君死にたもう流星群
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

君死にたもう流星群

発売前から大反響 「宇宙」と「夢」がテーマの感動巨編スタート!
著者: 松山剛 (著者) / 珈琲貴族 (イラスト)
シリーズ:君死にたもう流星群(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

二〇二二年十二月十一日。それは僕が決して忘れられぬ日。
その日、軌道上の全ての人工衛星が落下し、大気圏で光の粒となり消えていった。『世界一美しいテロ』と呼ばれたこの現象にはたった一人、犠牲者がいて……! 引きこもりの少女・天野河星乃を救うため、高校生の平野大地は運命に抗う。「まさか読み終わる頃に自分が泣いているなんて考えもしませんでした」「切なさ、絶望、一縷の望みと試行錯誤の日々、さわりだけ読むはずが先が気になってもう止まりませんでした」「この作品を読んで僕も夢を諦めたくなくなりました」発売前から多くの人を感動に巻き込んだ『宇宙』と『夢』がテーマの感動巨編スタート!

みんなのラノベまとめ

  • ジャンル問わず推し作品!
    Vespa dybowskiiが作成したまとめジャンル問わず推し作品!で紹介されています。
    6

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    結構、欲張りな作品だ。幻想的な一夜だがこの上ない惨劇に命を落とすヒロインを救うためタイムリープする主人公と言うアウトラインを引いておいて、そこに「夢を諦めない。」という切実な青春の命題と、事故死したヒロインの両親と彼女自身を狙う策謀をトッピング。それでも胸焼け感がないのは、大地の底辺からのリカバリーが読者に与える熱量が半端でないからだろう。宇宙を相手取ってアパートの一室等が主人公達のケルンとなる中二病感もラノベならではこそと思わせる辺り、作者の本作への入れ込み具合を感じさせる。追っかけて行きたい作品だ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    引きこもりの少女を救うため、運命に抗う少年の姿を描いた感動巨編ここに開幕。ライトノベルだけどライトノベルじゃない。この興奮と感動を少しでも多くの人と共有したい。そう思える作品に出会ってしまった。こんなにも心を揺さぶられ、胸熱くなったのはきっと自分も夢を忘れてしまったから。だからこそコスパを重視し、夢を忘れた主人公が我武者羅になって運命に抗う姿に感動し、彼が放つ輝きにやられてしまったんだろう。何かに挑戦すること。それはとても素敵なことなんだ。全ての人に読んでもらいたい1冊です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ami*15

    自分が思い描いていた“夢”とは何だったのだろう。「夢なんてものは九十九パーセントが叶わない」そう言って夢から逃げる大地のネガティブな発言も今となってはわからなくもないなと思いつつ、そういう私も「どうせ何をしたって自分の夢なんて叶うわけがない」と思って小学校の卒業文集に書いた夢から逃げてしまったことを思い出した。夢に関して共感できる台詞も多かったですが、星乃がなぜ引きこもるようになってしまったのか、また彼女が「地球人は嫌い」と口にした理由に関しては現代特有の恐怖からの痛みが苦しいくらいに伝わってきました。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もも

    発売前から話題になっていたようで、気になって購入。最初は亡き友人の影を追い続ける大地の姿が切なくて読み進めるのに辛いものがありましたが、そこを抜ければ一気でした。まだまだ序盤って感じでしたが、この物語がすごく面白いってことはよく分かりましたね。特に終章があたたかくて、それにワクワクしました。人に傷つけられ、自身も人を傷つけてしまった、「地球人は嫌い」な星乃。それでも新たな一歩を踏み出した彼女と彼女を助けようと走る大地のこれからがとても楽しみになりました。はじめはよく解らなかった『A×C=P』の意味が素敵。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ほぼ全ての人工衛星が落下した大流星群から三年。たった一人の犠牲者・天野河星乃を救うため、全てを諦めかけていた平野大地が希望を見出し運命に抗う物語。宇宙飛行士だった両親の夢を追いかけていた星乃。コスパ重視だった人生も彼女を失いやる気をなくしていた大地。希望を見出すものの思うようにうまく行かなくて、それでも大切なものを取り戻すという熱い決意を胸に、危機になりふり構わず奔走して、醒めていた大地自身もまた変わってゆく展開はテンポも良くて、変化したことがこれからどう影響していくのか、非常に楽しみな新シリーズですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/05/25
  • 定価
    650円+税
  • ISBN
    9784040699165

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル