緋弾のアリア 5 序曲の終止線
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

緋弾のアリア 5 序曲の終止線

大スケールアクション&ラブコメディー第5弾!!
著者: 赤松中学 (著者) / こぶいち (イラスト)
シリーズ:緋弾のアリア(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジの前に、犯罪組織『イ・ウー』のリーダーである『教授』がついに姿を現した。しかし、その人物はアリアにとって、かけがえのない大切な「あの人」で――。キンジに銃を向けるアリア、避けられない運命、二人の前に立ちはだかるのは全てを予知する力――『条理予知』。それはまだ始まりの終わり、舞い戻る日常、新たなる敵――。大スケールアクション&ラブコメディー第5弾!!

みんなのデータ

  • 13
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • スー

    宿敵イ.ウーのトップと緋弾のアリアの正体が明かされる前半。指先での白刃取りやビリヤード撃ちなど巻を追うごとに互いのチート振りが加速して行ったが、全ては緋弾の為に仕組まれたものだった。成程。キンジとアリアの絆も更に強くなったのでは。後半はキンジが不足した単位を補う為任務をこなす夏休みの日々を語る短編集。白雪の妹、粉雪を学校案内したり、代理でサッカーの試合に参加したり校内清掃したり。本編よりラブコメ要素が多くて面白かった。ラストはまさかのスナイパーからの告白。アリアの帰国も示唆されて…次の展開に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • えいなえいな

    いきなり前作の続きから始まりクライマックスに持っていくのは良いのですが、前作がどんな話だったか忘れていて思い出しながら読みました。その後連作めいた感じになり、またラストに次回に続く、という手法ですね。次巻も読ませるには良い方法かもしれませんが、やはり一冊で何かしら区切って頂きたいものです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不以

    イ・ウーとの決着。無数の弾丸を打ち落としあいながら前進するシーンが派手でよかったし、ツインテールで飛ぶシーンには笑った。わりと真面目な文脈で飛ぶんだから困るなこれ。理子が変装して理子のこと聞きに来るのめっちゃ可愛い。理子の喋り方がけっこう心地よいんだよな。そしてレキのプロポーズと息つく暇のないテンポである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • FRIDAY2000

    いきなり前巻の続きから始まったので驚いた。MF文庫Jは値段が決まっていて、ページ数も多過ぎてはいけないので、仕方ないとは思うけど、もうちょっとまともな構成にしてくれても良いんじゃないか。ともあれ壮大なプロローグが漸く終わったそうなので、次の話が楽しみ。まさか相手がレキだったとは・・・・・・ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/12/31
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784040666013

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK