隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった 3

二人で温泉旅行!? お互いの想い交わる青春ラブストーリー第三弾!
著者: 雪仁 (著者) / かがちさく (イラスト)
シリーズ:隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「じゃあユイはその旅行、行くの?」
「それは……その、まだ話せてなくて」
一人暮らしの高校生、片桐夏臣とイギリスから留学してきた隣室の少女、ユイは夏の花火大会デートを経て相手への恋心を自覚していた。だが、二人が大切な想いをどう扱うのか考える間もなく、訪れた福引で温泉旅行のペアチケットに当選してしまう。「行きたい」という気持ちはあるが、どう話して良いかわからない夏臣とユイ。それぞれの友人にも相談するのだが、気持ちはもう固まっていて――
「「……あのさ」」
 居心地のよい関係を続けるのか、その先へ踏み出すのか。甘い日々を過ごしていた関係が、変化しようとしていた。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    圧倒的純愛!夏臣もユイも高校生とは思えないほど大人びているけれど、どちらも恋愛初心者なので距離の近づけ方はおっかなびっくり。そんな二人がお互いの気持ちを確かめあうことになる今回は、ついにタイトル回収。告白からそこに至るまでの物語も実にロマンティック。こんな素敵なラブストーリーが読めるなんて嬉しい限り。物語はまだまだ続くとのことで、恋人同士になった二人がどんな関係を築いて行くのか。続きがとても楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    夏の花火大会デートを経て相手への恋心を自覚した夏臣とユイ。二人が大切な想いをどう扱うのか考える間もなく、訪れた福引で温泉旅行のペアチケットに当選してしまう第三弾。勉強を見てあげた湊からのお礼のサプライズ、行きたいという気持ちを友人に相談したりもしながら二人で行く修善寺への旅。もう何というかお互い意識もしていて、周囲にもバレバレの時間の問題的なじれじれ感をひたすら眺める展開には苦笑いでしたけど、クーデレラだったユイがここまで変わるのか…となかなか感慨深いものがありましたね。二人らしいペースで続巻も期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★ イギリス人とのハーフである美少女と一見地味に見えながらも暖かな心を持つ少年が織り成す優しい恋物語第三弾。 ようやくタイトル回収まで漕ぎ着けた今巻。ここまで長い道のりを歩んできた二人が掴んだ確かな幸せを楽しめる今回の話では、二人が迎えた1つのゴールを堪能出来るという意味でとても満足する事が出来た。 ただ、前巻と比べるとラブコメにおける焦れったさなどは控え目に感じられ、物語の山場を迎えた巻数の割にはそこまで到達感を感じなかったかな。 また、ヒロインがハーフであるという設定が他作品との差別化を図る要→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    夏の花火大会デートを経て、お互いへの恋心を自覚した夏臣とユイ。福引で当てた温泉旅行をどうするか思い悩む二人が居心地の良い関係から大きな一歩を踏み出す本巻。似た者同士が気持ちの上で結論が出ているにも関わらず葛藤する姿の愛おしさよ。青春する二人をサポートする慶と湊の存在が物語に暖かい風を吹かせているのも実に嬉しい。海水浴に温泉旅行とイベントを重ねるごとに糖度が増していく展開も上質な甘さで初心な二人が恋人としてやりとりしながら成長するとともに、ようやくというあのシーンが印象的で素敵な読後感だった。続巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かっぱ

    夏イベントを通じて自身の気持ちを理解した二人を描くシリーズ3弾。今はとにかく二人のことを祝福したい。晩ご飯をともに食べて、デートにまで出かけ、お泊まり旅行までする。友達の枠には収まらない日々を送ったからこそ二人の心に灯った火は落ち着く場所を探していたのだと感じる。相手のことを誰よりも一番に考える夏臣と、彼にしか見せられない表情を不器用な愛情表現で示すユイ。焦らずにゆっくりと築き上げる二人だけの関係性がとにかく尊い。ロマンチックな展開を経て結ばれた二人のこれからをまだまだ読みたい自分がいる 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/10/08
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784049139457

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK