういしいこって」

「やかましいな、お前は。毒づいてないで、手助けしろって」

「やだよ、めんどい」

 何しに来たんだ、お前は。

 仕方ないので、俺の方から話を振る。

「えっと。綿苗さんも、事情は聞いて……?」

「は、はい……私のお父さんが、取引先の人と仲良くなって……お互いの子どもを結婚させる約束をしたって……」

 何回聞いても理不尽だな。

 光の速さで明日にダッシュしてやがる。

ゆうちゃんは、高一の頃から上京してんだって?」

 那由がだるそうな顔で尋ねる。

「あ、はい。地元は関東じゃなくって……高校から、一人暮らしです」

「そ。ちな、兄さんも一人暮らし」

「ああ。うちの親父が海外赴任中で、こいつも向こうに……」

「とりま、こっちに越してくるでいい? 結花ちゃん」

「待て待て」

 いきなり話をまとめはじめた那由を、俺は制する。

「なんでお前、勝手に引っ越し決めようとしてるの?」

「は? だって、こっちの方が家広いっしょ? 結婚するなら、どうせいだし。何か?」

「電話でも言ったろ? 俺も相手も高校生。法律的に結婚はできないの」

「事実婚ってやつっしょ。両家の親も了解してるし」

「外堀は埋まっても、本丸同士が納得してないんだけど」

「それは父さんに言えし。あたしは知らん」

 那由が露骨に不快な顔をする。

 まぁ確かに、那由が決めたわけじゃないし、言っても仕方ないんだけど。

「あのさぁ……那由」

 それでも言わずにいられなくって、俺はぽつりと呟く。

「俺がさ。もう三次元と恋愛しないって決めたの、知ってるだろ?」

「父さんが離婚して、結婚に夢が持てなくなった。中三でフラれてから、二次元にしか興味がなくなった。耳にタコができるほど聞いたし」

 親父が母さんと別れて、もう死ぬんじゃないかってくらい落ち込んでる姿を見て、結婚の末路は地獄なんだって知った。

 そして中三のあの事件をきっかけに、傷つくことも傷つけることもない、二次元しか愛さないって決めた。

 それが俺──かたゆういちだ。

「はぁ……あのキャラには、『結婚したい』とか『幸せにしたい』とか言ってるくせに」

「那由。あのキャラじゃなくって、ゆうなちゃんだ。きちんと名前で呼べ」

「うわ……ツッコむの、そこ?」

 ドン引いた顔で俺を見て、那由はふぅとため息をいた。

「ま。平面も組み合わせれば、立体になるし。二次元がなんか合体したものと思えば、結婚にも慣れるんじゃん? 知らんけど」

「何その、謎理論。まったく意味が分かんないけど」

「兄さんも、大体いつもイミフっしょ。まぁいいからさ。せいぜいリアル嫁をたんのうしなって。けっ」

「だから、なんでキレ気味なんだよお前は!?」

 俺の質問に答えることなく。

 那由はこちらに背中を向けたまま、言った。

「はい、この話は終わり。あとは若い二人で、ごゆっくり。それじゃあね兄さん……幸せに死ね」

「死ね!? なんだその、最大レベルの暴言!」

 そうやって、有無を言わさず話を打ち切ると。

 俺が止めるのも聞かず、那由はそのままさっさと家を後にした。


   ◆


 ──拝啓、那由さま。お元気でしょうか?

 あなたがいなくなって一時間。部屋は静まり返ったままです。

「…………」

「…………」

 俺と綿苗さんはお互い視線をらしつつ、椅子から立ち上がることさえできずにいた。

 気まずくて気まずくて、震える……。

 ──とはいえ。

 いつまでもこんな、こうちゃく状態でいるわけにもいかない。

 俺はこほんとせきばらいをして、綿苗さんの方に視線を向けた。

 頑張れ、遊一。

「なぁ、綿苗さん。俺さ……結構な陰キャなんだよ」

「……はい?」

 未来へ進むための、後ろ向きな一言。

 綿苗さんは首をかしげてるけど、それでもおかまいなしに俺は続ける。

「だから俺には、女子と盛り上がれる話題なんかない。おいしいスイーツの店は知らないし、タピオカとところてん一緒じゃんとか思ってるし、Jソウルが何代目かも知らない。アニメとマンガとゲームの話しかできない。女子受けする話題なんて……皆無なんだ」

