両親の借金を肩代わりしてもらう条件は 日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

第2話 初恋の話と二人の愛の巣 その1

 ひとつ電機。今年で創業100年を迎える、日本が世界に誇る電機メーカー。その事業は家電だけでなくリフォーム事業、電気自動車、インフラ整備など多岐にわたり、世界規模で事業を展開している超優良大手企業である。

「私の父、一葉かずひろはその四代目です。今どき世襲制なんて言うと時代錯誤かもしれませんがそう言われないだけの努力をしていると、父はよく言っています。そんな父の跡を継ぐのですから覚悟してくださいね?」

 これは紛れもない死刑宣告だ。社会に出れば日々是精進なのは理解しているけれど、まさか高校一年生の冬にそんなグループ社員何万人もいる超優良企業の社長になるための努力をしなさいと宣告されるとは。

「大学には進学したほうがいいと思います。そうですね、少なくとも国公立ですが変なところに行くくらいなら私立でも構わないと思います」

「大学行ったらお義父とうさんのところで働けないんじゃないか?」

「バイト、サークルで無駄な時間を過ごすつもりですか? その時間を父のそばについて色々学べばいいんです。それともゆう君は飲みサーとかヤリサーとかに入って遊びたいんですか? 私という可愛いお嫁さんを持ちながらバイト先の優しい先輩に手取り足取りナニ取りされたいんですか?」

 言わなくてもわかると思うが俺は何も言っていない。全部一葉さんの妄想だ。

「勇也君は私とイチャイチャしていればいいんです。私はこう見えて努力家です。勇也君の性癖がどれだけ特殊であろうともその期待、その希望に見事に応えてみせます。だから、他の子とはしないでくださいね?」

「う、うん。もちろん」

 上目遣いでウィンク飛ばされたらこう答えるしかないじゃないか! 俺にどうしろって言うんだよ! というかそろそろ聞かないといけないことがある。泣いて、抱き着いたあとに聞くのもどうかと思うが、これは聞いておかないといけないことだ。

「ねぇ、一葉さん。どうして俺を助けようとしてくれたの? 俺達ってそこまで接点がなかったと思うけど?」

「そうですね。確かに勇也君と学校で話したことはほとんどありませんよね。でも私は勇也君のことをずっと見ていたんですよ? 放課後のサッカー部の練習を」

 俺が幼少期から今まで続けている数少ないこと。その一つがサッカーだ。と言っても我がめいだい高校サッカー部はそこまで強くない中堅高。俺のポジションはフォワードだが中々ボールが集まらない。中盤が弱いのだ、我がサッカー部は。

「ある夏の日のことです。日も暮れて、みんながすでに帰っているのに一人でボールを蹴っているサッカー部員がいました。毎日、毎日、飽きもせず。ひたすらゴールに向かってボールを蹴り続けているその男の子は、普段は見せない鬼気迫る表情をしていました」

「…………」

「この人は私とは違う。私にはない、何かに対してひた向きに努力をすることが出来る人なんだと思いました。そうしたら不思議なことにですね、フフッ。いつの間にかその子に目を奪われていたんです」

 一葉さんは微笑を浮かべながらなつかしい過去を思い出すように言葉をつむいでいく。

「その日からずっと応援していました。この努力が報われますようにと祈りながら。でもこの祈りは届きませんでした」

 そう。この努力は報われることはなかった。全国大会出場を夢見ていたが結果は地区大会三回戦で敗退。俺の毎日の練習が実を結ぶことはなかった。

「ですがその子は敗北に絶望していませんでした。翌日もまた、いつものように一人でボールを蹴っていたんです。少しは休むか、もう一人での練習はめてしまうと思っていたのに。あぁ、この人は絶望に屈しない強い心を持っている素敵な人だ。私の心はあなたにくぎ付けになりました」

「俺は……別にそんな大層な人間じゃないよ……」

「あなたがなんと言おうとも。私はそんなひた向きなあなたの姿に恋したのです。他の誰かが勇也君の魅力に気付いて奪われてしまう前に何としてでも私のモノに……私だけを見ていてもらうようにしたかったんです」

 日本一わいい女子高生に選ばれた一葉さんにここまで思われるのはとてもうれしいことだ。まさか毎日馬鹿みたいにボールを蹴っていたことでれられるとはね。一葉さんは俺のことを遠目から見ていて好きになってくれたけど、俺は彼女のことを何も知らない。好きかどうかと尋ねられたら俺の答えは『わからない』だ。

「一葉さんの気持ちはよくわかった。一葉さんのようなとてもれいな子に好いてもらえるのは素直に嬉しい。でも俺はまだ君のことをよく知らない。だから一葉さんの気持ちに今すぐに応えることはできない」

「それでいいんです。むしろそれでこそ私の初恋の相手です。私の外見ではなく、一葉かえでを知らないから答えることができない。その答えで私の中での勇也君への好感度は急上昇です」

 そういうものだろうか。人を好きになるということは見た目も確かにあるだろうが、それ以上に相手がどんな人間かを知らないと好きになれないと俺は思う。

 少なくとも俺の中での基準は一緒にいて楽しいか、素の自分でいられるか。ちゃんとよしずみ勇也の内面を見て、理解してくれるかどうかがある。外見だけで交際を始めたやつらの関係性の崩壊は驚くほど早い。まぁ俺の場合はそんなことは許されないのだが。

「フフッ。多少強引ではありましたが、外堀から埋めていく作戦は成功しました。今はまだわからなくても、いつか必ず、勇也君に『お前が好きだ』と言わせてキスしてもらいますから。そしたらそのまま勇也君を押し倒して……グヘヘ……」

 俺が押し倒すんじゃなくて一葉さんが俺を押し倒すんだ。年頃の女の子がグヘヘとか言いながらよだれを出すんじゃありません。せっかくの美人が台無しだ。これでは世間が抱いている一葉楓像が崩れ落ちてしまう。

「あぁ……少しだけどなんとなく君のことがわかった気がする。学校と家とではかなりのギャップがあるんだね」

「人間誰しも仮面をかぶっているものです。それは勇也君もそうですよ? 意識、無意識かはわかりませんが、今の勇也君とサッカーをしている時の勇也君は別人ですよ? もちろんいい意味でですけどね」

 自分ではよくわからないが、確かにピッチ上での俺は普段とはまるで別人だと友人から言われている。多少好戦的というかエゴイストになっている自覚もあるがそこまで言うほどだろうか。

「無意識なら自分ではわからないものですよ。ちなみに私はどっちが仮面でどっちが本質だと思いますか?」

「さぁね。俺としては今みたいな感じで可愛い一葉さんも、学校にいるときのクールな感じの一葉さんも嫌いじゃないよ。まぁどっちが君の本質なのか判断できる材料は今はないから、一葉さんの言葉を借りるならそれは追々わかればいいかな?」

 クールな一葉さんもりんとしていてカッコよく女の子なのに頼りがいがあって好きだし、グヘヘと妄想に浸ってだらしのない顔をしたり、照れて顔を真っ赤にしたりするのはギャップえがあって可愛い。

「そ、そうですね。私もこれから勇也君の好きな食べ物とか好きな女性のタイプとか性癖とか好きなシチュエーションとか色々知っていきたいと思っています。だからお互い頑張りましょう? ちなみに私の好きなシチュエーションはささやきいん───」

「スト───ップ! それ以上はまた今度にしよう。もう少しお互いを知ってからにしような!?」

 隙あらば真顔で爆弾をぶち込んでくるからその処理がいい加減追い付かなくなる。しかも目を若干逸らしながら照れ顔で言ってくるものだから可愛くて困る。全て計算ではないかと疑いたくなるくらいだ。

「さて。冗談はこのくらいにして。勇也君、そろそろ荷造りを始めましょうか。最低限の荷物を包んだら移動しますよ」

「移動? 移動ってどこに?」

「決まっているじゃないですか。私達の愛の巣に、ですよ」

 え? どうせい生活って今日からもう始まるの?

このエピソードをシェアする

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える

関連書籍

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。

    雨音 恵/kakao

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 2

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 2

    雨音 恵/kakao

  • 両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 4

    両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。 4

    雨音 恵/kakao

Close