<二>厩舎にいるモノ②

「それよりもっと優先すべきことがあるんだ。だからこれ以上アシュリーがおびえて、口を閉ざしてしまうほうが困る」

(……よかったわ!)

 いずれ話してもらうと言外に匂わせているし、優先すべきことが何なのかわからない。けれど、とりあえず助かったのだ。

 だつのごとくクライドからはなれた。部屋のすみで深呼吸して気持ちを落ち着かせる。

 そんなアシュリーを見ながら、クライドが説明を始めた。

「およそ二百年前、当時の王子一行が北の山中で黒狼を見つけた。それ以来、王室からたのまれてサージェント家が世話をしている。サージェント家は王室のえんせきで、代々魔術師をはいしゆつするほどの名門だから。だが見つかってからすぐ黒狼は眠りにつき、今もずっとこの調子だ。二百年間、飲まず食わずで生き続けている。魔族の生命力を見せつけられるよ」

(そうだったの……)

 ずっと眠り続けているなんて。胸がめつけられた。

(でも、どうして?)

 せてあばら骨がき出ているが、その割りに毛並みはいい。病気やひどいを負っているようには見えない。

 では精神的なものが原因なのか。味方がぜんめつして、を無くしてしまったからなのか?

 そこで、ふと思いついた。

「黒狼様が生きているなら、ほかにも魔族の生き残りが──!」

「いない。黒狼が見つかってから、王室は他に魔族が残っていないか、国のはしから端までさがさせたんだ。結果は一ぴきも見つからなかった。生き残っている魔族は、この黒狼だけだ」

「そうですか……」

 けれど黒狼が生きていただけでせきだ。それだけでじゆうぶんだ。

ほろんだ魔国の資料はどこにも残っていない。だからわかっているのは、これが『黒狼』であるということだけだ。生態などは何もわからない。──俺はね、ずっと眠ったままの黒狼を起こしたいんだ」

「えっ?」

「今までこのトルファ国だけでなく、他国に伝わるかくせい魔法やしよう魔法などもためしてみた。意識がはっきりしたり、目覚めにいいとされる薬も使ってみた。だが黒狼は起きない。反応すらしない。だからせいこうほう以外を試してみたいんだ。黒狼のことを知っているアシュリーなら、何か思いつくんじゃないか? どんなに常識外れなことでもいい。協力してくれ。頼むよ」

 クライドの表情も口調もしんけんそのものだ。

 なぜそこまでして黒狼を目覚めさせたいのか、疑問に思った。

 黒狼が起きてくれるならアシュリーはうれしいけれど、クライドはそうだと思えない。

 六百年前、大勢のトルファ国民がぞくに殺された。人間たちは今も魔族を敵だと思っている。クライドは王族で国を率いる立場だから、そういった悪感情は人一倍だろう。

 それにクライドは勇者の子孫だ。勇者は兵士たちの先に立ち、命を張って戦っていた。彼が魔族に持つにくしみの深さを、前世での当たりにしたアシュリーはよく知っている。

 そんな勇者とクライドの姿が重なる。だからこそこわいのだ。

(本当にどうしてなの?)

 もしや黒狼が目覚めた後で、命をうばうつもりなのか。ゾッとした。けれどそのつもりなら、目覚めるのなんて待たずにとっくにそうしているだろう。

 では何かに利用するつもりなのか。黒狼の強大な魔力やこうげき力を、トルファ国のために。何しろたった一頭だけ生き残った伝説の魔族なのだ。

 どう利用するつもりかはわからない。けれどそれはいいことに、ではない気がする。

 しき実験に使ったり、死ぬまで兵器として利用するつもりかもしれない。

(そんなの……!)

 強く思った時、クライドが言った。

「国王や王室関係者たちはいつかんして、こくろうやつかいな危険分子だとにんしきしている。ただ今は、生態がわからないから下手へたさわらず放置しておくべきだ、というおんけん派がきゆう殿でんで力を持っているんだ。だからここにほうって寿じゆみようきるのをただ待っているけど、明日にはどうなるかわからない。もし過激派が数で勝ったら、すぐに黒狼を殺しにくるだろう」

(とんでもないわ。それこそ絶対に駄目よ!)

 足元からおぞましさが上ってきた。

 黒狼が利用されるのもいやだが、このまま殺されてしまうなんてもっての外だ。

 やはりじゆうはトルファ国にとって憎い敵でしかないのだ。そう痛感すると同時に、なんとしてもまずは黒狼に起きてもらわないと、と心から思った。

 アシュリーの視線の先で、黒狼は固く目を閉じている。

 かつてのどうほう。今、この世界に黒狼の味方はいない。アシュリーだけだ。

 前世の黒ウサギは何の力もなくて、すぐに死んでしまった。今もただの人間で、特別な力はない。

 けれど今度は、今度こそ自分が仲間を守るのだ。

 そう決意し、体のわきで両手をギュッとにぎりしめて言った。

「わかりました。協力いたします」

「よかった。よろしく頼むよ。さつそくだけど、何か方法を思いつく?」

 クライドの後ろで、ジャンヌとハンクが疑わしそうな顔をしている。とつぜんやってきたアシュリーが、知るはずのない黒狼やしようについて言い当てたのだから当たり前か。

「アシュリー様はどうして黒狼のことを──」

 と言いかけた二人を、クライドが目線で制した。

 ハンクがなおに口を閉じ、ジャンヌがくやしそうな顔をした。

 アシュリーは黒狼のため、一心に方法を考えた。

 正攻法では無理だったと言っていた。

 それでは例えば、クライドたちが知るはずのない、黒狼の好きなことをしてみたり好物をあたえてみたりすればいいのか。そうすれば目覚めてくれるだろうか。

 必死におくり起こす。しい黒狼は下級魔族たちのあこがれだった。丸い月の下、他の黒ウサギたちとにんじんを囲んで夕食会をしている時など、よく話題にあがったものだ。

(黒狼様の好きなこと──)

「そうですね。全身をブラッシングしてみるとか?」

「はっ?」

 クライドと魔術師たちのあつに取られた声が、見事に重なった。『常識外れなことでもいい』とは言ったものの、さすがに予想外過ぎたらしい。

きようぼうおそろしい魔獣を……?」

「ブラッシング……?」

「はい。ていねいやさしく」

 手先が器用な黒ゴリラに、黒狼が全身の毛をとかしてもらっていた光景を思い出す。気持ちよさそうに目を細めていたっけ。

 なつかしくて思わず微笑ほほえむと、ジャンヌが顔をゆがめた。

「アシュリー様、ふざけているんですか! 伝説の魔獣なんですよ? そこらを走っている犬じゃないんです!」

「私はとても真剣です」

 心外である。そんなアシュリーに、クライドはまゆを寄せて考えていたが、

「よし、そうしてみよう」

 たんにジャンヌが目をいた。

「お待ちください! あまりにもふざけ過ぎています!」

「わかってるよ。でもこの四年間なんの進展もなかった。今はアシュリーの言うとおりにしてみよう」

 ジャンヌが悔しそうにくちびるみしめた。

「よし。じゃあ早速──」

「あっ、ちょっと待ってください!」

 アシュリーはクライドの言葉を止めた。思い出したことがあるのだ。

 一同が注目する中、ゆっくりと黒狼の前へ進み出た。目を閉じる黒狼は、六百年前と同じ顔つきだ。

(黒狼様。私です。黒ウサギです)

 心の中で話しかけた。上級魔族はこうして人間が言葉で話す代わりに意思のつうをするのだ。

(どうか目覚めてください。このままだと命が危ないんです。お願いです、また二度と会えなくなるなんて嫌です)

 けんめいうつたえるも、黒狼はぴくりとも反応しない。三角の耳もふさふさの尻尾しつぽも、力なく垂れたままだ。

(やっぱり無理よね)

 前世も今世も、なんの力もないアシュリーには。

 落ち込んでり返ると、ぜんとした様子でこちらを見つめるジャンヌとハンクの姿があった。残念だという思いをこめて告げる。

「無理でした」

「──何がですか!?」

 突然黒狼の前に進み出たかと思えばだまってっ立ち、挙句の果てにさびしそうな顔で「無理でした」と告げられても、なんのことか理解できないだろう。

 そのとなりで、同じく呆気に取られていたクライドがおもしろそうにき出した。

 アシュリーは構わず中庭へ向かった。洗い場の脇に、道具の入ったかわぶくろがあるのが見えたからだ。そのふくろを持ってきて、中をさぐる。数あるブラシの中から、やわらかめのものを手にした。

(黒狼様のお体をブラッシングできるのね!)

 嬉しがっている場合ではない、早く黒狼を起こさないと殺されてしまう。そうわかっていても、前世では近づけもしなかった憧れの存在にれられるとなると、感動に胸が高鳴る。

 オークのぶたの毛がついた獣毛ブラシ。それを持って、いそいそと黒狼の脇腹の横に座った。

 黒狼はおよそ体長百五十センチ、体重四十キロである。以前はもっときんこつりゆうりゆうだったけれど、かなりせておなかのあたりはあばら骨がいている。胸が痛くなった。

 丁寧にブラッシングしようとしたしゆんかん、すぐ隣にクライドがかたひざをついた。

「……!?」

 油断していた。ブラシを手にしたまま固まる。

「不用意に近づいたら危ないよ。ねむってはいても凶暴な魔獣だ。俺がやるから、アシュリーははなれたところで指示だけ出してくれればいい」

「……いっ、嫌です」

「えっ?」

「自分でしてみたいんです……」

「自分で? ──へえ。じゃあ、俺はここにいるよ。こんやくしやに何かあったら大変だからね。守らないといけない」

 明らかにあやしまれているとわかっていても、不器用なアシュリーにはこれ以上上手うまく言うことができない。

(黒狼様のためよ。まんよ。我慢するのよ、私)

 ブラシを握りしめたままきようえる。ふるふるとふるえながら、必死に宮殿で助けてもらったことを思い出した。

(それに今から黒狼様にブラシをかけられるのよ。憧れだった黒狼様に!)

 黒狼の毛におずおずと触れた瞬間、感激からクライドへの恐怖がうすまった気がした。

 天にものぼ心地ここちで、毛の流れにそってゆっくりとブラシをかけていく。瘦せてしまったけれど、毛は変わらずふさふさしている。まさにモフモフだ。

(まさか人間に生まれ変わってから、お体に触れられるだなんて。せきだわー!)

 恐ろしい魔獣に、こわがることなくとして接するアシュリーに、クライドが興味深そうに聞く。

じゆうが怖くないのか?」

「はい。怖くありません」

 心のままに満面のみを向けてしまい、目が合った。またも身がすくむ。

 勢いよく顔をそらしてから、しまったとハッとした。こんなことをしては、さらに怪しまれてしまう。

 恐る恐る視線を元にもどすと、クライドはまだアシュリーを見つめたままだった。面白がっているような表情のままにっこりと微笑まれて、泣きたくなった。

 今すぐきゆうしやの外へげたい。せめてクライドから離れたい。

 だがこくろうを起こすためだし、ブラッシングできる機会なんてもうないかもしれない。

(我慢よ、我慢……!)

 おびえる心をおさえこみ、アシュリーは一心にブラシをかけ続けた。せっせと、しかし丁寧に長い毛をとかしていく。そこで、ふと気がついた。

(あれ──?)

 にくい敵だから、てっきりほうっておかれていたのだと思っていた。

 それなのに、やけにブラシの通りがいい。目視でも、ノミなどの寄生虫もいない。そっと毛をかき分けてみたがはだれいだ。それどころか石けんのかおりすらする。

 クライドたちがこまめに全身を洗っている、ということか?

(利用しようとしているはずなのに?)

 疑問に思った。けれどそれを確かめるには、クライドと会話をしなければならない。それは無理だ。

 疑問を心の奥にしまい込み、どうか起きてください、黒狼様、と心の中でいのりながら続けた。

 やがて黒狼の毛がツヤツヤしてきた。太くてコシのある獣毛、一本一本がかがやくようだ。

 それでも目覚めるどころか、反応はいつさいない。

(お好きだと思ったんだけど……)

 魔国で毛をとかしていた黒ゴリラには、黒狼は歯をむき出しにした、とてもいい笑顔を見せていたから。

「反応しないな」

「わかっていたことではありませんか。こんな鹿げたことで目覚めるはずがありません!」

 ジャンヌのきつい声が聞こえた。

(やっぱりなのかしら)

 気落ちした時、かすかに手に反応を感じた。ほんの一瞬だったけれど、ブラシしに黒狼の腹がピクッと動いたのを感じたのだ。

「今! 今、動きましたよ!」

 興奮して声を上げると、クライドたちが疑わしげに顔を見合わせた。

「そうか?」

「私は気づきませんでしたが?」

「俺もです」

 二百年も眠り続けていたのに、これくらいで反応するかと、かいてきくちりである。

 けれど動いた。確かに反応があった。興奮冷めやらず、アシュリーは次の提案をした。

「次にいきましょう! おに入れるのがいいと思います」

 黒狼は湯につかるのも好きだった。当時の魔国には温泉が噴き出す地域があり、そこにおうや配下の魔族たちとよく入っていたのだ。

「魔獣を……?」

「風呂に入れるんですか……?」

「そうです!」

 笑顔でうなずいた瞬間、少しよろけた。夜明け前から活動していたから、つかれたのかもしれない。そう思った瞬間、クライドにかたを支えられた。

だいじようか?」

(ひいっ!)

 目の前にあるあざやかな緑色の目と、力強い手のかんしよく。悲鳴こそ上げなかったものの、クライドの手をはらい飛び退いてしまった。

(ああ、しまったわ……!)

 黒狼を助けるためにも、これ以上怪しまれたくないのに。

 かつとうするアシュリーに、クライドがしようした。

「もう夜が明けたな。色々あったから、アシュリーは疲れたんだろう。一度おもに戻って朝食ときゆうけいをとってから、この続きをしようか」

 確かに疲れてはいるけれど、黒狼のことが最優先である。

 先ほど確かに反応した。もっとそばにいたい。黒狼をお風呂に入れて喜んでもらいたい。

 アシュリーはがんってクライドに言った。

「私は大丈夫です。続けましょう」

「無理しなくていいから。そうだ、俺が母屋まで送っていくよ」

「いっ、いいえ! このままで大丈夫です!!」

 二人きりで母屋まで送ってもらったら、ちゆうたおれる自信がある。

 ここでクライドといつしよにいるのもおそろしいけれど、まだジャンヌとハンクがいる。迷う余地はない。

「──そう。じゃあ、よろしく。疲れたら言ってね」

 ふくみのある顔でにっこりと微笑ほほえまれ、アシュリーはつばを飲み込みながら頷いた。

 そのじようきようきようしんしんで見つめるハンクに、クライドが言う。

「黒狼を風呂に入れればいいんだな。たらいでいいか。確か、ここの二階の物置にあったはずだ。ハンク、取りにいくぞ」

「はいはいー」

 中庭のはしにある階段を上るクライド。その後を、ハンクが楽しそうについていく。

 残されたアシュリーはホッと息をいた。クライドから離れられて、ようやくあんした。

 その様子にまゆをひそめていたジャンヌが、乱暴な足取りで中庭へ向かった。へお風呂用の水をみにいくとわかったので、アシュリーは手伝おうと後を追った。

「ジャンヌさん、私もお手伝いします」

「いえ、結構です」

えんりよしないでください」

「遠慮なんてしていません!」

 振り返ったジャンヌがいらたしげに聞く。

「クライド様のお側に行かれないんですか? 私の手伝いをなさっても、クライド様のかんしんは買えませんよ」

 クライドの歓心だなんて、考えるだけで寒気がする。

「私はジャンヌさんのお手伝いがしたいんです」

 ジャンヌが目をり上げた。

「わざとらしく、興味がないふりをなさってもです。そんなの、すぐにばれますから!」

 ふりではない。本心である。けれど理解してもらえるとは思えない。

 あきらめて遠くを見るアシュリーに、ジャンヌがこれまでとちがう低い声を出した。

「魔獣をお風呂に入れるなんて本気ですか?」

「はい。本気ですが」

「常識的に考えておかしいと思いませんか? 恐ろしい魔族なんですよ? 別にいつ命を落としたって構わないし、死なないだけの最低限の世話だけして放っておけばいいんです」

 これがつうの人間の考え方なのだ。わかっていてもしように悲しくなった。

 しゅんと肩を落として落ち込みかけて、黒狼の毛並みがみように綺麗だったことを思い出した。改めて周りを見てみれば、ぼうないにはゴミが一つも落ちていない。ゆかはぴかぴかにみがかれ、かべそつこうそうが行き届いている。

(中庭は雑草がたくさん生えていたし、手前の何もいない馬房はほこりだらけだったのに)

 三人では手が行き届かないのに、ここだけは綺麗に保っているということだ。

 なぜ? と思い、口を開いた。クライドには怖くて気軽に話しかけられないけれど、ジャンヌになら大丈夫だ。

こくろう様は恐ろしい魔族なんですよね?」

「そうです」

「だから最低限のお世話しかしていないんですよね?」

「そうですったら!」

「でも、この馬房はぴかぴかですよ?」

「……昨日、たまたま掃除をしたばかりなので」

「でも、この馬房だけですよ? しかも壁や側溝のすみっこまで、とても綺麗です」

「……」

「それに黒狼様の毛もツヤツヤしてましたよね。寄生虫もいないし、も綺麗だし、つめびていません。あっ、体の毛も長さがそろっていました」

 ジャンヌがさらに低い声で、まるでうめくような声で言った。

「──非難のおつもりですか?」

「えっ?」

「黒狼を起こせないのに余計なことばかりして、と責めておられるのですか──?」

 おこっているようにも悲しんでいるようにも、どこかおびえているようにも聞こえる。

 ジャンヌの言葉の意味もよくわからない。

 けれど何より、そんなふうに言われたことにおどろいた。アシュリーは思わず大声を上げていた。

「そんな、まさか! びっくりするようなこと言わないでください!」

「……えっ?」

「すごいな、と感心したんです。ジャンヌさんたちはいそがしそうなのに、黒狼様のためにここまでしてあげて、らしいことですよ!」

 ジャンヌたちにとっては黒狼は恐ろしいじゆうで、敵でしかないはずだ。それなのに頑張って、ここまでれいにしてくれている。それだけでもすごいことなのに。

「私はとてもうれしいです。それに黒狼様も、絶対に喜んでおられるはずです!」

 黒狼は綺麗好きで、こまめに毛づくろいをしていたから。

 彼らの目的は気になるけれど、黒狼のかんきようが決して悪くない、いや、むしろとてもいいことに安心した。

 ジャンヌはあつに取られていたが、やがてきつくくちびるみしめた。今にも泣きそうな顔になる。

(どうしたのかしら?)

 変なことを言ったかな、と心配になった。

 そこでジャンヌの長いきんぱつがかすかにれた。白い耳がちらりとのぞく。

(あれ?)

 ジャンヌの耳に金のイヤリングがついている。重要なのはその形だ。ただの丸かと思ったら、ちょっと違う。全体的には丸いけれど、上に二本長い耳のようなものがき出している。あれはウサギの形ではないか。

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 王弟殿下のお気に入り 転生しても天敵から逃げられないようです!?

    王弟殿下のお気に入り 転生しても天敵から逃げられないようです!?

    新山 サホ/comet

  • ドラゴンと王子の結婚生活

    ドラゴンと王子の結婚生活

    新山 サホ/麻先みち

Close