 途中からやや早口になって、自分でも引く。

 でもいいよ。ドン引きでもなんでもしてくれ。

 それで解散。この結婚話は終わり。

 それが一番、誰も傷つかない。

 はぁ……それにしても、こんな結婚をたくらんだ親父はマジで末代までたたってやりたい。

 あ。でも親を末代まで祟ると、自分を祟ることになるのか。

 そんな、やくたいもないことを考えていると。


「────さ、最近の推しヒロインは、誰ですか?」

「…………はい?」


 綿苗さんが肩を震わせながら、ギュッと目をつぶった。

 思いがけない言葉に、俺は思わず間抜けな声を漏らしてしまう。

 そして、脳細胞をトップギアにして、俺はそのセリフを適切に解釈した。

「……どれが48とか、どこの坂道とか、分かんないよ?」

「私だって、四十人以上いるアイドルの顔判別はできません!」

 あれ?

 今どきの女子が『ヒロイン』って言うから、三次元アイドルグループの話だと思ったんだけど。

 動揺する俺をジト目で見て、綿苗さんは唇をとがらせる。

「だから、最近の推しヒロインですって。言ったじゃないですか、さっき。アニメとマンガとゲームの話なら、できるって」

「それを聞くことで、俺をどうするつもりなのか」

「……どうするつもりだと、思ってるんですか?」

つぼか絵画か、あるいはサプリメントか」

「なんで何かを売りつける前提なんですか! 私はただ、純粋に!! あなたの趣味を聞きたいって言ってるんです!!」

「何も売りつけないの? じゃああれか。SNSで小馬鹿にして、バズらせ……」

「あーもぉ! どこまでこじらせた思考回路なんですか!?」

 最初こそこわごわとした口調だったけど、言い合ってるうちに段々と、綿苗さんの声のボルテージも上がってくる。

 そして最終的には、深々とため息を吐いた。

「……ちなみに私は、四女派です。元気だけど闇を抱えているとか、最強のえポイントだと思いません?」

「────!? 四……女……?」

 そのフレーズを聞いて、ピンとこないオタクはいないと思う。

「ひ、ひょっとして綿苗さん……『五分割された許嫁いいなずけ』の話してんの!?」

「さっきからそう言って──」

「俺は三女! ヘッドフォン萌えなんだよ、俺」

 唇を尖らせる綿苗さんの言葉を遮って、俺は叫んだ。

 そんな俺を一瞬ぽかんと見てから……綿苗さんは、くすっと笑う。

「ふふ……なんですか、そのニッチな趣味は」

「だってヘッドフォンしてる女の子って、なんか萌えない? 普段は露出してる耳をあえて隠すことで、むしろ背徳感が増すっていうか」

「じゃあ、露出控えめな方が好きなんですか?」

「う……そ、それは時と場合によるかな……露出の多いキャラも、作品によっては好きだし……」

「えー? さっきと言ってること違うー」

「そ、そういう綿苗さんには、ニッチな趣味とかないの?」

「え、わ、私は別に……」

「あ。それ、絶対あるときの反応でしょ。綿苗さん、おとなしそうな顔だけど案外……」

「な、何を想像してるんですか!? 違います! 私のは健全なやつです!!」

「じゃあ、なんなのさ?」

「うー……説明が難しいんですけど。シャツを着るときって大体、一番上のボタンって開けとくじゃないですか。首元が苦しいから」

「確かに。ネクタイでもしない限り、開けてるね」

「そう! じゃあネクタイもないのに、首元までボタンを締めてたら……どうです?」

「……どうって?」

「ほら、萌えるじゃないですか! 普段は露出してる鎖骨や首筋をあえて隠すことで、むしろ背徳感が増すっていうか!!」

「何その、ニッチすぎる趣味は」

「えー!? 佐方くんのヘッドフォンフェチほどじゃないです!」

「いや、さすがに首元ボタンフェチの方がやばいでしょ」

「もぉー」

 ドン引いたふりをする俺に抗議するように、綿苗さんは頰を膨らませた。

 ふっと目が合ったから、思わず二人で吹き出してしまう。


 そして俺たちは──そのままひたすら、オタク談議に花を咲かせることになった。


   ◆


 それから一時間はったかな。

 段々と喉がイガイガしてきたのを感じて、俺はいれ直したお茶を一気に飲み干した。

「おー。すごい飲みっぷりですね」

「いや……普段、こんなにしゃべらないから」

 普段の俺は、家で独り言しかつぶやかない。学校でも、最低限の会話ばっかりだ。

 マサ以外で、俺がほぼノンストップで話し続けるなんて……。

「こんなに話が合う相手、初めてかもです」

 綿苗さんがポニーテールを結び直しながら、はにかむように笑った。

 無防備なその仕草に、思わずドキッとする。

「あ、そうだ。佐方くんの部屋、見たいです。どんなマンガとかあるのかなって」

「駄目」

 俺は間髪入れずに、胸の前でバッテンを作った。

 部屋はまずい。

 趣味のトークがいくら楽しかったからって……異性をあの部屋に上げるのは。

「えー!? なんで、駄目なんですか?」

「人様に見せれるもんじゃないし」

「大丈夫ですよ。私だってオタクですし。男の子がそういうの好きなのは……その、理解してます。でも、お互い気まずくなるから……凝視しないようにしますね」

「なんの話してるの!? 一応言っとくけど、十八禁な話はしてないよ!?」

「え、そうなんですか?」

 なんだと思ってんだ、俺の部屋を。

「そういうんじゃなくて……ほら。綿苗さんは、ゆうなちゃんだから」

「私は『結花』です!」

「じゃなくって! 『和泉いずみゆうな』ちゃんなんでしょ、綿苗さんは」

 少し冷静になって考える。

 そう、綿苗結花さんは──和泉ゆうなちゃん。

『アリステ』のゆうなちゃんの、声優だ。

「確かに私は、和泉ゆうな。『ゆうな』を演じてます。ゆうなのことを、世界で一番よく知ってる自信はあります。だけど、それと部屋を見せないことに、どんな関係が──」

「……世界で、一番?」

 綿苗さんの発言の一部が、なんだかものすごく引っ掛かった。

「俺の方が、ゆうなちゃんのことに詳しいと思うけどな」

「え、そこに食いつくんですか? っていうか、ゆうな本人ですよ私? 私が一番、ゆうなを知ってるし、世界一ゆうなのことが好きですし」

「俺のゆうなちゃんへの愛を、なめないでほしいね」

 我ながら、変なところで意地になっていると理解はしている。

 だけど、これだけは譲れない。

 誰かに傷つけられない。誰かを傷つけない。

 そのために、二次元だけを愛するって決めた俺にとって──ゆうなちゃんは、俺のすべてだから。

「そんなに言うんなら、俺の部屋を見せてやるよ。ゆうなちゃんにすべてをささげた……おとこの部屋を!」



 その数分後。

 俺は意を決して、自室のドアを開け放った。

 カーテンの隙間から差し込む、オレンジ色のゆう

 遠くから聞こえる、カラスの鳴き声。

 そんな、穏やかな夕暮れの中──綿苗さんが足を踏み入れた、その部屋には。


 ──ゆうなちゃんのグッズが、所狭しと飾られていた。


 綿苗さんが息をむのを、真横で感じる。

「すごい。缶バッジに、キーホルダーに……フィギュアまで」

「フィギュアは限定生産だったから。当日中に申し込んで買ったんだ」

「あ。これ、ラジオのやつ」

「そう、『アリステ』のハンドタオル! 五枚買ってある」

「あれ? この『アリステ』のポスター……」

「…………お、おう」

「これ、神イレブンに選ばれたキャラで、発売されたポスターだ」

「いいポスターだよね!」

「んーと。ゆうなはまだ、そこまで人気ないので、こういうポスターには入れてもらえないんですよね」

「知ってる知ってる! でもそんなところも好きだけどね!!」

「けど、ここ……ゆうな、いますよね?」

「…………お、おう」

 核心を突いたその言葉に、俺はうな垂れるしかなかった。

「俺にとって、ゆうなちゃんは唯一無二だから。それで、ネットで拾った画像を印刷して、うまいこと加工して……」

「よく作りましたね……違和感ないくらい紛れてるから、びっくりしました……」

 うん、我ながらやばい人だと自覚はしてる。

 ゆうなちゃんのためだから、後悔はしてないけど。

 そんな俺をいちべつして、綿苗さんはため息をいた。

 そして────。


「ゆうながずーっと、そばにいるよ! だーかーら……一緒に笑お?」


「────え!?」

 俺は身を震わせながら、綿苗さんを見る。

「い、今っ! ゆうなちゃんの声が聞こえた!?」

「だから、ゆうなの声は私なんですってば!」

 眼鏡をくいっと持ち上げて、綿苗さんは少しだけ得意げに言った。

「いいセリフですよね。ゆうなにとって最初のセリフで……私が一番好きなセリフです」

「……俺も。どんなゆうなちゃんも好きだけど。そのセリフ、本当に大好きなんだ。どんなにつらくたって、どんなに落ち込んだって……立ち上がる勇気をくれるから」

 絶望に打ちひしがれて、部屋にこもっていたあの日。

 俺を奮い立たせてくれた──本当に本当に、大切な言葉。

 そんな俺を見て、綿苗さんはふっと笑った。

「ファンだって言ってくれたから、ちょっとだけサービスでした。そろそろ、おいとましなきゃ……ですし」

 少しずつ、綿苗さんの表情が曇っていく。

 俺はその顔を見て──ああ、と察した。

「そうだね。親同士の決めた結婚とか……今どきね」

「うん。佐方くんと喋るのは、楽しかったけど……」

「それは俺もだけど。でも、やっぱ……結婚はね」

 確かに彼女は、ゆうなちゃんに世界で一番近い存在だけど。

 ゆうなちゃんじゃなくって、あくまでも綿苗結花さん。

 中の人は、二次元キャラじゃなくって──三次元の人間だ。

 親同士の離婚のおかげで、結婚に夢が持てなくなって。

 痛々しい過去の出来事から、攻略本のない三次元との恋愛を恐れてる俺には。

 彼女との結婚なんて──無理なんだ。

 綿苗さんは、とてもいい人だ。話してて、そう思った。

 だからこそ彼女には、もっといい人を見つけて……幸せになってほしい。

「これで最後だけど。ゆうなちゃんを生んでくれて、ありがとう。君は本当に──俺の命の恩人だよ」

「そんな……大げさすぎません?」

「大げさなんかじゃないよ。心から愛する、ゆうなちゃん。毎日何回も写真を見て元気をもらってるし、ファンレターだっていくら送ったか分かんないくらいだよ」

 言いながら、思わず苦笑いしてしまう。

 中の人的には、こんなこと言われても気持ち悪いだけか。

 こうして、何気ない言葉で傷つけちゃうかもしれないから──三次元女子とのやり取りは、怖いんだ。

「……ファンレターって、とってもうれしいんですよ?」

 そんな俺の恐れとは裏腹に、綿苗さんは遠い目をしながら、ポーチの中に手を入れる。

 取り出されたのは、さっき俺が木の枝先から取ったピンク色の封筒。

 それに視線を落として、綿苗さんはくしゃっとほほんだ。

「さっき拾ってもらったこれ──ゆうなの一番のファンの人からもらった、大事なお手紙なんです。その人は、何回も何回もファンレターを送ってくれて。おかげで私は、たくさん笑顔になれたんです」

「そっか……それであんな、一生懸命になってたのか」

 このネット全盛期。

 大半の人が、メール送信で済ませるところを、えて手紙を送り続けるなんて……古風な人だな。

 誰だか知らないけど、俺と気が合いそうだ。

「ちなみに佐方くん。ペンネームはなんていうんですか?」

 綿苗さんが、キラキラとしたまなしで俺を見てくる。

「ファンレターって、きっとメールですよね? メールでも、たくさん送ってくれてる人の名前は、ちゃんと覚えてます! だって、みんな大事な大事なファンの方ですから!!」

「あ。い、いや……メールじゃないんだけどね」

 テンションの高い綿苗さんにされて、俺はおそるおそるペンネームを口にした。

「ペンネームは、『恋する死神』。メールだとなんか気持ちがこもらない気がして、いつも手紙なんだけ──」

「『恋する死神』さん!?」

 綿苗さんが、大きな目をさらに大きく丸くする。

 その拍子に、ピンク色の封筒が、ひらりと落ちた。

 そこに書かれている、送り主の名前は。


 ────『恋する死神』。


 紛れもない……俺だった。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 1

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 1

    氷高悠/たん旦

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 2

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 2

    氷高悠/たん旦

  • 【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 4

    【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。 4

    氷高悠/たん旦

Close