キノの旅 the Beautiful World 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

キノの旅 the Beautiful World 9

あなたのその悲しみはやがてあなたになる
著者: 時雨沢恵一 (著者) / 黒星紅白 (イラスト)
シリーズ:キノの旅

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

空には、暖かい午後の太陽が浮かんでいました。なだらかで大きな丘を登った時、丘の向こうが見えた時、キノは驚きの声を出しました。「あれ? なんでだろう」急ブレーキをかけられて止まったエルメスも、「おや」やっぱり驚きました。そこには国がありました。広い草原に、城壁が見えました。白い城壁が、大きな円を描いていました。――キノとエルメスが辿り着いたのは、城壁が続く大きな国。そこに国があるとは聞いていなかったので驚きつつ、入国するための門を探して走り続ける。しかし……。(『城壁の話』)他、全15話収録。

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • yohiiiidayo

    9巻読了。印象に残ったのは自然保護の国。自然遺産、文化遺産、保護しているつもり…ということは結構ありますよね… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    表紙が変わったのを機に再読。 説得力Ⅱがけっこう好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海亀

    「忘れたいことを忘れられるのと、覚えていたいことを覚えていられるのは、とてもいいこだよ」記録国と殺す国はとても印象深かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • _bookuma

    2017年150冊目。この巻から西の大陸、なのかな?ようやく元来のキノの旅っぽい、短編まみれの一冊になりました。シズの旅にティーが加わったのが嬉しい。今回もいくつも印象に残ったお話がありましたが、まず、「記憶の国」はエマノンを思い出さずにはいられん。(これはどうしても言いたかった)それ以外だと、「殺す国」「自然保護の国」が印象的。ところで今作はあとがきが面白い。普通に書いといて、まさかカバー裏に新のあとがきがあるとは..。おそるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ベガ@あやめ

    今回は不思議な国が多かったかな。まあ、いつも不思議だけど。新しく加わったティーがかわいい!また続きを買える日を待ちます…! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2005/10/25
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784048668859

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK