世界最強の復讐神官 神に仕えし者、魔王の力を手に入れる 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

世界最強の復讐神官 神に仕えし者、魔王の力を手に入れる 2

この復讐に終わりなし。あるのはすべての滅びのみ――。
著者: 来生直紀 (著者) / 柴乃櫂人 (イラスト)
シリーズ:世界最強の復讐神官(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

惨殺された妹の仇敵を討った天才神官・レイズ。なおも暴走を続ける伝説の勇者たちへの復讐の旅を続けるレイズは、身に宿した魔王の力をさらに解放する――! 殲滅の道を突き進む、破壊的復讐ファンタジー第二幕!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • エディ

    チートな主人公に対抗するのに《七人の勇者(6人になったけど)》が2人か3人出てくるかと思いきや、現在の主人公に負けず劣らずチート&協調性皆無ということで、1人登場。その分、当然のように「ドーピング」するけどな。そして、味方/仲間が大所帯化していく。次巻で少し整理する気なのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    最愛の妹を殺した仇の一人を討ったレイズだったが次なるお相手は伝説の武道家・フェイが襲来してくるのだが、あっさりとねじ伏せ従え旅を続けるレイズ達だった。一冊で一人といった感じかな?レイズも少しは変わったかと思いきやフェイの裏をかいていたのね、納得。それにしてもフェイがなんとも小物臭すぎてなんともすっきりとしない感じで消化不良だわ。着実に魔王に近づいて行っているレイズなんだがその辺りはどうなるのかね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    復讐対象である武闘家、フェイをねじ伏せたら投降してきた為、彼女を配下に加えて獣人族を殺戮する謎の刺客へと立ち向かう今巻。―――神すらもねじ伏せ尚壊せ、そこに残るは希望と絶望だとしても。 謎の刺客への対処、そして禁忌の力へと手を染めたフェイへと叩き込む、更に解放された魔王の力。 綺麗ごとなんて知らんと言わんばかりに堂々と復讐の道を突き進む、更に破壊と殲滅の炎が大きく広がる今巻。止まることなく道を進むレイズの姿に何かが見えるかもしれない巻である。二つ目の復讐、その先の相手とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 伝説の武闘家・フェイを捻じ伏せ仲間にしたレイズだが、あそこでフェイを殺さないのは過去の経緯と彼の性格からすると不自然な流れだった。あそこで彼女を見逃すことを納得できる理由を描写してほしかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    復讐の道は何も取り戻すことはできない。でも何も残さないわけじゃない。復讐の対象になるような相手が、それ以上に火種をばら撒かないわけがないから。復讐の果てに救われる者だっているはず。優しさと復讐の炎という矛盾を併せ持ちながら突き進んでいってほしい。しかし《七人の勇者》のくせに小者臭が半端じゃなかったな。必要以上に自らを飾るのは自信のなさの裏返し。そのくせ邪悪さだけは偽りないからぶっ飛ばしてくれて清々。後で勇者たちに「七人の中で最弱。勇者の面汚しめ」って言われてそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK