異能バトルは日常系のなかで
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異能バトルは日常系のなかで

神級異能の無駄遣いって、超かっけー! 異能に覚醒めた俺たちは、全力でこの日々を遊ぶ――。だがそれだけじゃない新・異能バトル、始まる!!
著者: 望公太 (著者) / 029 (イラストレーター)
シリーズ:「異能バトルは日常系のなかで」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

俺を含めた文芸部の五人は半年前、とてつもない能力に目覚めた。そして壮大なる学園異能バトルの世界へ足を踏み入れ――なかった!? 「なんも起きねえのかよ!」 異能に覚醒してみたものの、日常は完全無欠に平和だ。世界を滅ぼす秘密機関などない! 異能戦争もない! 勇者も魔王もいやしないっ! だから俺たちはこの超級異能を、「黒炎の龍にヒゲ生やせたーっ!!」 気軽に無駄遣いすることに決めた。 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 流言

    『能力で生き物を生き返らせていいのか?』『能力で生き物を作り出していいのか?』異能に目覚めた少年少女には倫理観を育む激しい戦いも価値観を示す頼もしき指導者も思想的対立を刻む憎むべき怨敵も訪れない。『日常』を舞台に異能を向き合うことを余儀なくされた高校生を描いた異色作。テーマである『中二病』という言葉は何度も出て来ては揶揄されているが滑稽に感じると同時に自分にもこういう気持がかつてはあったのだと思い出して心がこそばゆい。ずば抜けて能力が脆弱な安藤も道化ではありつつもいざという時には魅せてくれる好青年である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    異能の力に憧れる厨二病全開の安藤寿来。しかし半年前のある日、所属する文芸部の部員と共に本当に異能力に目覚める。ついに異能バトル展開に突入かと思いきや敵は全く現れないし他の部員に比べ使えない能力の寿来の日常は変わらないまま…そんな異能バトル(?)ギャグコメディ作品。発想,世界観,キャラ設定といいセンスしてると思う。厨二病全開の少年が本当に異能に目覚めちゃうけど全くバトル展開にならない話。キャラも厨二病全開の寿来,その厨二に不本意にも理解出来てしまうツッコミの灯代,幼馴染という本来なら一番近い距離なのに→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • SPICA

    アニメ未視聴ですがあらすじと絵柄で購入。ギャグとパロディと圧倒的厨二力が大量に入ったラブコメですがパロ多すぎで好みが分かれそう。「生徒会の一存」が嫌いだときつそう。突然異能に目覚めた文芸部の5人の話ですが、その直後の行動や考察がリアル。急に世界を変えられる力なんて手にしたら怖いわな普通。タイトルで「異能バトル」と銘打ってるし裏で何か動いてそうだし、バトル方面には行くのでしょうが緩い空気が保たれればいいなあ。ストーリーは面白くなりそうなので次巻も読みます。主人公は厨二ながらも感じはよく、あと灯代が可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 異世界西郷さん

    アニメを見て、「美玲会長ぶひいぃぃぃぃぃぃ」ということで読んでみました(え。てか、美玲会長の立ち絵がないって、どういうことよ……。なんて思いつつも、内容は面白かったです。たぶん、厨二の授業なんてものがあったら、この本はきっと文科省の認定を受けられるのではないかというくらい、厨二やメタ発言のオンパレードでした。しかし、それでも面白く感じるのは作者なりに考証や考察を行っているからだと思います。異能の力に悩む少年少女の気持ちがよく現れていたと思います。2巻も美玲会長が出てくるのでしょうか。早く読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    アニメは数話だけ見てレコーダーの中に放置中。面白かった。半年前に突如として異能に目覚めた文芸部5人はバトル展開に巻き込まれ――無いまま、異能を使いながら全力で遊ぶ話。厨二全開な主人公が結構イタイんだけれども、時折発する発言が良すぎてカッコいい。パロネタ豊富だし、いろいろと笑わせてくれるネタも多く楽しんで読めた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • どんな部活に入ろうかな?
    ぎんちゅうが作成したまとめどんな部活に入ろうかな?で紹介されています。
    6
  • こんな部活ならしてみたい!
    マコトが作成したまとめこんな部活ならしてみたい!で紹介されています。
    1
  • 恋とバトルと学園生活
    マコトが作成したまとめ恋とバトルと学園生活で紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/06/30
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784797369915

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK