七つの魔剣が支配する
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七つの魔剣が支配する

運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー!
著者: 宇野朴人 (著者) / ミユキルリア (イラスト)
シリーズ:七つの魔剣が支配する(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。

パートナーのおすすめレビュー

  • レオン
    レオン
    魔法と剣戟を組み合わせた戦闘シーンがとにかくかっこいいんだ。

    ある間合いより内側では、どんな魔法使いであっても呪文を唱えるより早く剣で切られてしまう。だから魔法使いたちは剣を帯びるようになったっていう設定が、魔法と剣戟を両立させる理由としてわかりやすいよね。そしてこの一杖一足の間合いを境に、魔法と剣戟が入り乱れるんだ。
    間合いに踏み込み剣戟を仕掛けると見せかけて、寸前で土の壁を作って視界を奪い、その壁ごと攻撃魔法で相手を撃ち抜く……
    こういう駆け引き、最高にシビれるよね!
  • ディアナ
    ディアナ
    作り込まれた世界に魅了される作品ッス。

    王道のファンタジー作品ッスけど、世界観の完成度が凄いッス。トロールやガルダといった魔法生物も、生息域や生態まで作り込まれてて面白いんスけど、さらにここから「魔法生物を実験動物や家畜として扱う魔法使いと、動物愛護を訴える魔法使いの間で政治闘争がある」なんて政治的なお話に派生しちゃうんスよ。……本物の異世界を取材してきたとかじゃないッスよね?

    本物の世界をまるごと一つ作ったかのような、リアリティのある世界観に引き込まれて読む手が止まらなかったッス!

みんなのデータ

  • 333
    評価する
  • 252
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海猫

    魔法学園もので一部雰囲気も似通うから、最初はラノベ版ハリー・ポッター?みたいに受け止め読んでいた。そこに剣戟要素を盛り込んだ感じか。でもってサムライ少女をヒロインに持ってくるあたり、趣向として面白いかも。そんな風に読んでたらエピローグでゾクゾクする展開がきた!なるほど、この物語の向かおうとする方向性は実は予想とは違うものだったんだ。それでいて伏線はちゃんと張ってるしなー。主人公と仲間の交流が描かれたり陽性の話と思ったんだが、これだとかなりダークな話になるよな。とにかくこれは続きが気になるので続巻待ち。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★★ 主人公オリバーと侍の少女ナナオの物語。魔法剣士(?)が学ぶキンバリー魔法学校で時に魔獣と、時に狂った上級生とのいざこざに巻き込まれていく主人公達。戦闘描写も丁寧で分かりやすく展開も驚いてばかり… 中盤までは主人公達が成長していく物語かと思いきやまさかの終盤にダークな展開…続巻が楽しみ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    メッチャ面白かった。ストーリーもキャラも良く、何より文体が詩的で美しい。第一巻を読んだ感じでは、ハリポタ+コードギアス的な珍しい設定ですが、登場人物が魅力的で先の読めない展開に、ワクワクする気持ちが押さえられませんね。主人公のオリバーがそつのない万能型の魔法使い。ヒロインのナナオがサムライで、魔法使いとしては初心者なんだけど剣技が達人の域でセリフがとても美しい...。ほかにも四人の仲間との奇妙で過酷な学園生活を送る。バトルシーンでは、オリバーとナナオが名コンビ。ラストの、オリバーの正体と目的にビックリ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を持つ魔法使い達による魔法ファンタジー開幕。最後の最後まで油断出来ない衝撃の面白さ。学生達の友情にほっこりし、魔法と剣を駆使したスピーディかつ迫力抜群のバトルに釘付けにされたがそれだけじゃなかった。これは魔法学園を舞台にした少年少女達の成長を描いた青春物語であり、学園の裏で蠢く思惑が絡まる物語であり、そして復讐の物語でもあったのか。バトルもラブコメもシリアスも全てを兼ね備えた無敵のシリーズとなりそうだ。キャラクターも魅力的なヤツばかりだし、完結まで走りきって欲しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    羅刹なボニテ娘のおねだりチュー。現実に目覚めるゆるふわ娘。読者を喜ばすだけ喜ばせておいて、最後何、この突き落とし?宇野さん、ほんまに“いけず”やねぇ… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • マイナーな作品もあるけど1つくらいは当たりがあるはず!?
    手しが作成したまとめマイナーな作品もあるけど1つくらいは当たりがあるはず!?で紹介されています。
    1
  • レーベル別オススメ学園ラノベ
    Tが作成したまとめレーベル別オススメ学園ラノベで紹介されています。
    2
  • 恋とバトルと学園生活
    マコトが作成したまとめ恋とバトルと学園生活で紹介されています。
    1

関連情報

『このライトノベルがすごい!2021』(宝島社刊)特集

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/09/07
  • 定価
    759円(本体690円+税)
  • ISBN
    9784048939645

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK