三角の距離は限りないゼロ 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

三角の距離は限りないゼロ 6

僕と君と君の恋。選ぶことにした僕の、最後の恋の物語が始まる――。
著者: 岬鷺宮 (著者) / Hiten (イラスト)
シリーズ:三角の距離は限りないゼロ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。そのどちらも選ばないまま過ごした甘い時間の終わりに、僕と彼女と彼女の、本当の恋が始まった。
 再び短くなっていく、入れ替わりの時間。二人といられるかけがえのない時間が、二重人格が、終わる――そんな予感に包まれるなか企画したクラス会で、秋玻と春珂はみんなに、自分たちの秘密を明かした。
「それでも、覚えていてほしいんだ」
 忘れない。いま僕の前にいる、どちらも間違いなく本物の、秋玻と春珂。でも僕のために、そして二人のために……僕は選択する。そして僕が二人の向こうに透かし見た「彼女」は――。
 僕と彼女と彼女が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。

みんなのデータ

  • 36
    評価する
  • 23
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    2年生の締めくくりにクラス会の主催を買って出た春珂、秋玻、四季。ここまで文化祭や修旅等で積み重ねて来た同級生達や霧香との縁が、四季らが培ったノウハウが、フルに寄与する所が気持ち良い。そして、伊津佳や修司とのやり取りに示されている様に、親友との男女関係についての会話でも最低限の礼節を弁えている所が、この作品の恋愛への真摯さを遺憾なく発揮していると思う。トラブルを乗り越え成功したクラス会での、彼女らのカミングアウトは涙を禁じ得ない。そこに示されたカウントゼロに向け四季はどう立ち向かうか。次巻、鳩首して待つ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    再び短くなっていく入れ替わりの時間。秋玻と春珂、二人といられるかけがえのない時間が終わる予感に包まれるなか、春珂が2年4組の解散会を提案する第六弾。矢野と一緒に実行委員になって健気にアピールする秋玻/春珂、そんな彼女たちに戸惑いつつ、どちらが好きなのかはっきりしなくて周囲に相談してみる矢野。矢野も秋玻/春珂も周囲との関わりが増えていって、解散会もまた三人の変化や成長を感じさせてくれてとても良かったですけど、クライマックスに向けてようやく矢野が見出した答えがどんな意味を持つのか、気になるところではあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    秋玻と春珂それぞれでいられる時間が短くなり、いよいよ二重人格の終わりが迫ってきた。年度末を迎え、かけがえのない時間を過ごした二年四組の教室やクラスメイトとの別れを惜しむ春珂の提案により、解散会が開かれることになって…。過去に登場したキャラクターたちとの対話により客観的に自分の気持ちを確かめる矢野。彼が最後に秋玻と春珂の二人の向こうに透かし見た「彼女」は一体誰なのか。この切なく苦しいラブストーリーの行く末を、最後まで見届けたい。#ニコカド2020 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    高校2年生の終わりに、クラスの『解散会』を企画するお話。二重人格の女の子、秋玻と春珂のどちらに恋をしているのか答えを出すために、矢野がいろいろな知り合いに相談する様子が描かれています。二重人格も終わりが近いということで物語もラストスパートに突入してきましたが、明確に終わりが見えていながらも矢野の中に新たなる謎が生まれるなど、最後の展開がとても気になるエピソードでした。自分もこの作品をここまで追いかけてきただけに、解散会のエピソードで振り返る1年間と、最後の秋玻/春珂の言葉には感じ入るものがありましたね…… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻、秋玻と春珂のどちらかを選ぶ事になった四季だったが、高校三年生のクラス替えを前に春珂/秋玻の提案で二年四組の解散会をする事になり…というお話です。秋玻と春珂の入れ替わりの件もあっていよいよ終わりが見えてきた今巻でしたが、四季が精神的に落着きを見せて二人の事を考えている事もあってか、だいぶ安心して読む事が出来ました。ヒントはあったものの、解散会の会場についてはとても素敵な決着だったし良い解散会だったかと。そして三角関係の終わりが間近に迫った中で、四季が見た夢に出てきた少女は…、次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 自分的2020年ベストタイトル
    セシル光が作成したまとめ自分的2020年ベストタイトルで紹介されています。
    1
  • 自分なりの2020年ラノベまとめ
    椎名しろが作成したまとめ自分なりの2020年ラノベまとめで紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049133066

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK