独特な(文章)3作

独特な(文章)3作

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 2
2022年04月01日
まとめたユーザー神楽 #9c7jke
「誰かに教えたいとっておきの3作」ではありますが、
クセが相応にあるため、どれか一つでも刺されば幸いです。
  • 妖姫のおとむらい

    妖姫のおとむらい

    (著)希/ (イラスト)こずみっく

    ここがオススメ!

    ライトノベルというものは
    主人公の一人称視点で進む作品が多い中、この作品は三人称視点での作品。

    三人称視点というだけなら「オオカミさん」シリーズも該当しますが、この作者「希」先生の特徴は
    いうなれば「図書館に置いてある全集」
    新字体表記ではあれども、現在では口にすることが少ない言葉、表現を使用して「作品世界」へ引き込んでいく手腕の素晴らしさ。

    「読書好き」ではあるが「ライトノベル未経験」の方に特にオススメしたい一作。
    「ライトノベル経験済」の方は、この作品を通じて引っかかった言葉を調べ、語彙力の向上が見込まれます。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    此方は打って変わって、
    「完全な一人称視点」の作品。(閑話にて他視点もあるが、そちらも同様に「一人称視点」)
    一般的なライトノベルでは、たとえ主人公の一人称視点だとしても、地の文では「◯◯(主人公の名)」が時折登場します。(状況説明や台詞の関係上)

    この作品はいうなれば「地の文と台詞が一体となっています」。
    その視点の方は、地の文でも、名前ではなく「俺」「私」等の一人称表記。更に「地の文」自体が口語文としての表記なので、
    他者の発言には「」表記が付きますが、本人の発言には「」が付かないことが多いです。

    喩えるなら「フルボイスのノベルゲームで、全ての字に音声がある」作品です。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
  • ここがオススメ!

    この作品の文章は、作者に因み「FUNA節」と称されたりします。

    主人公が(基本的には)ツッコミ気質なため、地の文でも「ツッコミ」がありますが、
    常識やら基準が(作品世界での)世間一般とズレているため、所謂モブの人達から、声を揃えて「ツッコミ」が入ります。

    いうなれば「漫才」。どこでも(シリアスな筈の場面でさえ)賑やかな印象を受けるため、
    この文に慣れすぎてしまうと、「物足りない」と思ってしまう場合も。

    • BOOKWALKER電子版を購入
    • Amazon紙書籍を購入
独特な(文章)3作

独特な(文章)3作

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
  • 2

このまとめを共有しよう!

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

今人気のラノベまとめ

  • 嫁(読め)
    嫁(読め)
    1
  • 切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    切なくなって思い切り泣けてしまうライトノベル
    12
  • ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    ラノベ好きなら読むべきツンデレなヒロインまとめ
    4
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル