パラケルススの娘 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パラケルススの娘 4

クリスティーナと遼太郎の祖母、たか女が初めて出会うきっかけとなった横浜の怪事件!?
著者: 五代ゆう (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:パラケルススの娘(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

肌寒い秋の月の明るい夜、見習い写真師櫻井忍は、マントを翻して宙を飛ぶ金髪緑目の異人と鋼鉄の翼をもった美少女が、中国人街へ消えるのを見た。翌日中国人街で2人を探しだそうとするが忍だが、深夜の中国人街は魔窟と化していた。そこで出会った妖艶な美女、後に〈マダムニュイ〉と名乗る黄夫人に吸い寄せられてしまう。そして忍の首筋に黄夫人の牙が突き立てられようとしたとき、一条の矢が窓を破って飛び込んできた! 矢を放ったのは跡部多華と名乗った巫女装束の美少女。続いて現われたのは、忍が探していた金髪の異人と、それに付き従う銀髪の少女だった。クリスティーナと遼太郎の祖母、たか女が初めて出会うきっかけとなった横浜の怪事件。この顛末は!?大好評マジェスティックファンタジー第4弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • isfahan

    「わたしはいずれお前の子を産むだろう…しかしお前が私にとって何か意味を持つなどど思うな。私はお前の子を産む。しかしお前の妻にはならぬ。私は跡部の当主だ。」15才の少女に言わせる台詞ではない。恋をしていた純粋な少女が、女としての大切な感情さえ道具として扱う、酷薄な女権力者に変わってしまった。そう思うと切ない。諦めるしかない、もう取り返しのつかない人生の一点である。本当切ないです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kitten

    図書館本。おばあさま、たかめさまの若かりし頃の話。 ちょっと時代があってないのはご愛敬。w これ、前巻を読んでいる読者からみると、結末がほぼ読めてる。 そのハンデの中、いったいどうなるのかとハラハラさせるのは さすがだなぁ、と。 自由を目指した睦月と、自由にならなかった、タカ。 いや、自由になっていたら遼太郎は生まれていないんだが。 遼太郎のもつ意味は?クリスティーナのため? 色々な伏線を残しながら、5巻に続く。 評価:星3 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    扉絵をカバーにしろよ!(ぇ このシリーズは後の8巻にしても、過去エピソードメインの時がドキドキワクワクして楽しめましたw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TSUBAKI Shin-ya

    前巻で予告されていたようにおタカさんの話。微妙に早送り再生な感じでちょっともったいない気もする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • おぜっぴ

    過去話いいね。過去の話だからこそ、今後登場する見込みの無い人物視点での物語はGJ 既存キャラ視点で過去を語られてしまうと"今"に戻った時、過去において語り手だったキャラの心情が垣間見えてしまうのが残念なので。たか女さんと睦月は残念…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/06/30
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840115544

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル