光炎のウィザ-ド 追憶は五里霧中
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

光炎のウィザ-ド 追憶は五里霧中

大人気御礼! ビーンズ文庫イチオシの、シリーズ第3弾登場!!
著者: 喜多みどり (著者) / 宮城とおこ (イラスト)
シリーズ:光炎のウィザード(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

命の恩人と離別した家族を捜す、妄想暴走美少女魔術師リティーヤ。お師匠である冷酷甘党美青年魔術師ヤムセと、とある理由で離れることになった彼女にもたらされたのは、親友の裏切りと美少年の甘いささやきで……!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりもん

    今回のストーリーで、誰もが記憶を操作されているのでは?という疑問を持ち始めた感じだ。 ヤムセまでもがあいまいな記憶をみつけテヨルに調べてもらっているし、ミカは実際に操作されていることに気づいた。それもあの怪しげな謎の少年に。彼は敵?味方?もしかしてグリーンワードに関係している? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凍矢

    少し間が空きましたが、3巻をようやく読了しました。主人公は、モテモテですねー。けど、親友のミカと離れ離れになるとこが、読んでてツラかったー。あの、虹ドロさんっぽい男の子は、どうでも良い。うん、続きも大期待しちゃうよー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちょび

    シリーズ3巻目。ヤムセとユローナの微妙な関係が気になる。ラブは相変わらず薄いけど、無理にもってかない所が好き。じわじわが好きなんです!次巻で一区切りつくみたいだけど、願わくば宮城さんの美麗な挿絵をもっと見たい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 花野

    何度読んでも好きです…。この巻から最終巻まで一気に再読。喜多さん新作まだかな…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はるき

     シリアス度は増しても恋愛ターンには入らない少女小説(笑) 記憶操作、敵対組織、ユローナ一行と、関係は複雑化しよりファンタジー色が強くなってきた。「世界がどれだけ確かか」よくあるテーマだが作品の世界観に絶妙にマッチしている。親友の失踪、キツネの存在とリティーヤには厳しい現実が続くが続刊に期待大だ。 「虹ドロさん=ヤムセ」と読者的には今更な事実を記憶操作という形で幕引きするなんて引きが上手すぎる! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK